48件中 11 - 20件表示
  • 公平委員会

    公平委員会から見た人事委員会人事委員会

    人事委員会及び公平委員会は、地方公共団体(財産区及び地方開発事業団を除く。)において、職員の任免、懲戒等の人事権の行使を適正に行うために設けられた、各任命権者から独立した専門的機関であり、地方公務員法第7条によってその設置が義務付けられている。公平委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 仁科和雄

    仁科和雄から見た人事委員会人事委員会

    三和銀行副頭取を経て、1993年高島屋代表取締役副社長就任。横浜高島屋との合併を指揮した。仁科は次期社長とみられていたが、その後、高島屋商法違反事件が起き、事件当時総務統括の代表取締役であったことため社長就任が困難になり、代表取締役会長に就任。1996年にはタカシマヤタイムズスクエアを開設。高島屋相談役、特別顧問、特別区人事委員会委員、自由時間倶楽部代表等も務めた。仁科和雄 フレッシュアイペディアより)

  • 勤務評定

    勤務評定から見た人事委員会人事委員会

    2 人事委員会は、勤務成績の評定に関する計画の立案その他勤務成績の評定に関し必要な事項について任命権者に勧告することができる。勤務評定 フレッシュアイペディアより)

  • 元群馬県警警部補懲戒免職処分取消請求訴訟

    元群馬県警警部補懲戒免職処分取消請求訴訟から見た人事委員会人事委員会

    これを不服とした大河原は、群馬県人事委員会に取消請求。2008年6月、懲戒免職の理由の一つである公務執行妨害の認定は覆されたが、取消にはいたらず。元群馬県警警部補懲戒免職処分取消請求訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 地方公務員

    地方公務員から見た人事委員会人事委員会

    公務員は、団体交渉権、争議権を制限されており、給与を適正に維持する目的から人事委員会が民間の賃金や経済状況を勘案の上、給与の勧告を議会及び地方公共団体の長に対して行う。人事委員会を置かない地方公共団体においては、議会及び長において、地方公務員法第14条に定める情勢適用の原則に従い、適切な措置を行う。地方公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 関外余男

    関外余男から見た人事委員会人事委員会

    その後、神戸市助役、神戸市人事委員長、神戸工業監査役を務めた。関外余男 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都人事委員会

    東京都人事委員会から見た人事委員会人事委員会

    東京都人事委員会(とうきょうとじんじいいんかい、英称:Tokyo Metropolitan Government Personnel Commission)は、東京都の人事委員会である。東京都人事委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府庁

    大阪府庁から見た人事委員会人事委員会

    人事委員会事務局(任用審査課、給与課)大阪府庁 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井清

    浅井清から見た人事委員会人事委員会

    兵庫県神戸市生まれ。1919年(大正8年)、慶應義塾大学部法律科を卒業。1925年(大正14年)から1928年(昭和3年)までヨーロッパに留学、1929年(昭和4年)法学部教授に就任。憲法・行政法を専攻し、ハンス・ケルゼンの影響を受け天皇機関説を主張した。1946年(昭和21年)7月19日に貴族院議員に勅撰され交友倶楽部に所属。1948年(昭和23年)GHQの登用方針の下、臨時人事委員会委員長(委員会が人事院に改組された際は初代総裁)に就任した。のち民主主義研究会会長、国際基督教大学教授、駒澤大学教授を歴任。『あたらしい憲法のはなし』編纂に当たっての中心メンバーであった。浅井清 フレッシュアイペディアより)

  • 免職

    免職から見た人事委員会人事委員会

    任命権者は懲戒免職を行う前に、国家公務員は人事院、地方公務員は人事委員会もしくは公平委員会へ解雇予告の除外を申請し、認定が得られた場合には通常の退職手当を支給せず、即日(即時)に免職できる。この認定が得られない場合には、免職の際に解雇予告手当にあたる「予告を受けない退職者の退職手当」を支給しなければならない。免職 フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示

「地方公務員の給与」のニューストピックワード