318件中 41 - 50件表示
  • OPeNDAP

    OPeNDAPから見た地球科学地球科学

    OPeNDAP("Open-source Project for a Network Data Access Protocol")は、地球科学分野で広く使われているデータ転送アーキテクチャであり、データ転送プロトコルである。このプロトコルはHTTPベースであり、現在の仕様はOPeNDAP 2.0 draftである。OPeNDAPの仕様には、構造化されたデータをカプセル化すること、属性によりデータにアノテーションを加えること、およびデータを記述するセマンティクスを追加することなどに関する標準が含まれている。プロトコルのメンテナンスはOPeNDAP.orgにより行われている。OPeNDAP.orgはOPeNDAP フレッシュアイペディアより)

  • 井田仁康

    井田仁康から見た地球科学地球科学

    東京都生まれ。198年筑波大学卒、86年同大学院地球科学研究科単位取得退学。1992年「我国における航空旅客の流動パターンの地域的差異とその要因に関する研究」で博士(理学)。1990年上越教育大学講師、93年助教授、95年筑波大学人間系講師、2001年助教授、2006年教授。専門:社会科教育学・地理教育。日本地理教育学会副会長。井田仁康 フレッシュアイペディアより)

  • ネイチャー ジオサイエンス

    ネイチャー ジオサイエンスから見た地球科学地球科学

    地球科学に関する様々な観点をカバーする学術雑誌で、理論、モデリング、フィールドワーク等も雑誌の掲載範囲となっている。気象学、地質学、地球物理学、気候学、海洋学、古生物学等の深く関連する学問の論文も掲載範囲となっているネイチャー ジオサイエンス フレッシュアイペディアより)

  • 国際標準職業分類

    国際標準職業分類から見た地球科学地球科学

    211 物理・地球科学分野の専門職国際標準職業分類 フレッシュアイペディアより)

  • 山中寿朗

    山中寿朗から見た地球惑星科学地球科学

    山中 寿朗(やまなか としろう、1970年 - )は日本の地球科学者。専門は環境学・地球惑星科学山中寿朗 フレッシュアイペディアより)

  • 地球科学科

    地球科学科から見た地球科学地球科学

    地球科学の教育、研究がなされる学科で、かつては地学科や地質学科の名称の大学もあったが、近年では地球惑星科学科、地球環境学科などとする大学が多い。設立の経緯から、地質学、鉱物学、岩石学、古生物学といった分野だけの研究が行われている大学が多いが、物理学科の領域である天文学や地球物理学といった分野や文学部史学科の領域である地理学といった分野まで研究がされている大学もある。地球科学科 フレッシュアイペディアより)

  • 国際資源学部

    国際資源学部から見た地球科学地球科学

    国際資源学部(こくさいしげんがくぶ、英語:Faculty of International Resource Sciences)は、地球科学から資源探査、開発・生産を対象とした理工系分野と、資源国の政策・文化や資源経済などを対象とした人文社会系分野からなり、資源を網羅的に学ぶことができる「資源学」を対象とした学部である。日本では秋田大学に設置されている。国際資源学部 フレッシュアイペディアより)

  • オガララ帯水層

    オガララ帯水層から見た地学地球科学

    オガララ帯水層(オガララたいすいそう、英語:Ogallala Aquifer)は、アメリカ合衆国中部、グレートプレーンズの地下に分布する浅層地下水層。ハイ・プレーンズ帯水層(High Plains Aquifer)とも呼ばれる。世界最大級の地下水層で、総面積は450,000km?(日本の国土の約1.2倍)におよび、同国中西部・南西部8州にまたがる。この帯水層は1899年にニューヨークの地学者ネルソン・ホラティオ・ダートン(Nelson Horatio Darton)によって命名された。名称はネブラスカ州西部の町オガララ(Ogallala)に由来している。オガララ帯水層 フレッシュアイペディアより)

  • 博士(理学)

    博士(理学)から見た地学地球科学

    博士(理学)(はくし りがく)は、博士の学位であり、理学(数学、物理学、化学、生物学、地学など)に関する専攻分野を修めることによって、日本で授与されるものである。博士(理学) フレッシュアイペディアより)

  • グロス・モーン国立公園

    グロス・モーン国立公園から見た地球科学地球科学

    グロス・モーン国立公園(グロスモーンこくりつこうえん、Gros Morne National Park)はカナダの大西洋側のニューファンドランド島にある国立公園で、プレートテクトニクスなど地球科学の歴史が見られること、および風景が非常に美しいことから、ユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された。1,805平方kmにおよぶ広さは、アトランティック・カナダでは2番目に広い国立公園である(トーンガット山脈のトーンガット山脈国立公園の9600平方kmに次ぐ)。グロス・モーン国立公園 フレッシュアイペディアより)

318件中 41 - 50件表示

「地学」のニューストピックワード