180件中 81 - 90件表示
  • スイスの基礎自治体

    スイスの基礎自治体から見た地方自治地方自治

    各基礎自治体は、行政組織としての市町村長をトップとする委員会と立法府としてのタウンミーティングによって統治されている。ほとんどのカントンでは、大きな基礎自治体には議会を設置する権限を与えている。カントンによっては、スイスに一定期間以上居住した外国人にも地方自治に参加する権限を与えている。スイスの基礎自治体 フレッシュアイペディアより)

  • 山本壮一郎

    山本壮一郎から見た地方自治地方自治

    住民参加型の地方自治の推進を目指し、この間、1973年(昭和48年)より東北自治協議会会長、1979年(昭和54年)より地方制度調査会委員、1983年(昭和58年)より全国知事会副会長、1987年(昭和62年)より財団法人宮城県国際交流協会会長をそれぞれ歴任した。山本壮一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 市町村の歴史

    市町村の歴史から見た地方自治地方自治

    市町村の歴史(しちょうそんのれきし)では、地方公共団体(一部例外あり)としての市町村、つまり市・町・村を置く日本の地方自治制度の歴史について述べる。市町村の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡政行

    福岡政行から見た地方自治地方自治

    東京都葛飾区出身。白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授。ボランティア活動ベース・「アシスト(ジャパン)の会」事務局長。専門は政治学(地方自治、現代日本政治、福祉国家論)。福岡政行 フレッシュアイペディアより)

  • 畑和

    畑和から見た地方自治地方自治

    「新・現実主義」を打ち出し、野党である自由民主党の意見も必要に応じて取り入れ、地方自治に保守も革新もないという立場を取った。例えば、就任当初は「公営ギャンブルの廃止」を主張していたが、途中で撤回した。在任中は「憲法をくらしに生かそう」という垂れ幕を県庁本庁舎東側に掲げていた。畑和 フレッシュアイペディアより)

  • 台湾省議会

    台湾省議会から見た地方自治地方自治

    1998年12月20日、台湾省議会に変わる組織として台湾省諮議会が発足した。議員定員29名、任期3年である。ただし、同議員は行政院長が指名し、総統によって任命される。現在は省議会や地方自治制度に関する研究、儀礼的な活動が主な業務となっている。台湾議政博物館の設置準備も行われている。台湾省議会 フレッシュアイペディアより)

  • 限界集落

    限界集落から見た地方自治地方自治

    中山間地域や離島を中心に、過疎化・高齢化の進行で急速に増えてきている。このような状態となった集落では集落の自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など共同体としての機能が急速に衰えてしまい、やがて消滅に向かうとされている。共同体として生きてゆくための「限界」として表現されている。「限界集落」にはもはや就学児童など未成年者の世代が存在せず、独居老人やその予備軍のみが残っている集落が多く病身者も少なくないという。限界集落 フレッシュアイペディアより)

  • パーヴェル・ペステリ

    パーヴェル・ペステリから見た地方自治地方自治

    1816年デカブリストの最初の秘密結社である「救済同盟」に参加し同盟の憲章起草者の一人となった。さらに1818年「福祉同盟」にも参加、「福祉同盟」の支部を任地であるトゥリチンに組織している。ペステリは「福祉同盟」激派としてロシアにおける農奴制およびツァーリズム(皇帝専制)の即時廃止(皇帝暗殺、ロマノフ家皇族の処刑を含む)と共和制を主張した。1821年3月「福祉同盟」解散後は、同盟の南部組織を改組し「南方結社」を組織した。同じ年にペステリを中心とする南方結社は、政治、経済改革プログラムであり、将来の共和国の憲法草案たる「ルースカヤ・プラウダ」Russkaya Pravda を起草した。この中では、専制政治の打破と一時的な独裁体制による共和国の樹立、農奴制の廃止と国有地の活用を中心とする土地改革、地方自治とユダヤ人以外のロシア帝国に隷属する諸民族の独立などの主張を展開している。ルースカヤ・プラウダ第二版では、さらに急進的な内容を含み、即時農奴解放、地主の規制、個人に対する公的土地資金制度の導入、特権階級の除去と20歳以上の男性(女性には認めていない)に対する政治的権利の付与が盛り込まれた。また、国家機関としては、立法機関として一院制議会Народное вече、People's Vecheを設けそこから執行機関として選出される最高会議Державная дума、Sovereign Dumaが、司法監察機関として最高大会Верховный собор、Supreme Soborの設置が構想された。パーヴェル・ペステリ フレッシュアイペディアより)

  • 荒木昭次郎

    荒木昭次郎から見た地方自治地方自治

    荒木 昭次郎(あらき しょうじろう、1940年 - )は、日本の行政学者。専門は地方自治、協働理論。日本で初めて協働の概念を提唱したことで知られる。自治について社会的実践原理という視座から様々な考察を行っている。東海大学名誉教授、熊本県立大学名誉教授。荒木昭次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 市民プラットフォーム

    市民プラットフォームから見た地方自治地方自治

    イェジ・ブゼク - 欧州連合(EU)の議会である欧州議会(EP)の議長(2008年〜)。世界的に有名な化学工学者。元ポーランド首相(1997?2001年)。首相時代にはイェジ・レグルスキとの協働により画期的な地方自治改革を断行し、行き過ぎた中央集権によく見られる多県制とも、行き過ぎた地方分権によく見られる道州制とも異なる、それまでの中央集権とのバランスのとれたポーランド独特の穏健な地方分権である「県合併」を完成した。ドナルド・トゥスク、ブロニスワフ・コモロフスキ、ラドスワフ・シコルスキといった人気政治家を凌いで、ブゼクはポーランドでもっとも人気があり社会からもっとも広く尊敬を得ている政治家である。また、EUにおいても最も信頼されている政治家の一人である。市民プラットフォーム フレッシュアイペディアより)

180件中 81 - 90件表示

「地方政治」のニューストピックワード

  • する統合型リゾート施設整備推進法案

  • 寄附は年内で特産品選びは来年でOKのポイント制自治体の特産品

  • 市産品のPRに想像以上の効果を発揮している