318件中 21 - 30件表示
  • 現世 (地球科学)

    現世 (地球科学)から見た地球科学地球科学

    地質学を始めとする地球科学における現世(げんせ)とは、「現在の、世 (epoch) 」を意味する呼称であり、地質時代のうちの新生代第四紀完新世を指す表現である。現世 (地球科学) フレッシュアイペディアより)

  • 考古学板

    考古学板から見た地球科学地球科学

    2003年10月15日、古生物学に関する板が地球科学板や野生生物板にまたがることから、古生物学と考古学の区別がつかなかった管理人によって勘違いで設置された。日本史板・世界史板から参加した新規住人によってそれを指摘され、最終的に古生物学は扱わないことに決定する。考古学板 フレッシュアイペディアより)

  • アルビレオ・モード

    アルビレオ・モードから見た地学地球科学

    藤岡が「アルビレオ」が星の名前であることを知ったのは初演当日である(地学的な分野で須川と吉松は天文に詳しかったが、藤岡が詳しいのは気象の方だった)。アルビレオ・モード フレッシュアイペディアより)

  • 理科総合

    理科総合から見た地学地球科学

    生物学・地学の内容を重視。生命と地球の移り変わりと多様な生物と自然界のつながりについて学習していく。理科総合 フレッシュアイペディアより)

  • 理科I

    理科Iから見た地球科学地球科学

    理科I (りかいち)は、1982年から施行された学習指導要領において、物理・化学・生物・地学の4領域の総合基礎科目として設置された高等学校理科の科目である。標準単位数は4単位。理科I フレッシュアイペディアより)

  • 惑星科学

    惑星科学から見た地球科学地球科学

    惑星科学(わくせいかがく、planetary science)は、惑星について研究する学問である。地球科学と天文学をつなぐ学問であるといえるが、天文学が中学校・高等学校においては地学分野に、大学では物理学の一分野として位置づけられているのに対し、惑星科学は中学・高校・大学のいずれでも地学=地球科学の一分野とされている。それは惑星科学が地球科学の他惑星への応用という一面を持っているからである。惑星科学 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙誌

    宇宙誌から見た地球科学地球科学

    近世以前のヨーロッパでは、重要な科学の一分野として地球や宇宙の様子を知る・研究する上で欠かせない分野であったが、やがて天文学・地球科学・地理学などの発達により、こうした非科学的なスタンスによる描写は過去の産物となっていった。現在では当時の人々の地球や宇宙や科学に対する見方を知る「史料」として認識・活用されている。現在では専ら、天文学など科学的なスタンスではなく、宗教的な世界像を表す概念として使われている。宇宙誌 フレッシュアイペディアより)

  • 地球観測衛星の年表

    地球観測衛星の年表から見た地球科学地球科学

    地球観測衛星の年表(英: Timeline of Earth science satellites)では地球科学分野のミッションを遂行した人工衛星を年代別に掲載する。地球観測衛星の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 大気科学

    大気科学から見た地球科学地球科学

    大気科学(たいきかがく、英語:atmospheric sciences)とは、大気自体の組成や成り立ちおよび、大気に起こる現象やその仕組みを研究する学問である。地球科学の諸分野のうち、気象や気候などの大気現象を扱う気象学や気候学をまとめて指す用語として用いられる。大気科学 フレッシュアイペディアより)

  • ドミニオン天文台

    ドミニオン天文台から見た地球科学地球科学

    ドミニオン天文台は1970年にカナダの研究所の組織が改編されるまで運用された。標準時の管理と天文観測はカナダ国家研究機構(National Research Council:NRC)に移され、地球科学、地質調査、地図製作業務はエネルギー、鉱山、資源省に移された。地球科学の業務はカナダ地質調査所に統合され、現在はカナダ自然資源局に属する。標準時の管理は原子時計の使用によって廃止された。ドミニオン天文台の建物はカナダ国家研究機構の本部として使用された。望遠鏡は1905年から1970年まで一般公開された。1974年に望遠鏡はカナダ科学技術博物館のヘレン・ソーヤー・ホッグ天文台に移されて現在も保存されている。2008年現在、建物は天然資源省のエネルギー消費効率化事務局の本部である。ドミニオン天文台 フレッシュアイペディアより)

318件中 21 - 30件表示

「地学」のニューストピックワード