1358件中 121 - 130件表示
  • ミホノブルボン

    ミホノブルボンから見た地方競馬地方競馬

    ミホノブルボンは1989年4月25日カツミエコーの初仔として北海道門別町の原口牧場で誕生した。ミホノブルボンの父マグニテュードは、それまで桜花賞馬エルプスを送り出していたものの、生産界ではミルジョージの代替種牡馬というポジションであった。また、母父シャレーも、1970年代後半から1980年代前半にかけて人気種牡馬であったダンディルート(産駒にビゼンニシキなど)の代替種牡馬であった。さらに、母カツミエコーが地方競馬(南関東公営)の下級条件(1勝)馬で、さらに初仔ということもあり、生まれた当初のミホノブルボンの評価は非常に低く、わずか700万円(資料によっては750万円とするものもある)という低額で取引された。ミホノブルボン フレッシュアイペディアより)

  • 青木純一郎

    青木純一郎から見た地方競馬地方競馬

    競馬好きで、JRA・地方競馬問わず、よく参戦。インターネットテレビ「あっ!とおどろく放送局」で放送されたTV番組「競馬格付バトル!」のプロデューサーを務めていた。2007年2月より毎日コミュニケーションズが運営する「競馬GP(競馬グランプリ)」で競馬の予想情報を提供している。JRA(中央競馬)全場全レース予想ならびに南関東公営競馬(地方競馬)全レース予想を開催全日程提供。ともにタイトルは「青木の毎日絶好調!」である。南関東公営競馬の予想では3連単の的中数の多さから「3連単大量的中の青木純一郎」と呼ばれている。有名なのは2007年5月から6月に競馬馬券購入サイト「楽天競馬」で記録した1ヶ月間3連単的中269本という大記録。青木純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北海優駿

    北海優駿から見た地方競馬地方競馬

    北海優駿(ほっかいゆうしゅん)は、ホッカイドウ競馬で施行される地方競馬の重賞競走である。北海優駿 フレッシュアイペディアより)

  • 園田FCスプリント

    園田FCスプリントから見た地方競馬地方競馬

    園田FCスプリント(そのだ・エフシー・スプリント)とは、兵庫県競馬組合が園田競馬場ダート820mで施行する地方競馬の重賞競走である。産業経済新聞社のスポーツ紙・サンケイスポーツが冠スポンサーとなっており、正式名称は「サンケイスポーツ賞園田FCスプリント」である。園田FCスプリント フレッシュアイペディアより)

  • 外国産馬

    外国産馬から見た地方競馬地方競馬

    2009年現在、日本国外で生まれた競走馬については、大井競馬場をのぞく地方競馬と中央競馬では、日本での競走馬登録の前に日本国外の厩舎に所属し出走歴のある競走馬については競走馬登録が認められていない(すなわち移籍ができない)。したがって、それ以前に日本の馬名登録を受けた輸入競走馬が対象となる(内国産馬は所定の競走成績をおさめていれば競走馬登録が可能)。またばんえい競馬では外国産馬の出走が一切認められていない(2017年度現在)。外国産馬 フレッシュアイペディアより)

  • 京王閣競輪場

    京王閣競輪場から見た地方競馬地方競馬

    本項では2014年3月30日より場内に開設される地方競馬の場外勝馬投票券発売所であるofft京王閣(オフトけいおうかく)についても記述する。京王閣競輪場 フレッシュアイペディアより)

  • 酔いどれない競馬

    酔いどれない競馬から見た地方競馬地方競馬

    毎回競馬についての出演者のトークを中心に、前回の放送後に行われた重賞競走の回顧、開催が迫ったGI競走の展望、ゲストや競走馬に関連した過去のレース映像の放映、各局の競馬番組出演者との番組裏話、競馬界で問題になっていることなど、様々なテーマで放送。フジテレビが中継している中央競馬だけでなく、地方競馬や日本国外で行われている競馬も多く扱われた。また、番組の途中には視聴者からのFAXを紹介しており、そこからトークが発展したり、出演者が放送中に疑問に思ったこと(例えば昔のレースの勝ち馬など)を視聴者に聞くと、視聴者が即座にFAXを送って解決するといった活用もされていた。酔いどれない競馬 フレッシュアイペディアより)

  • サテライト双葉

    サテライト双葉から見た地方競馬地方競馬

    本項目では併設されている競艇場外発売場のミニボートピア双葉(ミニボートピアふたば)と、オートレース場外車券売場のオートレース双葉(オートレースふたば)、地方競馬場外馬券売場のジョイホース双葉(ジョイホースふたば)についても記述する。サテライト双葉 フレッシュアイペディアより)

  • 優駿牝馬

    優駿牝馬から見た地方競馬地方競馬

    1984年よりグレード制が施行され、GIに格付け。1995年から地方競馬所属馬が、2003年からは外国産馬がそれぞれ出走可能になり、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。優駿牝馬 フレッシュアイペディアより)

  • アグネスデジタル

    アグネスデジタルから見た地方競馬地方競馬

    アメリカ合衆国で生産、日本で調教された外国産馬として、1999年に中央競馬でデビュー。中央・地方・日本国外を転戦して芝・ダートを問わず活躍し、2000年から2003年にかけてマイルチャンピオンシップ、マイルチャンピオンシップ南部杯、天皇賞(秋)、香港カップ、フェブラリーステークス、安田記念とGI競走で6勝を挙げた。日本にグレード制が導入された1984年以降、芝・ダートの双方でGI勝利を挙げた最初の馬であり、2001年から2002年にかけては国内外のGIで4連勝という記録を打ち立てた。2001年度JRA賞最優秀4歳以上牡馬。通算32戦12勝。2004年より種牡馬となり、2014年のジャパンダートダービーに優勝したカゼノコなどを輩出している。アグネスデジタル フレッシュアイペディアより)

1358件中 121 - 130件表示

「地方競馬」のニューストピックワード