180件中 11 - 20件表示
  • 日本国憲法

    日本国憲法から見た地方自治地方自治

    また、権力の恣意的な行使により個人の人権が抑圧されることを回避するため、統治機構は権力が一つの機関に集中しないように設計され(権力分立や地方自治)、個人が虐げられることのないように自由主義的に設計されているといわれる。日本国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 権力分立

    権力分立から見た地方自治地方自治

    なお、権力分立の典型例としては立法・行政・司法の三権分立(さんけんぶんりつ、さんけんぶんりゅう)が挙げられるが、地方自治制など他の政治制度にも権力分立原理はみられる(を参照)。権力分立は国家全体についてみると、まず、中央と地方との権限分配がなされ(垂直的分立)、ついで中央・地方でそれぞれ水平的に分配されることになり(水平的分立)、中央では立法・行政・司法の三権に水平的に分配されていることになる。権力分立 フレッシュアイペディアより)

  • 地方自治法

    地方自治法から見た地方自治地方自治

    地方自治法(ちほうじちほう)は、地方自治に関する日本の法律である。地方自治法 フレッシュアイペディアより)

  • 石川嘉延

    石川嘉延から見た地方自治地方自治

    石川 嘉延(いしかわ よしのぶ、1940年11月24日 - )は、日本の自治官僚、政治家、行政学者(地方自治)。勲等は旭日大綬章。日本大学国際関係学部客員教授。「嘉延」の読みは「よしのぶ」が正式だが、有職読みで「かえん」と呼ばれることもある。石川嘉延 フレッシュアイペディアより)

  • 自治大学校

    自治大学校から見た地方自治地方自治

    地方公務員に対する高度の研修を行うこと、地方公共団体に対し研修の内容及び方法に関する技術的助言を行うこと、地方自治に関する調査及び研究を行うこと、地方自治に関する資料の収集及び編集を行うこと、地方公共団体の行政に密接な関係がある職務に従事する国家公務員に対し研修を行うことを所掌している。自治大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 地方財政審議会

    地方財政審議会から見た地方自治地方自治

    委員5人をもって組織され、会長は、委員の互選により選任される。委員は、地方自治に関して優れた識見を有する者のうちから、両議院の同意を得て、総務大臣が任命する(国会同意人事)。委員のうちには、全国知事会及び全国都道府県議会議長会が共同推薦した者、全国市長会及び全国市議会議長会が共同推薦した者、全国町村会及び全国町村議会議長会が共同推薦した者を各1名含まなければならない。地方財政審議会 フレッシュアイペディアより)

  • 相川康子

    相川康子から見た地方自治地方自治

    相川 康子(あいかわ やすこ)は、日本の経営学者。神戸大学経済経営研究所准教授。専門はボランタリー経済、地方自治、地域経営(まちづくり)。現在の研究課題は、少子高齢社会における地域政策・地域経営、コミュニティ・ビジネスなど社会的企業の成立要件、NPO/NGOの評価指標。相川康子 フレッシュアイペディアより)

  • 小川由秋

    小川由秋から見た地方自治地方自治

    大学卒業後、学陽書房に入社し、編集者となる。同社では地方自治関連書物を中心に企画・編集を行う。また、歴史・時代小説も手掛け、童門冬二著の『小説 上杉鷹山』はベストセラーとなった。童門冬二編集代表の同人誌『時代』の同人として小説を発表、2004年(平成16年)、真田幸隆を描いた『真田幸隆 「六連銭」の名家を築いた智将』にてデビュー。主に史実に沿った歴史小説を手掛ける。小川由秋 フレッシュアイペディアより)

  • 趙文富

    趙文富から見た地方自治地方自治

    その後、国際基督教大学・社会科学研究所の研究員、東京市政調査会研究員を経て、米国エール大学で地方自治を研究(客員研究員)。1992年に韓国へ帰国。帰国後、東京大学を定年後の塩野宏が教鞭をとっていた成蹊大学で政治学博士号を取得。趙文富 フレッシュアイペディアより)

  • 全国青年問題研究集会

    全国青年問題研究集会から見た地方自治地方自治

    平和運動や地方自治、男女共同参画社会、人権等に関する問題など、地域における社会活動への取り組みに関するレポートが当てはまる。全国青年問題研究集会 フレッシュアイペディアより)

180件中 11 - 20件表示

「地方政治」のニューストピックワード