318件中 51 - 60件表示
  • 天文学者

    天文学者から見た地球科学地球科学

    歴史的に、astronomy では天空で起きる現象の分類や記述に重点を置き、astroplane ではこれらの現象の説明やそれらの間の差異を物理法則を使って説明することを試みてきた。今日では、2つの差はほとんどなくなっている。プロの天文学者は高い教育を受け、通常物理学か天文学の博士号を持っており、研究所や大学に雇用されている。多くの時間を研究に費やすが、教育、施設の建設、天文台の運営の補助等にも携わっている。アメリカ合衆国のプロの天文学者の数は少なく、北米最大の天文学者の組織であるアメリカ天文学会には7,700人が所属している。天文学者の数の中には、物理学、地学、工学等の別の分野出身で天文学に関心を持ち、深く関わっているの者も含まれている。国際天文学連合には、博士課程以上の学生を含めて89カ国から9259人が所属している。天文学者 フレッシュアイペディアより)

  • 大森昌衛

    大森昌衛から見た地学地球科学

    茨城県久慈郡大子町(だいごまち)出身。東京文理科大学理学部地学科卒業。東京教育大学理学部教授(地質学鉱物学教室)を経て、麻布大学教授・教養部長。日本地質学会会長、日本学術会議会員、野尻湖発掘調査団長を歴任。大森昌衛 フレッシュアイペディアより)

  • カーネギー自然史博物館

    カーネギー自然史博物館から見た地球科学地球科学

    学術雑誌や学術書の発行もおこなっている。具体的には、ピアレビュー制の個体生物学・地球科学・人類学の論文集であるカーネギー博物館紀要 Annals of Carnegie Museum、モノグラフまたは寄稿論文集である Bulletin of Carnegie Museum of Natural History、研究分野の特別なトピックについての Special Publications of Carnegie Museumがある。カーネギー自然史博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 松丸国照

    松丸国照から見た地学地球科学

    松丸 国照(まつまる くにてる、1941年8月25日 - )は、日本の地学の研究者。研究分野有孔虫微古生物学、層序学、一般地質学。元埼玉大学教育学部教授。松丸国照 フレッシュアイペディアより)

  • レゴリス

    レゴリスから見た地球科学地球科学

    地球科学一般の分野では、陸上の土壌、黄土、火山灰や岩屑、風化物などの堆積物を指すと考えられ、また日本の土木施工の現場では土壌を指して言うこともある。レゴリス フレッシュアイペディアより)

  • 山口はるみ

    山口はるみから見た地学地球科学

    6人きょうだいの末っ子で姉が3人。父親は島根大学で地学を教えていた。島根県松江市に生まれ、高校時代まで過ごす。山口はるみ フレッシュアイペディアより)

  • 地史学

    地史学から見た地球科学地球科学

    地史学(ちしがく、)とは、狭義の地質学を指す。地球科学の全結果を総合的に解釈し、地球の生い立ちからの岩石圏の発達過程を明らかにすることを目的とする。地史学 フレッシュアイペディアより)

  • 海洋科学

    海洋科学から見た地球科学地球科学

    海洋科学(かいようかがく、ocean science、marine science)とは、水産学、海洋学、海洋環境学の総称。自然科学の一分野であり、海洋を研究する学問である。地球を対象とした地球科学の一分野として、海棲生物やプレートテクトニクス、海流などの海洋の諸現象・変動を様々な自然科学的側面からとらえる。海洋科学 フレッシュアイペディアより)

  • 生物地球化学

    生物地球化学から見た地球科学地球科学

    生物地球化学(せいぶつちきゅうかがく、英語:biogeochemistry)とは、地球上の自然環境(生物圏、水圏、土壌圏、大気圏、リソスフェアなど)の複合的な化学的/物理学的/地球科学的/生物学的過程や反応に関する科学的研究を行う分野である。また、地球を構成する物質やエネルギーの時間的・空間的循環についても研究する。生物地球化学はシステムズシンキングの一種である。生物地球化学 フレッシュアイペディアより)

  • 小口高

    小口高から見た地球科学地球科学

    以上の2名は、いずれも長野県出身の地球科学研究者であり、長野県諏訪清陵高等学校⇒東京大学理学部⇒同大学院⇒東京大学教授という経歴であり、公的データベースでも混同されている例があり、特に注意を要する。小口高 フレッシュアイペディアより)

318件中 51 - 60件表示

「地学」のニューストピックワード