41件中 11 - 20件表示
  • 仁科和雄

    仁科和雄から見た人事委員会人事委員会

    三和銀行副頭取を経て、1993年高島屋代表取締役副社長就任。横浜高島屋との合併を指揮した。仁科は次期社長とみられていたが、その後、高島屋商法違反事件が起き、事件当時総務統括の代表取締役であったことため社長就任が困難になり、代表取締役会長に就任。1996年にはタカシマヤタイムズスクエアを開設。高島屋相談役、特別顧問、特別区人事委員会委員、自由時間倶楽部代表等も務めた。仁科和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 青戸辰午

    青戸辰午から見た人事委員会人事委員会

    戦前市会議員を一期つとめ、戦後鳥取県地方労働委員会委員、人権擁護委員、米子市選挙管理委員会委員、鳥取県人事委員会委員などに選任され、功績により昭和37年(1962年)藍綬褒章を授与された。青戸辰午 フレッシュアイペディアより)

  • 手当 (給与)

    手当 (給与)から見た人事委員会人事委員会

    国家公務員の手当は、人事院が行う職種別民間給与実態調査によって民間企業と公務員の給与の較差を調べ、これに基づいて人事院勧告を内閣に提出する。地方自治体はおおむね人事院勧告にしたがう形で人事委員会が勧告を出す。したがって、公務員の手当は民間企業の手当に追随するかたちとなる建前だが、民間企業が公務員に準拠するケースもある。手当 (給与) フレッシュアイペディアより)

  • 見澤俊明

    見澤俊明から見た人事委員会人事委員会

    1983年に札幌学院大学法学部教授に就任し、1988年、同法学部長となる。その後、1990年に北海道人事委員会委員、1991年に札幌学院大学学長を歴任。見澤俊明 フレッシュアイペディアより)

  • 元群馬県警警部補懲戒免職処分取消請求訴訟

    元群馬県警警部補懲戒免職処分取消請求訴訟から見た人事委員会人事委員会

    これを不服とした大河原は、群馬県人事委員会に取消請求。2008年6月、懲戒免職の理由の一つである公務執行妨害の認定は覆されたが、取消にはいたらず。元群馬県警警部補懲戒免職処分取消請求訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮文人

    小宮文人から見た人事委員会人事委員会

    2006年10月に北海道人事委員会人事委員(非常勤)を離職して後、急逝した倉田聡に代わり、国会の厚生労働委員会等に参考人として出席している。小宮文人 フレッシュアイペディアより)

  • 職員団体

    職員団体から見た人事委員会人事委員会

    職員団体(しょくいんだんたい)とは、公務員がその勤務条件の維持改善を図ることを目的として組織する団体又はその連合体をいう。公務員版の労働組合であるが、労働組合法の適用を受けず、公務員法制上は「職員団体」と称する。民間の労働組合と比較すると、団体協約(労働協約)の締結権が否定されるとともに、争議権が否定されていることに違いがあり、その代償措置として人事院、人事委員会又は公平委員会による救済が得られる点が異なる。職員団体 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都人事委員会

    東京都人事委員会から見た人事委員会人事委員会

    東京都人事委員会(とうきょうとじんじいいんかい、英称 Tokyo Metropolitan Government Personnel Commission)は、東京都の人事委員会である。東京都人事委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 勤務条件に関する措置の要求

    勤務条件に関する措置の要求から見た人事委員会人事委員会

    勤務条件に関する措置の要求(きんむじょうけんにかんするそちのようきゅう)とは、地方公共団体の職員(企業職員・特定地方独立行政法人の職員・単純労務職員を除く)が、給与、勤務時間その他の勤務条件に関し、人事委員会又は公平委員会に対して、地方公共団体の当局により適当な措置が執られるべきことを要求することをいう。勤務条件に関する措置の要求 フレッシュアイペディアより)

  • 免職

    免職から見た人事委員会人事委員会

    任命権者は懲戒免職を行う前に、国家公務員は人事院、地方公務員は人事委員会もしくは公平委員会へ解雇予告の除外を申請し、認定が得られた場合には通常の退職手当を支給せずに、即日(即時)免職できる。この認定が得られない場合には、免職の際に解雇予告手当にあたる「予告を受けない退職者の退職手当」を支給しなければならない。免職 フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「地方公務員の給与」のニューストピックワード