41件中 31 - 40件表示
  • 地方公務員

    地方公務員から見た人事委員会人事委員会

    公務員は、団体交渉権、争議権を制限されており、給与を適正に維持する目的から人事委員会が民間の賃金や経済状況を勘案の上、給与の勧告を議会及び地方公共団体の長に対して行う。人事委員会を置かない地方公共団体においては、議会及び長において、地方公務員法第14条に定める情勢適用の原則に従い、適切な措置を行う。地方公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の警察官

    日本の警察官から見た人事委員会人事委員会

    警察官の採用には、警察庁警察官の採用試験として人事院の実施する国家公務員採用試験と、各都道府県の警察官の採用試験として各都道府県人事委員会(都道府県警察に業務が委託されている場合もある)の実施する地方公務員採用試験がある。日本の警察官 フレッシュアイペディアより)

  • 放送倫理・番組向上機構

    放送倫理・番組向上機構から見た人事委員会人事委員会

    中学校教諭・ 懲戒処分修正裁決報道(第22号・2004年5月14日) - 2003年10月14日に放送された北海道文化放送『UHBスーパーニュース』内の「今日の特集」コーナーで、中学校教諭へのセクハラによる懲戒免職処分が北海道人事委員会の裁決で停職処分に修正されたことを批判的に報道した際に、具体的事実関係及び懲戒処分とその修正過程を客観的に調査し、教諭側の主張を丁寧にフォローすることを怠ったとして、少数意見が付記された人権侵害と認定。放送倫理・番組向上機構 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の公務員

    日本の公務員から見た人事委員会人事委員会

    日本では国家公務員の一般職の給与を社会一般の情勢に適合させるため、毎年人事院が全国の人事委員会と協力して民間企業の従業員の給与を調査し、職員の給与を民間給与に合わせるよう、内閣と国会に対して給与勧告を行っている。給与勧告には公務員の労働基本権制約の代償措置としての側面があるとする理解が一般的である。地方公務員については当該地方公共団体の人事委員会の勧告を行っているが、人事院勧告に倣うことが多い。給与勧告に法的拘束力はないが、実際上給与改定への影響力は強い。過去には凍結あるいは一部実施となることも多かったが、近年は完全実施が続いている。日本の公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都庁

    東京都庁から見た人事委員会人事委員会

    人事委員会による採用試験東京都庁 フレッシュアイペディアより)

  • 地方自治法

    地方自治法から見た人事委員会人事委員会

    第6款 人事委員会、公平委員会、労働委員会、農業委員会その他の委員会地方自治法 フレッシュアイペディアより)

  • 特別区

    特別区から見た人事委員会人事委員会

    正規職員の採用制度について、他の市(町村)とは大きく異なった特徴がある。東京都の特別区では、正規職員の採用事務のほとんどを、全区からなる一部事務組合である「特別区人事・厚生事務組合」のもとに設置された「特別区人事委員会」で一括して行っている(同委員会実施の採用試験に合格した者につき、各区役所等が面接などを行い、採用者を決定する。この点、国家公務員や国立大学法人等の採用手法と同様である)。特別区 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県

    長野県から見た人事委員会人事委員会

    人事委員会 - 人事委員会事務局長野県 フレッシュアイペディアより)

  • 政党

    政党から見た人事委員会人事委員会

    人事委員会委員、公平委員会委員、教育委員会委員政党 フレッシュアイペディアより)

  • 委員会

    委員会から見た人事委員会人事委員会

    地方公共団体には人事委員会、教育委員会、公安委員会などがある。委員会 フレッシュアイペディアより)

41件中 31 - 40件表示

「地方公務員の給与」のニューストピックワード