1250件中 41 - 50件表示
  • 濱口楠彦

    濱口楠彦から見た地方競馬地方競馬

    初騎乗は、安藤光彰・勝己兄弟と同じ1976年10月20日で、同日に初勝利を挙げた。これまでに地方競馬において2124勝(2006年11月26日現在)を挙げており、安藤兄弟などがリーディング争いをしていた時期も着実に勝ち鞍を挙げており、2006年度は笠松で109勝を挙げ、115勝挙げた東川公則に次いで笠松のリーディング2位になった。ちなみに安藤勝己とは生年月日もまったく同じである。2009年11月23日は、兵庫ジュニアグランプリでラブミーチャンに騎乗し、ダートグレード競走初勝利を挙げた。同年12月16日に、同馬で全日本2歳優駿を制覇し、GI級競走初勝利を挙げた。この年、地方競馬在籍で唯一のGI級競走勝利騎手となった。濱口楠彦 フレッシュアイペディアより)

  • マイルチャンピオンシップ南部杯

    マイルチャンピオンシップ南部杯から見た地方競馬地方競馬

    マイルチャンピオンシップ南部杯(マイルチャンピオンシップなんぶはい)とは岩手県競馬組合が盛岡競馬場のダート1600メートルで施行する地方競馬の重賞(統一JpnI)競走である。農林水産大臣が賞を提供、またRoad to JBCに指定されているため、正式名称は「農林水産大臣賞典 Road to JBC マイルチャンピオンシップ南部杯」と表記される。マイルチャンピオンシップ南部杯 フレッシュアイペディアより)

  • 木村健

    木村健から見た地方競馬地方競馬

    木村 健(きむら たけし、1975年8月16日 -)は、地方競馬の兵庫県競馬組合・園田競馬場西川精治厩舎所属の騎手。愛称はキムタケ。木村健 フレッシュアイペディアより)

  • 帝王賞

    帝王賞から見た地方競馬地方競馬

    帝王賞(ていおうしょう)とは日本の特別区競馬組合が大井競馬場のダート2000mで施行する地方競馬の重賞(統一JpnI)競走である。農林水産大臣が賞を提供しており、正式名称は農林水産大臣賞典 帝王賞と表記される。帝王賞 フレッシュアイペディアより)

  • エーデルワイス賞

    エーデルワイス賞から見た地方競馬地方競馬

    エーデルワイス賞(エーデルワイスしょう)は、ホッカイドウ競馬が施行している地方競馬の重賞(統一JpnIII)競走である。農林水産大臣が賞を、報知新聞社が優勝杯を提供しており、名称は「農林水産大臣賞典 報知新聞社杯 エーデルワイス賞」と表記している。エーデルワイス賞 フレッシュアイペディアより)

  • カウンテスアップ

    カウンテスアップから見た地方競馬地方競馬

    カウンテスアップは日本の競走馬である。1980年代の地方競馬において東北・南関東・東海の3地区に渡り活躍を見せた。カウンテスアップ フレッシュアイペディアより)

  • キングハイセイコー

    キングハイセイコーから見た地方競馬地方競馬

    このキングハイセイコーのダービー楽勝に報知新聞で長年地方競馬を見続けてきた菱木雄二郎記者は「キングハイセイコーの姿に”怪物”と言われた父ハイセイコーの雄姿を彷彿させられるものがあった」と書いている。さらに「巨体から繰り出す豪快なストライド・成績・姿とも一、二世と区別がつかないほどよく似ている」と記している。キングハイセイコー フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドイーグル

    ゴールドイーグルから見た地方競馬地方競馬

    1967年の天皇賞(秋)や有馬記念に優勝したカブトシローの産駒で、地方競馬で圧倒的な強さを見せ、中央競馬へ転入後も重賞2勝を挙げ活躍した。ゴールドイーグル フレッシュアイペディアより)

  • 内田利雄

    内田利雄から見た地方競馬地方競馬

    父がかつて川口オートレース場に所属したオートレース選手で、父の元同僚に地方競馬の宇都宮競馬場での関係者がおり、その縁から紹介され、当初は宇都宮競馬場で騎手となった。内田利雄 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージモナーク

    ジョージモナークから見た地方競馬地方競馬

    ジョージモナークとは、日本の競走馬、種牡馬である。南関東公営競馬で活躍し、地方競馬所属馬として中央競馬の重賞である産経賞オールカマーを制し、ジャパンカップにも二度参戦した。ジョージモナーク フレッシュアイペディアより)

1250件中 41 - 50件表示

「地方競馬」のニューストピックワード