243件中 51 - 60件表示
  • 消防組合

    消防組合から見た地方自治地方自治

    消防は、住民の安全を確保するための最も基礎的な地方自治行政分野であるが、業務内容の特殊性もあり、消防組織の維持・充実には多額の費用を要することとなる(消防費は市町村一般歳出額の約3%を占める)。消防組合 フレッシュアイペディアより)

  • 世界知識産業都市連合

    世界知識産業都市連合から見た地方自治地方自治

    世界知識産業都市連合(せかいちしきさんぎょうとしれんごう、)は、情報化社会において知識産業分野で情報・技術の振興に取り組む都市(各国の地方自治制度の違いにより州や郡での参加もある)が国を超えて相互交流・協力を深めるため、2000年に設立(1999年発起)された組織で、現在8カ国12都市が加盟し各務原市が会長都市を務めている。世界知識産業都市連合 フレッシュアイペディアより)

  • 原実 (市民運動家)

    原実 (市民運動家)から見た地方自治地方自治

    鎌倉三日会は鎌倉市民で直接市政に携わらない有志が市政に提言などを行うことを目的とし、GHQの影響下で設立された。歴代会長には沢田節蔵などがいる。1960年(昭和35年)、原はその機関紙の必要性を唱え、『鎌倉市民』の発行が実現した。しかし短期間で廃刊が決まり、原は提案者としての責任を踏まえ、個人編集の形で継続させた。原はこの活動の中で、民主主義確立に地方自治の完成が必要であり、そのため市民意識の向上が必要であるとの考えを抱く。『鎌倉市民』は1962年(昭和37年)に鎌倉市の自然を特集し、これを契機として「鎌倉の自然を守る会」が発足する。会長には酒井恒(横浜国立大学教授)が就任し、原はその副会長となる。原実 (市民運動家) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜国際港都建設法

    横浜国際港都建設法から見た地方自治地方自治

    次に、「横浜国際港都建設計画」を実施する事業として、「横浜市を国際港都として建設する都市計画事業」(横浜国際港都建設事業)が執行される。この事業の執行主体は、横浜市である。法は、「横浜市の市長は、地方自治の精神に則り、その住民の協力及び関係諸機関の援助により、横浜市をわが国の代表的な国際港都として完成することについて、不断の活動をしなければならない。」と定める。横浜国際港都建設法 フレッシュアイペディアより)

  • 中央集権

    中央集権から見た地方自治地方自治

    現在の日本は日本国憲法で地方自治がうたわれ、首長公選や地方議会の設置など分権的な制度も組み合わされているため、典型的な中央集権制ではない。地方自治体の職務には国の事務を代行して行う機関委任事務の比重が大きく、中央政府の「出張所」のようになっていると批判もあった。現在、地方分権を推進する観点から機関委任事務は法定受託事務に再編され、法定受託事務とされたものについても、地方分権を推進する観点から検討を加えるとされている。一方で、経団連会長の奥田碩や諸井虔などが主導し、中央が財源と権限を持ったまま、地方を「出張所」のような位置付けで地方分権を進めようとしている。総務省主導で行われている上からの市町村合併や道州制推進は、地方分権の掛け声とは裏腹に中央集権の再編強化につながっていると批判されている。中央集権 フレッシュアイペディアより)

  • 第6回統一地方選挙

    第6回統一地方選挙から見た地方自治地方自治

    日本国憲法施行後の地方自治制度発足に伴う1947年4月の第1回統一地方選挙から数えて6回目となる統一地方選挙である。首長と議員およそ4万4000名が改選された。またこの年の1月に行われた第31回衆議院議員総選挙で現れた多党化傾向が、地方議会にどのような変動をもたらすのか、1966年後半から中央政界で持ち上がった「黒い霧事件」問題が地方議会にも波及してきた背景もあり、この問題に対する有権者の審判などが関心を集めた。第6回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 自治領

    自治領から見た地方自治地方自治

    自治領(じちりょう)は、ある一国(主権を有する独立した国家)の内部において、あくまでも当該国の主権の下に属しながらも、通常の地方自治よりも遥かに高度な自治を行っている特定の領域(自治行政区画)のことであり、以下のような例が挙げられる。自治領 フレッシュアイペディアより)

  • 小学校令

    小学校令から見た地方自治地方自治

    1889年(明治22年)4月に実施された市町村制と同年公布された府県制・郡制により、地方自治制度が確立されたことに伴い、諸条項を定めた。第一次小学校令よりも小学校の制度について詳細に規定し、全文96条からなる。小学校令 フレッシュアイペディアより)

  • 持続可能な開発のための文化

    持続可能な開発のための文化から見た地方自治地方自治

    杭州会議では、持続可能な開発のための文化(文化と開発)を導き出した、「ポスト2015開発アジェンダの文化」・「文化、貧困と健康福祉」・「文化:社会的結束成功の鍵と推進力」・「持続可能な都市、遺産と創造」・「持続可能な開発アジェンダに文化遺産を導入」・「平和と和解」・「文化と地方自治」・「文化:環境維持の可能性のための推進力」・「持続可能な開発への創造の貢献」・「持続可能な都市実現への文化の貢献」が論点として議題になった。持続可能な開発のための文化 フレッシュアイペディアより)

  • 日本地方自治研究学会

    日本地方自治研究学会から見た地方自治地方自治

    日本地方自治研究学会(にっぽんちほうじちけんきゅうがっかい、:、1984年(昭和59年)6月23日 - )は、地方自治の科学化、近代化、民主化のための理論および政策等の調査研究をすすめ、地方自治の発展に貢献することを目的として設立された学会組織である。会員の主体は研究者、自治体関係者、公認会計士などの専門家、地方自治に関心を持つ者である。学会事務局は株式会社清文社にある。日本地方自治研究学会 フレッシュアイペディアより)

243件中 51 - 60件表示

「地方政治」のニューストピックワード