1250件中 11 - 20件表示
  • クイーン賞

    クイーン賞から見た地方競馬地方競馬

    クイーン賞(クイーンしょう)とは、千葉県競馬組合が船橋競馬場のダート1800メートルで施行する地方競馬の重賞 (統一JpnIII) 競走である。デイリースポーツを発行する神戸新聞社が優勝杯を提供しているため、正式名称は「デイリー盃 クイーン賞」と表記される。クイーン賞 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大賞典

    東京大賞典から見た地方競馬地方競馬

    東京大賞典(とうきょうだいしょうてん)とは特別区競馬組合が大井競馬場のダート2000mで施行する地方競馬の選定馬重賞(GI)競走である。農林水産大臣が賞を提供しており、正式名称は「農林水産大臣賞典 東京大賞典」と表記している。東京大賞典 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤光彰

    安藤光彰から見た地方競馬地方競馬

    初騎乗は1976年10月20日。翌10月21日にはさっそく初勝利を挙げる。笠松競馬時代は小井戸金一厩舎に所属し、地方競馬においてJRAに移籍するまでの間に2818勝を挙げており、笠松競馬のみならず地方競馬全体を代表する騎手として長年活躍してきた。安藤光彰 フレッシュアイペディアより)

  • 競走馬

    競走馬から見た地方競馬地方競馬

    なお、戦後の日本の平地の競馬競走では、地方競馬を中心に、アングロノルマンやアングロアラブなどによるレースも行われたが、現在ではいずれもレースが廃止され、これらの種は日本では生産されていない。また、繋駕速歩競走もかつては中央・地方で行われ、その為のスタンダードブレッドの生産も広く行われていたが、これも繋駕速歩競走の廃止により生産規模が縮小し、現在では道東地区で細々とアマチュアレースが行われるのみになっている。競走馬 フレッシュアイペディアより)

  • 函館大経

    函館大経から見た地方競馬地方競馬

    なお、競馬界において著名な門弟とその系統の多くは中央競馬の組織に属しているが、中央競馬の騎手及び調教師には函館姓を持つ者は2007年現在いない。函館孫作や孫作の婿養子の政一などが戦後は地方競馬の船橋競馬場で厩舎を開業していた事もあり、現在は船橋競馬場に孫作の養子(血縁では孫)である函館一昭調教師がいるのみとなっている(2004年までは同じく船橋競馬場に函館喜弘調教師(孫作の養子、血縁では孫)がいたが、2004年6月7日に管理馬に腹部を蹴られる事故に遭い逝去)。函館大経 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢崎オートレース場

    伊勢崎オートレース場から見た地方競馬地方競馬

    本項では2013年4月22日より開設される地方競馬の場外勝馬投票券発売所であるofft伊勢崎(オフトいせさき)についても記述する。伊勢崎オートレース場 フレッシュアイペディアより)

  • ホッカイドウ競馬

    ホッカイドウ競馬から見た地方競馬地方競馬

    ホッカイドウ競馬(ホッカイドウけいば)は、北海道が主催する地方競馬の名称である。ホッカイドウ競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 日経ラジオ社

    日経ラジオ社から見た地方競馬地方競馬

    地方競馬・ダートグレード競走(祝日に南関東で統一グレードレースがあった場合にまれに放送される)日経ラジオ社 フレッシュアイペディアより)

  • ブリーダーズゴールドカップ

    ブリーダーズゴールドカップから見た地方競馬地方競馬

    ブリーダーズゴールドカップは、ホッカイドウ競馬が施行している地方競馬の重賞(統一JpnII)競走である。社団法人ジャパンブリーダーズカップ協会・農林水産省・スポーツニッポンの協賛を受けており、名称は「JBC協会賞・農林水産大臣賞典スポーツニッポン杯 ブリーダーズゴールドカップ」と表記される。ブリーダーズゴールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • ばんえい競走

    ばんえい競走から見た地方競馬地方競馬

    現在、日本国内の公営競技(地方競馬)としては北海道帯広市が主催する「ばんえい競馬(ばんえい十勝)」のみが行われており、世界的にみても唯一となる形態の競馬である。本項目では、主に地方競馬としての「ばんえい競馬」について記述する。ばんえい競走 フレッシュアイペディアより)

1250件中 11 - 20件表示

「地方競馬」のニューストピックワード