258件中 21 - 30件表示
  • 現世 (地球科学)

    現世 (地球科学)から見た地球科学地球科学

    地質学を始めとする地球科学における現世(げんせ)とは、「現在の、世 (epoch) 」を意味する呼称であり、地質時代のうちの新生代第四紀完新世を指す表現である。現世 (地球科学) フレッシュアイペディアより)

  • 勝村久司

    勝村久司から見た地学地球科学

    勝村久司(かつむら ひさし、1961年 - )は、高等学校の理科教諭で、地学を専門に教えている。理科以外の科目では情報科を教えている。大阪府立牧野高等学校を経て、京都教育大学を卒業。1990年12月に陣痛促進剤被害で長女を出生9日後に失ったのをきっかけに、医療裁判や市民運動に取り組んだ。勝村久司 フレッシュアイペディアより)

  • オランダ航空宇宙計画局

    オランダ航空宇宙計画局から見た地球科学地球科学

    1983年にはオランダ科学研究機構の一部として(SRON)が設立され、以来SRONを中心として宇宙物理・地球科学に関するペイロード部品の開発利用がNIVRの管理の下で進められた。オランダ航空宇宙計画局 フレッシュアイペディアより)

  • 地質ニュース

    地質ニュースから見た地球科学地球科学

    地質ニュース(ちしつニュース)は、1953年3月に創刊された、一般向け地球科学学術雑誌であり、地球科学全般にわたる幅広いテーマを取り上げている月刊誌である。記事は、主に産業技術総合研究所地質調査総合センター所属のスタッフによって執筆され、地質調査総合センター内の地質ニュース編集委員会により編集されている。そのため、特集は地質調査総合センターのプロジェクトやイベントが取り扱われることが多い。しかし、一般読者も原稿を投稿することができる。刊行は実業公報社である。地質ニュース フレッシュアイペディアより)

  • 考古学板

    考古学板から見た地球科学地球科学

    2003年10月15日、古生物学に関する板が地球科学板や野生生物板にまたがることから、古生物学と考古学の区別がつかなかった管理人によって勘違いで設置された。日本史板・世界史板から参加した新規住人によってそれを指摘され、最終的に古生物学は扱わないことに決定する。考古学板 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド地質調査所地質博物館

    ポーランド地質調査所地質博物館から見た地学地球科学

    ポーランド地質調査所 地質博物館(ぽーらんどちしつちょうさじょ ちしつはくぶつかん)はワルシャワにある地学や古生物学をテーマとした博物館。ポーランド地質調査所の敷地内にあり、同調査所が運営する。ポーランド地質調査所地質博物館 フレッシュアイペディアより)

  • シマ (地球科学)

    シマ (地球科学)から見た地球科学地球科学

    シマ(sima)は地球内部構造の中層を指す地球科学用語。下部地殻(B層)の玄武岩質層(別名斑れい岩質層)に相当し、玄武岩など苦鉄質岩を特徴とするとされた。しかし、現在は地殻を物質的にほぼ均質であると見なすため、この用語はあまり使われない。シマ (地球科学) フレッシュアイペディアより)

  • 大澤 亜季子

    大澤亜季子から見た地球科学地球科学

    2008年9月27日の放送をもって『めざましどようび』(『めざましどようびメガ』を含む)のお天気キャスターを卒業。以来半年間は学業を優先していたため、テレビ出演などの表立った芸能活動を控えていたが、2009年4月より『NHK高校講座・地学』の番組でアシスタントを務める。大澤亜季子 フレッシュアイペディアより)

  • 語学春秋社

    語学春秋社から見た地学地球科学

    安藤雅彦(河合塾文理) 『安藤 センター地学I講義の実況中継』語学春秋社 フレッシュアイペディアより)

  • 地人書館

    地人書館から見た地学地球科学

    特に、地学・天文学・気象学などの分野では、古くから専門雑誌を刊行しており、日本ではこの分野でのパイオニア。現在は、編集長不在のため、休刊中であるが、天文学や気象学の専門書・啓蒙書などの出版を行っている。地人書館 フレッシュアイペディアより)

258件中 21 - 30件表示

「地学」のニューストピックワード