243件中 11 - 20件表示
  • 石川嘉延

    石川嘉延から見た地方自治地方自治

    石川 嘉延(いしかわ よしのぶ、1940年11月24日 - )は、日本の自治官僚、政治家、行政学者(専門は地方自治)。勲等は旭日大綬章。日本大学国際関係学部客員教授。「嘉延」の読みは「よしのぶ」が正式だが、有職読みで「かえん」と呼ばれることもある。石川嘉延 フレッシュアイペディアより)

  • 田村秀

    田村秀から見た地方自治地方自治

    田村 秀(たむら しげる、1962年10月2日 - )は、日本の行政学者。新潟大学法学部教授。専門は行政学・地方自治・公共政策・食によるまちづくりなど。国際基督教大学博士(学術)。北海道苫小牧市出身。田村秀 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法

    日本国憲法から見た地方自治地方自治

    また、権力の恣意的な行使により個人の人権が抑圧されることを回避するため、統治機構は権力が一つの機関に集中しないように設計され(権力分立や地方自治)、個人が虐げられることのないように自由主義的に設計されているといわれる。日本国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 総務委員会

    総務委員会から見た地方自治地方自治

    総務委員会は、衆議院、参議院にそれぞれ置かれる常任委員会である。総務委員会が最初に置かれたのは、平成13年1月31日に召集された第151回国会である。衆参の総務委員会はそれぞれの議院規則により所管が定められており、総務省、地方公共団体、人事院所管のうち経済産業委員会と環境委員会及び内閣委員会の所管事項を除くものを対象とする(衆議院規則92条2号、参議院規則74条2号)。具体的には、行政機構の運営や管理、公務員制度、地方行財政、郵政事業、情報通信・電波行政、消防等などである。総務委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 蒋経国

    蒋経国から見た地方自治地方自治

    陳誠はかつて湖北省主席を務めていた時に農地改革に取り組んだ経験があり、台湾省主席となった陳誠は思い切った農地改革に踏み切る決断をした。1949年4月、小作料を一律37.5パーセントに引き下げる三七五減租を断行する。この三七五減租によって国民党政権は大多数の農民たちからの支持を集めることに成功する。その一方で陳誠は5月19日、台湾全土に戒厳令を布告する。この戒厳令は蒋経国死去直前の1987年7月まで38年間、継続することになる。そして5月27日には反体制運動を取り締まる根拠として後に台湾で濫用されることになる懲治叛乱条例が制定された。二・二八事件の恐怖体験と戒厳令施行に代表される当局の治安維持施策によって、農地改革への地主階級の反発は抑えつけられた。また台湾在住者の支持を集めるために、農地改革とともに地方自治制度の導入に着手した。蒋経国 フレッシュアイペディアより)

  • 日本統治時代の朝鮮の行政区画

    日本統治時代の朝鮮の行政区画から見た地方自治地方自治

    1930年(昭和5年)12月1日に道制(制令第15号)が公布、1933年(昭和8年)4月1日に施行され、地方公共団体としての道が新設される。道議会(3分の2が制限選挙による選出、3分の1が道知事による任命)が設置され、一定の地方自治機能が導入された。日本統治時代の朝鮮の行政区画 フレッシュアイペディアより)

  • 大蔵省

    大蔵省から見た地方自治地方自治

    しかし、大蔵省の所管事項があまりにも広くなりすぎて、杜撰な地方行政が行われることを危惧した勢力との間で政争が起こり、1870年(明治3年)旧8月、民部省は再び分離された。だが、民部省に与えられた内政に関する権限が不十分であったことや、薩摩閥の大久保利通一派と長州閥の木戸孝允一派との対立を避ける為、統合派官吏の巻き返しによって、1871年(明治4年)旧7月には、民部省は再度統合された(殖産興業に関しては、明治3年10月20日に、工部省として民部省から独立した)。大蔵省 フレッシュアイペディアより)

  • 特別市

    特別市から見た地方自治地方自治

    特別市(とくべつし)とは、通常の市とは異なる、何らかの特別な地方自治制度下にある市である。制度の具体的な内容は国によりさまざまだが、自治権が拡大されることが多い。特別市 フレッシュアイペディアより)

  • 自治省

    自治省から見た地方自治地方自治

    自治省(じちしょう)は、1960年(昭和35年)7月1日から2001年(平成13年)1月5日まで存在した、地方行財政・消防・選挙制度等を所管した日本の中央省庁。長は自治大臣。自治省 フレッシュアイペディアより)

  • 中華民国

    中華民国から見た地方自治地方自治

    だが、この行政区分は南京国民政府が大陸地区を実効支配している時代に規定されたため、国共内戦で中華民国の実効支配区域が台湾地区のみに狭められると、実際の行政実務(地方自治)との整合性が欠如した内容となってしまった。そのため、中華民国政府は非効率な行政組織の改善を目的として、1997年の憲法増修条文第四次改正で省が持つ地方自治の権限を実質的に廃止し、省政府の機構を行政院の出先機関として中央政府に組み込んだ。1997年の省政府に対する措置を台湾では「虚省化」(省の名目化)あるいは「凍省」(省機能の凍結)と呼んでおり、これ以降の中華民国で台湾省および福建省は地方行政区分として機能していない。中華民国 フレッシュアイペディアより)

243件中 11 - 20件表示

「地方政治」のニューストピックワード