1250件中 31 - 40件表示
  • 霧島賞

    霧島賞から見た地方競馬地方競馬

    霧島賞(きりしましょう)は、当初は中央競馬、後に地方競馬で行われている競馬の競走(平地競走)である。霧島賞 フレッシュアイペディアより)

  • 指定交流競走

    指定交流競走から見た地方競馬地方競馬

    地方競馬において、中央競馬(JRA)ならびに地方競馬の他地区に所属する競走馬が出走可能な交流競走(ただし、地方競馬の他地区に所属する競走馬が出走できない競走も本項目では扱う)。指定交流競走 フレッシュアイペディアより)

  • 青葉賞

    青葉賞から見た地方競馬地方競馬

    出走資格は3歳限定の JRA所属の競走馬(外国産馬含む)、地方競馬所属の競走馬(2頭まで)および外国調教馬(9頭まで)。上位2着までに入賞した牡馬・牝馬の競走馬には東京優駿の優先出走権が与えられる。負担重量は馬齢で56キログラム、牝馬は54キログラムである。青葉賞 フレッシュアイペディアより)

  • 招待競走 (競馬)

    招待競走 (競馬)から見た地方競馬地方競馬

    2012年現在、中央競馬では地方競馬の招待競走は存在せず、日本国外からの招待競走には競走名のあとに(国際招待)と記述される。かつて招待競走には招待を丸で囲った記号(通称:マル招)を記していた。また指定競走(○の中に指定、インターネット上では(指定))、国際競走(○の中に国際、同(国際))は招待競走ではない。ただし招待競走で(指定)や(国際)の記号が付く競走はある。招待競走 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • 負担重量

    負担重量から見た地方競馬地方競馬

    降雨などにより衣類に雨を吸い込み重くなってしまったなど、裁決委員がやむを得ないと判断した場合を除き、前検量と後検量の差がマイナス1キログラムを超えると失格となる。この場合入線してしばらくしてから審議のランプがつくこととなる。またマイナス1キログラムに満たない範囲でも、検量結果に不自然な増減が見られた場合には過怠金の対象となることがある。なおJRAでは2011年1月1日以降は、不利な条件下で達成された成績は尊重されるべきという観点から、斤量の増加については失格裁定の対象から外され、1キログラムを超える減少のみが失格となるように改正された。この規定は同年4月1日以降地方競馬およびばんえい競馬にも適用されるようになったが、ばんえい競馬は12キログラムを超える減少が失格の対象となる。負担重量 フレッシュアイペディアより)

  • 予想 (競馬)

    予想 (競馬)から見た地方競馬地方競馬

    地方競馬においては、競馬主催者及び競馬場所有者が公認し、競馬場内の「場立ち」と呼ばれる所定の場所において自らの予想を販売する予想屋と呼ばれる職業予想家が存在する。予想 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • 小牧太

    小牧太から見た地方競馬地方競馬

    初騎乗は1985年10月30日で初勝利は同年11月3日。厩舎の主戦に田中道夫がいたことや、厩舎の西脇から園田への移転で騎乗馬が回らず伸び悩む時期もあったが、1989年摂津盃での優勝を機に盛り返しを見せ、これ以降曾和厩舎の主戦騎手として、楠賞全日本アラブ優駿3勝など数々の重賞を制覇した。当時、兵庫県競馬に長く君臨していた田中道夫(現・調教師)に引導を渡したのも彼である。兵庫県でのリーディング獲得は9年連続を含む10回を数え、1994年、1996年には地方競馬の全国リーディングを獲得している。小牧太 フレッシュアイペディアより)

  • 橋口弘次郎

    橋口弘次郎から見た地方競馬地方競馬

    日本の戦後競馬史を見渡しても数少ない学士騎手の1人であり、さらには地方競馬の騎手から中央競馬の厩務員に転じたのちに調教師にまでなったという、日本競馬史を見渡しても稀な経歴を持つ人物である。橋口弘次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 公営競技

    公営競技から見た地方競馬地方競馬

    地方競馬(公営競馬・16場)公営競技 フレッシュアイペディアより)

  • 東京盃

    東京盃から見た地方競馬地方競馬

    東京盃(とうきょうはい)は大井競馬場で行われる地方競馬の重賞(JpnII)競走。農林水産省が賞を提供、また「Road to JBC」に指定されているため、正式名称はRoad to JBC 農林水産大臣賞典 東京盃と表記される。東京盃 フレッシュアイペディアより)

1250件中 31 - 40件表示

「地方競馬」のニューストピックワード

  • 基本的にあまり賭け事は好きじゃない。人生、ギャンブルなものだから

  • この国や次の時代に何かを残すために、皆さまの力を賜りたい

  • 共産党青森県委員会