1358件中 41 - 50件表示
  • JRA賞

    JRA賞から見た地方競馬地方競馬

    選考は毎年1月に新聞・放送の競馬担当記者の投票を元に行われている。2000年からの現在の選考規定では記者投票全参加者の1/3以上の得票数を得て最多得票を得た競走馬は自動的に受賞となるが1/3以上の得票数を得たものがいない場合、あるいは1位馬が同票数の場合は審査委員会の審議を行い受賞馬を決める。また、対象は中央競馬所属馬のみならず、地方競馬所属馬も対象となっている。外国馬は特別賞のみ表彰対象だったが、2008年度から全部門で対象となっている。JRA賞 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田牧場 (北海道)

    吉田牧場 (北海道)から見た地方競馬地方競馬

    本格的に競馬が再開されると、吉田牧場生産馬は目立った成績を挙げ始めた。1948年産のヒロホマレは鳴尾記念など20勝を挙げ、その全妹・ヒロイチは1955年の優駿牝馬(オークス)に優勝、生産馬初のクラシック制覇を果たした。1959年にはオーカンがオークスに優勝、1967年にはその産駒・リュウズキが皐月賞に優勝し、史上3組目の母子によるクラシック制覇を達成した。その前年には「クモワカ伝貧事件」(後述)に巻き込まれたクモワカの子・ワカクモが桜花賞に優勝している。輸入外国牝馬が礼賛された当時にあって、一太郎は「国が豊かだった時代に買ってきた、日本に古くからいるサラブレッドの方が優れている」との考えから、戦前から日本に根付く血統からこれらの馬を生産した。種牡馬についても全く流行を追わず、地方競馬出身のトシハヤ(オーカンなどの父)や、アメリカ産馬ながら下級条件馬に終わっていたカバーラップ二世(リュウズキ、ワカクモなどの父)を牧場に導入して重用した。血統に造詣の深い作家の山野浩一は、一太郎の生産手法を次のように解説している。吉田牧場 (北海道) フレッシュアイペディアより)

  • ライデンリーダー記念

    ライデンリーダー記念から見た地方競馬地方競馬

    ライデンリーダー記念(ライデンリーダーきねん)は、岐阜県地方競馬組合が笠松競馬場で施行する地方競馬の重賞競走(SPI)である。優勝馬主に中日スポーツから優勝杯が贈られるため、「中日スポーツ杯」の冠がつく。ライデンリーダー記念 フレッシュアイペディアより)

  • チャンストウライ

    チャンストウライから見た地方競馬地方競馬

    チャンストウライは地方競馬の兵庫県競馬組合に所属していた日本の元競走馬。主戦騎手は下原理。おもな勝ち鞍は兵庫ダービー、菊水賞、兵庫大賞典、東海菊花賞、佐賀記念。チャンストウライ フレッシュアイペディアより)

  • 出川己代造

    出川己代造から見た地方競馬地方競馬

    出川 己代造(でがわ みよぞう、1917年9月27日 - 2000年5月28日)は日本レース・倶楽部所属の元騎手、船橋競馬場所属の調教師・元騎手である。戦前は現在の中央競馬の前身のひとつである日本レース・倶楽部で騎手となり、戦後は地方競馬の船橋競馬場で調教師として長年に渡って活躍した。長男の出川龍一・次男出川博史・三男出川克己も船橋競馬場で調教師を開業している。出川己代造 フレッシュアイペディアより)

  • キングハイセイコー

    キングハイセイコーから見た地方競馬地方競馬

    このキングハイセイコーのダービー楽勝に報知新聞で長年地方競馬を見続けてきた菱木雄二郎記者は「キングハイセイコーの姿に“怪物”と言われた父ハイセイコーの雄姿を彷彿させられるものがあった」と書いている。さらに「巨体から繰り出す豪快なストライド・成績・姿とも一、二世と区別がつかないほどよく似ている」と記している。キングハイセイコー フレッシュアイペディアより)

  • ホリエモン

    ホリエモンから見た地方競馬地方競馬

    現役時の最後に馬主となったのはIT系企業、有限会社デジタルドラゴン社長だった阪口源太。ホリエモンを譲り受けた阪口は、高知競馬ひいては地方競馬の活性化も目指すとしてファンクラブ公式Blogを引き継ぎ、レースの個人協賛も積極的に行った。しかし、それらの活動は半年ほどで停滞気味になり、2007年12月には阪口が「ゴルフのほうが楽しくなった」として、ホリエモンをインターネットオークション(2chオークション)に出品し、ホリエモンは10万円で落札された。しかし、これは不調に終わり、馬主の名義に変更がないままホリエモンは現役生活を続行。2010年1月26日付で地方競馬登録を抹消された。ホリエモン フレッシュアイペディアより)

  • 負担重量

    負担重量から見た地方競馬地方競馬

    日本では中央競馬も地方競馬もほぼ同一で、牝馬に対し2歳10月 - 2歳12月までは1キログラム、3歳以降は2キログラムを減量している。ただしばんえい競馬では牝馬に対し馬齢を問わず20キログラムを減量しているほか、セン馬に対しても3歳以下に限り10キログラムを減量している。負担重量 フレッシュアイペディアより)

  • 宮川実

    宮川実から見た地方競馬地方競馬

    宮川 実(みやがわ みのる、1982年2月10日 - )とは、地方競馬の高知競馬場・打越初男厩舎所属の騎手である。勝負服の柄は黒・胴白星散らし。高知県出身、身長165センチメートル、血液型B型。同じく高知競馬場に所属する宮川浩一騎手は実兄。宮川実 フレッシュアイペディアより)

  • 招待競走 (競馬)

    招待競走 (競馬)から見た地方競馬地方競馬

    2014年現在、中央競馬では地方競馬の招待競走は存在せず、日本国外からの招待競走には競走名のあとに(国際招待)と記述される。かつて招待競走には招待を丸で囲った記号(通称:マル招)を記していた。また指定競走(○の中に指定、インターネット上では(指定))、国際競走(○の中に国際、同(国際))は招待競走ではない。ただし招待競走で(指定)や(国際)の記号が付く競走はある。招待競走 (競馬) フレッシュアイペディアより)

1358件中 41 - 50件表示

「地方競馬」のニューストピックワード