180件中 41 - 50件表示
  • 第6回統一地方選挙

    第6回統一地方選挙から見た地方自治地方自治

    日本国憲法施行後の地方自治制度発足に伴う1947年4月の第1回統一地方選挙から数えて6回目となる統一地方選挙である。首長と議員およそ4万4000名が改選された。またこの年の1月に行われた第31回衆議院議員総選挙で現れた多党化傾向が、地方議会にどのような変動をもたらすのか、1966年後半から中央政界で持ち上がった「黒い霧事件」問題が地方議会にも波及してきた背景もあり、この問題に対する有権者の審判などが関心を集めた。第6回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第5回統一地方選挙

    第5回統一地方選挙から見た地方自治地方自治

    日本国憲法施行後の地方自治制度発足に伴って実施された第1回統一地方選挙(1947年4月)から数えて5回目となる統一地方選挙である。首長と議員およそ4万6千名余りが改選された。中央政治との関係、財政問題など地方自治の基本的なあり方を含めた豊富な争点を持っていた。特に地域格差の是正に関しては、新産業都市の指定など中央政界と結びついた問題が多く、各政党とも関心が強かった。知事選挙では東京と大阪、北海道、福岡、岩手、大分において保守と革新が正面から挑む構図となった。第5回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

  • エンパワーメント

    エンパワーメントから見た地方自治地方自治

    市民参加のあり方が問われる地方自治などの分野において、市民の地域に対する関心や主体的な関わりを構築していく上で重要視されている概念のひとつともなっている。また、エンパワーメントの基盤となる公平な社会という理念は、市民オンブズマン制度や行政アセスメント制度などの確立する上で理論的支柱となった。エンパワーメント フレッシュアイペディアより)

  • 自治体国際化協会

    自治体国際化協会から見た地方自治地方自治

    定款にある設立目的は「地方公共団体を主体とした地域の国際化推進事業の支援並びに諸外国における地方行財政制度及びその動向の調査研究等を行うとともに、地方公共団体の海外における国際化推進のための活動に対する支援等を行い、国際化に対応した地域社会の振興及び地方公共団体の人材の養成を図り、もって地方自治の発展に寄与すること」となる。自治体国際化協会 フレッシュアイペディアより)

  • マルトノマ郡 (オレゴン州)

    マルトノマ郡 (オレゴン州)から見た地方自治地方自治

    郡会は公選された5名の委員(County Commissioners)によって行われている。5名のうち議長(County Chair)は互選され、郡議会の運営とともに郡の行政長官の役割も勤める。現在の郡委員はジェフ・コウゲン(Jeff Cogen, 議長)、 デボラ・カフリー (Deborah Kafoury)、 バーバラ・ウィラー (Barbara Willer)、 ジュディー・シップラック (Judy Shiprack)、 そしてダイアン・マキール (Diane McKeel)。 郡政府はオレゴン州憲法と地方自治法に基づき未市政化地域の一般行政を司るとともに、郡下における社会福祉、公衆衛生、住民登記(出生、死亡、結婚)、選挙管理と郡立図書館の運営を行う。マルトノマ郡 (オレゴン州) フレッシュアイペディアより)

  • 小林弘和

    小林弘和から見た地方自治地方自治

    小林 弘和 (こばやし ひろかず、1951年7月1日 - )は日本の政治学者。埼玉県出身。専攻は行政学、地方自治。専修大学法学部教授。小林弘和 フレッシュアイペディアより)

  • 松元崇

    松元崇から見た地方自治地方自治

    山縣有朋や高橋是清などを取り上げ、当時の財政や地方自治など社会制度についての考察も交えた書籍を複数上梓している。松元崇 フレッシュアイペディアより)

  • 松下圭一

    松下圭一から見た地方自治地方自治

    福井県福井市生まれ。旧制福井中学、第四高等学校を経て、東京大学法学部卒業。日本政治学会理事長や日本公共政策学会会長を歴任した。丸山眞男門下としても名高い。マルクス主義全盛の時代潮流において大衆社会論を引っさげて論壇に登場し、江田三郎の構造改革論や、地方自治のイデオローグとして活躍した。松下圭一 フレッシュアイペディアより)

  • 地方官会議

    地方官会議から見た地方自治地方自治

    当初の1874年(明治7年)の設置は、大阪会議で木戸孝允が構想し、開設が決定した。1875年(明治8年)以来3回、地方民情を知るために、県令および府知事を招集した。地方民会や三新法など地方自治に関係のある、地方行政を巡る諸問題を審議した。なお、元老院に対する下院のつもりであるが、実質は官選の事務官会議であった。地方官会議 フレッシュアイペディアより)

  • 四季裁判所

    四季裁判所から見た地方自治地方自治

    1388年の成文法が年4回以上の開催を義務づけたことからQuarterとよばれるようになったが、四季裁判所の起源は1220年代とされる。国政改革運動の中で改革派貴族が各州の代表騎士1名を治安官(kepper of the peace)に任命して以後、各地に広まった。エドワード1世の時代には定期的に開かれるようになり、エドワード3世の頃から中央の法曹官僚を治安官に任じるようになった。1349年に設置された労働者判事(justice of labourers)の職が1361年には治安官に統合された。また16世紀からは行政府としての役割も担った。刑事事件を扱う裁判所として長く機能し、13植民地やマレーシアでも同様の裁判制度が導入された。20世紀に入って地方自治の業務が煩雑化するに伴い、しだいに四季裁判所は数を減らしていった。1971年に司法改革の一環として裁判所法(Courts Act 1971)が成立し、同様に伝統的な司法制度であった巡回裁判などとともに廃止された。四季裁判所 フレッシュアイペディアより)

180件中 41 - 50件表示

「地方政治」のニューストピックワード