前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 不利益処分に関する不服申立て

    不利益処分に関する不服申立てから見た人事委員会人事委員会

    不利益処分に関する不服申立て(ふりえきしょぶんにかんするふふくもうしたて)とは、任命権者が地方公共団体の職員に対して、懲戒その他その意に反すると認める不利益な処分を行う場合に、処分を受けた職員が人事委員会又は公平委員会に対して、行政不服審査法による不服申立て(審査請求又は異議申立て)を行うことをいう。不利益処分に関する不服申立て フレッシュアイペディアより)

  • 外部監査制度

    外部監査制度から見た人事委員会人事委員会

    包括外部監査人は、包括外部監査契約で定める包括外部監査契約の期間内に、監査の結果に関する報告を決定し、これを包括外部監査対象団体の議会、長及び監査委員並びに関係のある教育委員会、選挙管理委員会、人事委員会若しくは公平委員会、公安委員会、労働委員会、農業委員会その他法律に基づく委員会又は委員に提出しなければならない。(252条の37第5項)外部監査制度 フレッシュアイペディアより)

  • 職階制

    職階制から見た人事委員会人事委員会

    地方公務員については、人事委員会を置く地方公共団体において職階制を採用するものとされ、職階制に関する計画は条例で定め、その計画の実施に関し必要な事項は、その条例に基づき人事委員会規則で定める(地方公務員法第23条第1項?第3項)。職階制 フレッシュアイペディアより)

  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た人事委員会人事委員会

    「職種別民間給与実態調査」は、公務と類似する職種に従事する常雇従業員について個人別に4月分の月例給与等を調査する「従業員別調査」と、事業所別に給与改定や雇用調整等の状況、手当制度を調査する「事業所別調査」から成る。大規模な実地調査であるため、人事院が都道府県・政令市などの人事委員会と共同で行う。期間は例年、5月1日から50日間程度である。なお、特別給(賞与、ボーナス)は月例給とは別に「事業所別調査」で調査する。調査対象は企業規模50人以上で、かつ事業所規模50人以上の民間事業所であり、地域別に、産業、規模等により層化無作為抽出される。「従業員別調査」もその標本事業所の従業員が対象となる。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 任命権者

    任命権者から見た人事委員会人事委員会

    地方議会の議長、選挙管理委員会、代表監査委員、教育委員会、人事委員会、公平委員会→事務局職員または事務職員任命権者 フレッシュアイペディアより)

  • 副業

    副業から見た人事委員会人事委員会

    人事委員会委員・公平委員会委員(地方公務員法第9条の2・第38条)副業 フレッシュアイペディアより)

  • 労働基本権

    労働基本権から見た人事委員会人事委員会

    前述のフーバー勧告に基づき、1947年10月21日に国家公務員法が公布された。しかしながら同法の内容は、人事委員会(原案の「人事院」の名称を衆議院の審議において「人事委員会」に修正)を内閣総理大臣の所管の下に置くものとし、労働基本権については争議行為の禁止が盛り込まれないなど、同勧告の大部分を採り入れていないものであった。労働基本権 フレッシュアイペディアより)

  • 勤務評定

    勤務評定から見た人事委員会人事委員会

    2 人事委員会は、勤務成績の評定に関する計画の立案その他勤務成績の評定に関し必要な事項について任命権者に勧告することができる。勤務評定 フレッシュアイペディアより)

  • 全人連

    全人連から見た人事委員会人事委員会

    全国人事委員会連合会 - 地方公務員の人事に関わる行政委員会の連合組織。人事委員会を参照。全人連 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡博

    松岡博から見た人事委員会人事委員会

    松岡 博(まつおか ひろし、1939年 - )は大阪市出身の法学者。元帝塚山大学学長で帝塚山大学国際ビジネス法務塾塾長。元大阪大学副学長。弁護士(大阪弁護士会、土居総合法律事務所)。大阪市人事委員会委員長。松岡博 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「地方公務員の給与」のニューストピックワード