1250件中 21 - 30件表示
  • 競馬場

    競馬場から見た地方競馬地方競馬

    中央競馬のローカル開催場、あるいは地方競馬場の多くのコーナーがスパイラルカーブを採用している。これらの競馬場は4大主場(東京競馬場、中山競馬場、京都競馬場、阪神競馬場)に比べてコースの幅員が狭い上、最後の直線が短い。そのため最後の直線でコースロスの少ない内側に馬が密集してしまうと前の馬を裁くのに手間取り、差しや追い込みが決まりにくくなってしまう。進路妨害行為や落馬事故発生の可能性も充分考えられる。結果、多くの競走が逃げ、先行だけで決まってしまうという単調なものになってしまうため競走をより多様なものにするのにスパイラルカーブが導入されている。これらの競馬場では最後の直線が短いことから3コーナー手前、早い場合には向こう正面から後方にいた馬がコースの外側を回り、内側の馬を捲くっていく戦法も多く取られるが、これもコーナー進入時にスピードを落とさなくていいスパイラルカーブの特性が生かされている。なお前述のようにスパイラルコーナーを採用した場合馬群がばらけやすいため、芝コースの馬場内側を保全する効果も得られるとされている。競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドヘイロー

    ゴールドヘイローから見た地方競馬地方競馬

    ゴールドヘイローは日本の競走馬。引退後に種牡馬となり、おもに地方競馬で実績を挙げた。ゴールドヘイロー フレッシュアイペディアより)

  • JBCレディスクラシック

    JBCレディスクラシックから見た地方競馬地方競馬

    JBCレディスクラシック(ジェイビーシーレディスクラシック)とは地方競馬で持ち回り開催されるジャパンブリーディングファームズカップ(JBCデー)において2011年から開催される地方競馬の重賞(JpnI)競走(平地競走)である。農林水産省より賞の寄贈を受けているため、正式名称は農林水産大臣賞典 JBCレディスクラシックと表記される。JBCレディスクラシック フレッシュアイペディアより)

  • オールカマー

    オールカマーから見た地方競馬地方競馬

    サラブレッド・アングロアラブなどの競走馬の品種を問わず、賞金などの条件を満たせば出走が可能として設定されているオールカマー競走。中央競馬では後述するオールカマーに代表され、地方競馬でも設定されていた(大井競馬場の東京盃など)。ただし、アラブ系競走が衰退した現在では、こちらの意味では事実上の死語になっている。オールカマー フレッシュアイペディアより)

  • 出馬投票

    出馬投票から見た地方競馬地方競馬

    日本の競馬は中央競馬と地方競馬に分かれており、それぞれは異なるため、場合分けをして説明する。出馬投票 フレッシュアイペディアより)

  • 関東オークス

    関東オークスから見た地方競馬地方競馬

    関東オークス(かんとうオークス)とは3歳牝馬によって行われる川崎競馬場・ダート2100mの地方競馬の重賞(統一JpnII)競走である。農林水産省が賞を提供しているため、正式名称は農林水産大臣賞典 関東オークスと表記される。関東オークス フレッシュアイペディアより)

  • 抽せん馬

    抽せん馬から見た地方競馬地方競馬

    中央競馬のアングロアラブ系競走は長らく抽せん馬限定で行われ、地方競馬などからの移籍は認めなかった。抽せん馬 フレッシュアイペディアより)

  • 調教助手

    調教助手から見た地方競馬地方競馬

    調教助手(ちょうきょうじょしゅ。英語:assistant trainer)とは競馬において厩舎に所属し、厩舎が管理する競走馬の調教を行い、かつ調教師の補佐を行う者のことをいう。日本の中央競馬関係者に関する呼称であり、地方競馬に関しては調教師補佐という呼称を用いる。また俗称として「調馬師」(ちょうばし)とも言われている。調教助手 フレッシュアイペディアより)

  • サマーチャンピオン

    サマーチャンピオンから見た地方競馬地方競馬

    サマーチャンピオンは、佐賀県競馬組合が施行する地方競馬の重賞(統一JpnIII、KJ1)競走である。農林水産省が賞を提供しているため、正式名称は「農林水産大臣賞典 サマーチャンピオン」と表記される。サマーチャンピオン フレッシュアイペディアより)

  • 黒潮盃

    黒潮盃から見た地方競馬地方競馬

    1967年に南関東公営競馬のサラブレッド系旧4歳馬(馬齢は当時の旧表記)による競走として創設。正式名称は「日刊スポーツ賞 黒潮盃」日刊スポーツ新聞社が優勝杯を提供している。長らく南関東三冠競走の前哨戦として位置付けられていたが、1999年から夏季開催に移動。2003年は東日本地区交流、2004年から地方競馬全国交流競走となっており、2010年までは中央競馬を含まない地方全国競走としては最高額賞金(1着賞金1800万円。2011年現在)の競走のひとつであった(2010年から東京2歳優駿牝馬が、2011年からロジータ記念が全国交流競走になり、両競走とも1着賞金が2000万円、かつ2011年から黒潮盃は1着1800万円と減額されたため「全国交流競走の最高額賞金競走」ではなくなっている)。黒潮盃 フレッシュアイペディアより)

1250件中 21 - 30件表示

「地方競馬」のニューストピックワード