243件中 61 - 70件表示
  • 黄遵憲

    黄遵憲から見た地方自治地方自治

    黄遵憲の行おうとした改革の眼目の一つに地方自治の導入がある。上の時務学堂が少壮の学生たちを対象とした啓蒙を目的としたのに対し、士大夫を対象としたのが南学会である。南学会は学会の体裁をとるものの、実際には湖南の指導的な士大夫層を集めて立憲政治の仕組みを理解させ、ゆくゆくは湖南の地方議会たらしめようと企図された団体である。また治安を担当する機関として保衛局を設けた。これは西欧や日本を範としながら、独自の改良を加えた官民合弁の警察制度である。さらに実務に長けた官吏を育成するために課吏館を設けた。ただこれらの改革が実効を挙げたかどうかは疑わしい。戊戌変法は別名百日維新と言われ、下に見るようにごく短期間で終結するからである。黄遵憲 フレッシュアイペディアより)

  • 「連帯」選挙行動

    「連帯」選挙行動から見た地方自治地方自治

    しかし、2000年10月の大統領選挙で、代表のクシャクレフスキ(Marian Krzaklewski)が敗北、財政危機や「4大改革(地方制度・年金・医療・教育)を巡る混乱から、AWSは支持率を大きく減らし、2001年に入ると市民プラットフォーム(PO)や法と正義(PiS)、そして選択肢?社会運動(Alternatywa-RS)が次々と離脱した。2001年の議会選挙ではAWSに留まっていた社会運動やカトリック国民連盟、ポーランドキリスト教民主主義連盟を軸として連帯選挙行動右派(AWSP)を結成して選挙に臨んだが、得票率は5.6%に留まり、政党連合が議席を獲得するために最低限必要な8%の議席阻止条項を突破できず全議席を失った。そのAWSは、主要勢力が脱退したため、自然消滅した。「連帯」選挙行動 フレッシュアイペディアより)

  • コミュニティ・地方自治省

    コミュニティ・地方自治省から見た地方自治地方自治

    コミュニティ・地方自治省(コミュニティ・ちほうじちしょう、, DCLG)は、イギリスの行政機関の一つで、地域社会や地方自治に関する行政を担う。トニー・ブレア政権下で行われた内閣改造に伴い、副首相府(Office of the Deputy Prime Minister)を改組して2006年5月に設置された。コミュニティ・地方自治省 フレッシュアイペディアより)

  • 1952年韓国地方議会選挙

    1952年韓国地方議会選挙から見た地方自治地方自治

    1952年、當時の李承晩政権が地方自治実施を決定したことに基づいて行われたものである。朝鮮戦争最中にも係わらず、地方自治実施と議会選挙を急いだ背景には、反李承晩派が多数を占めていた国会を通じた間接選挙では再選が絶望視されていた李承晩大統領が、地方議会構成を通じた支持勢力の形成と、その支持勢力を元にした直接選挙制への憲法改正を実現しようとしていた意図があった。1952年韓国地方議会選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 府県制

    府県制から見た地方自治地方自治

    府県制(ふけんせい)とは1890年(明治23年)に制定された日本の地方行政制度であるとともに、それを規定した法律でもある。府県制 フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル2世

    アレクサンドル2世から見た地方自治地方自治

    まず政府は旧弊な社会制度の象徴とされた農奴制の解体に着手し、1861年2月19日(3月3日)に(、とを発布。17条からなる法律)を実施した。長期的に見ればこの解放はロシアに工業発展の成果をもたらしたが、その実感は1860年代後半になってから現実のものとなったのであり、解放直後は不十分だとする不満が農民に根強かった。また解放は約4700万人の農民の管理が地主から政府の手に移ったことを意味し、この社会的変化に対応するべく地方自治機関としてゼムストヴォが設置された(ヨーロッパロシア地域のみ)。この機関は地方貴族に地方への影響力を残すと同時に国政参加の機会を与えたが、それでも児童教育・保健事業・貧民救済といった社会の影の部分に目が向けられた。アレクサンドル2世 フレッシュアイペディアより)

  • 第5回統一地方選挙

    第5回統一地方選挙から見た地方自治地方自治

    日本国憲法施行後の地方自治制度発足に伴って実施された第1回統一地方選挙(1947年4月)から数えて5回目となる統一地方選挙である。首長と議員およそ4万6千名余りが改選された。中央政治との関係、財政問題など地方自治の基本的なあり方を含めた豊富な争点を持っていた。特に地域格差の是正に関しては、新産業都市の指定など中央政界と結びついた問題が多く、各政党とも関心が強かった。知事選挙では東京と大阪、北海道、福岡、岩手、大分において保守と革新が正面から挑む構図となった。第5回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランドの地方自治

    ポーランドの地方自治から見た地方自治地方自治

    ポーランドの地方自治(ぽーらんどのちほうじち)では、中欧地域に位置するポーランドにおける地方自治について紹介する。ポーランドの地方自治 フレッシュアイペディアより)

  • 安井英二

    安井英二から見た地方自治地方自治

    判事安井重三の次男として東京に生まれる。母は小原中上家に生まれ玉置奉悦医師の養女となった芳野。宇都宮中学、松山中学、一高を経て、1916年に東京帝国大学を卒業後、内務省に入省。1918年警保局事務官となり、南原繁とともに労働組合法の草案作りを行い、1923年から1年間ドイツで調査を行った。その後、内務大臣秘書官(大臣官房文書課長兼務)、地方局行政課長として地方自治改革にあたる。この課程で政党内閣が政権維持のために知事の交替と頻繁に行い選挙を有利にしようとする「党弊」問題の壁にあたって以後強い政党批判を抱くようになり、以後、内務省革新官僚の先駆的存在の1人として安倍源基など次世代の内務官僚にも影響を与えた。1929年7月に警保局保安課長に就任して、思想犯の取締を強化する一方で拷問の使用を厳しく禁じて彼らの体制側への転向を促す方針を採った。その後、岡山県知事・社会局労働局長を経て、1932年に地方局長に就任して選挙粛正運動の推進にあたる。それを評価されて1935年に大阪府知事に任命される。安井英二 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐広三

    五十嵐広三から見た地方自治地方自治

    地方分権推進論者として知られ、関連する著書も複数上梓している。衆議院や参議院で地方分権推進を全会一致で議決するよう働きかけるとともに、地方分権推進法の制定に尽力した。村山富市は五十嵐の地方自治に対する識見を高く評価するとともに、内閣官房長官在任中の五十嵐について「村山内閣で初めての地方分権推進法をつくったんじゃが、首長の経験がある野中(広務)さんが自治大臣、自治省出身の石原(信雄)さんが官房副長官で、2人とともに五十嵐さんが官房長官としてやってくれたから成立できた」と語っている。五十嵐広三 フレッシュアイペディアより)

243件中 61 - 70件表示

「地方政治」のニューストピックワード