243件中 31 - 40件表示
  • 四季裁判所

    四季裁判所から見た地方自治地方自治

    1388年の成文法が年4回以上の開催を義務づけたことからQuarterとよばれるようになったが、四季裁判所の起源は1220年代とされる。国政改革運動の中で改革派貴族が各州の代表騎士1名を治安官(kepper of the peace)に任命して以後、各地に広まった。エドワード1世の時代には定期的に開かれるようになり、エドワード3世の頃から中央の法曹官僚を治安官に任じるようになった。1349年に設置された労働者判事(justice of labourers)の職が1361年には治安官に統合された。また16世紀からは行政府としての役割も担った。刑事事件を扱う裁判所として長く機能し、13植民地やマレーシアでも同様の裁判制度が導入された。20世紀に入って地方自治の業務が煩雑化するに伴い、しだいに四季裁判所は数を減らしていった。1971年に司法改革の一環として裁判所法(Courts Act 1971)が成立し、同様に伝統的な司法制度であった巡回裁判などとともに廃止された。四季裁判所 フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ミリューチン

    ニコライ・ミリューチンから見た地方自治地方自治

    ニコライ・ミリューチンはモスクワ大学を卒業後、1835年内務省に入省した。少壮の頃は、スラブ派思想に共鳴し、その後自由主義思想へ傾斜する。1840年代には内務官僚として、サンクトペテルブルク、モスクワ、オデッサの各県における地方自治制度の改革に取り組む。ニコライ・ミリューチン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ社会民主主義

    アメリカ社会民主主義から見た地方自治地方自治

    同協会は、選挙就中地方自治を通じた社会主義理念の実現を重視し、労働者に対して当面の重要な問題を訴えるスタイルを採っていた。著名な「アメリカ人」の支持者としては、セイモア・ステッドマンやフレデリック・ヒースらがいる。アメリカ社会民主主義 フレッシュアイペディアより)

  • 自治党

    自治党から見た地方自治地方自治

    第1次伊藤内閣の末期、条約改正の失敗の責任をとって外務大臣を辞任した井上は、町村長ら地方自治運営の主体となる名望家層を結集させて、民党に対抗する保守政党を結成する構想を抱いた。明治21年7月下旬、井上は農商務大臣としての入閣を要請してきた黒田清隆に対して手紙を送り、薩長藩閥による政治の支配を永続させることは不可能であり、明治政府が進める富国強兵路線を継承する次世代の政治家を育てる手段として、中等以上の財産家を集めて新党を結成して地方自治において主導権を握ると共に、彼らに政治的経験を積ませて中央に進出させ、穏健な保守勢力を形成させることで、過激な自由民権派や国粋主義者の台頭を食い止める構想を打ち明けている。同様の趣旨の手紙を伊藤博文にも送って理解を求めた。自治党 フレッシュアイペディアより)

  • 関東地方知事会

    関東地方知事会から見た地方自治地方自治

    各都県の連絡提携を緊密にし、地方自治の円滑な運営と進展を図ることを目的とし、全国知事会では網羅できない、関東・甲信静地方の範囲に係る地域的問題について、建設的な協議や国への要望などを行っている。関東地方知事会 フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (韓国 1990-1991)

    民主党 (韓国 1990-1991)から見た地方自治地方自治

    1991年6月20日、1961年5月の5・16軍事クーデターによって停止されていた地方自治制度復活の足がかりとして実施された地方議会選挙の後半戦である広域自治体議会選挙が行なわれた。この選挙で民主党は、全国で866人中21議席、李総裁の地元である釜山市でさえ51議席中わずか1議席と、全国で564議席を獲得した民自党に大きく差を広げられて敗北する厳しい結果になった(得票率は14%)。民主党 (韓国 1990-1991) フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ共和国憲法

    ベラルーシ共和国憲法から見た地方自治地方自治

    第5部は地方自治について定める。地方議会は住民により選挙され(第118条)、自治体の首長は地方議会の承認の下、大統領によって任命される(第119条)。自治体は、経済・社会開発計画や地方予算を承認し、法律の範囲内で地方税を課す権限を有する(第121条)。ベラルーシ共和国憲法 フレッシュアイペディアより)

  • 団体自治

    団体自治から見た地方自治地方自治

    団体自治(だんたいじち)とは政治学用語の一つで、地方自治体に団体としての独立性を認め、団体内部での問題を地方自治体の自らの解決に委ねている事である。これは地方自治が行われる上での一つの側面であり、日本国憲法第92条の本旨。団体自治 フレッシュアイペディアより)

  • 固有事務

    固有事務から見た地方自治地方自治

    地方自治を確立することが望ましいならば、委任事務を減らし固有事務を増やすことが望ましい。だが、日本での租税制度は中央政府の徴税能力が優先されており、地方政府の財源は二次的であることから固有事務の比重は低く留まっている。固有事務 フレッシュアイペディアより)

  • 小林弘和

    小林弘和から見た地方自治地方自治

    小林 弘和 (こばやし ひろかず、1951年7月1日 - )は日本の政治学者。埼玉県出身。専攻は行政学、地方自治。専修大学法学部教授。小林弘和 フレッシュアイペディアより)

243件中 31 - 40件表示

「地方政治」のニューストピックワード