1358件中 81 - 90件表示
  • イノセントカップ

    イノセントカップから見た地方競馬地方競馬

    イノセントカップは、ホッカイドウ競馬で施行される地方競馬の重賞競走である。ケイバブックより優勝杯の提供を受けており、名称は「競馬ブック杯 イノセントカップ」。イノセントカップ フレッシュアイペディアより)

  • JBCレディスクラシック

    JBCレディスクラシックから見た地方競馬地方競馬

    JBCレディスクラシック(ジェイビーシーレディスクラシック)は、日本のJBC実行委員会と施行競馬場を管轄する地方競馬主催者が、各地の競馬場で持ち回り開催する重賞競走(JpnI)である。農林水産省より賞の寄贈を受けており、正式名称は「農林水産大臣賞典 JBCレディスクラシック」と表記される。JBCレディスクラシック フレッシュアイペディアより)

  • 蒼き神話マルス

    蒼き神話マルスから見た地方競馬地方競馬

    マルスには戦う相手がいなかったが、別の白、エアリアルが出現する。エアリアルは白の一族を撃破しマルスに戦いを挑んできた。マルスもそれに応じ、地方競馬(岩手)で現役復帰してジャパンカップに出る。マルスは何とか勝利したが、スタート直後からレコード狙いのハイペースで走っていた上、エアリアルに追いつかれそこで更にペースを上げたため、ゴール寸前に心臓停止。そのままゴールを果たす。かくしてマルスは戦場(ターフ)に散り神話となった。蒼き神話マルス フレッシュアイペディアより)

  • リーディングジョッキー

    リーディングジョッキーから見た地方競馬地方競馬

    中央競馬においては、日本中央競馬会 (JRA) が主催する競走に出走した騎手全体のなかで勝利数が最も多い騎手のことを指す。JRA賞にもリーディングジョッキーを表彰する部門「JRA賞最多勝利騎手」があるが、この場合は中央競馬および地方競馬の一部競走(JRA指定交流競走)が2012年度まで採用されていた。2013年度からは中央競馬のみでの成績が対象となる。また、美浦トレーニングセンター(関東)あるいは栗東トレーニングセンター(関西)所属の騎手のなかで最も勝利数の多い騎手のことを「関東リーディングジョッキー」「関西リーディングジョッキー」という場合もある。1975年度以降、関西(栗東トレーニングセンター)所属騎手のなかで中央競馬における勝利数が1位だった騎手には「関西テレビ放送賞」が贈られている。リーディングジョッキー フレッシュアイペディアより)

  • ロジータ

    ロジータから見た地方競馬地方競馬

    1995年 マキシムトライ (牡・父サンデーサイレンス)中央16戦0勝、地方競馬23戦1勝。種牡馬ロジータ フレッシュアイペディアより)

  • 平成26年台風第19号

    平成26年台風第19号から見た地方競馬地方競馬

    地方競馬佐賀競馬は開催中止になり代替開催、場外発売も取りやめた。平成26年台風第19号 フレッシュアイペディアより)

  • 報知オールスターカップ

    報知オールスターカップから見た地方競馬地方競馬

    報知オールスターカップ(ほうちオールスターカップ)は、神奈川県川崎競馬組合が川崎競馬場で施行する地方競馬の重賞競走(平地競走)である。報知新聞社から優勝杯の提供を受けて冠名が取られている。報知オールスターカップ フレッシュアイペディアより)

  • 中村広

    中村広から見た地方競馬地方競馬

    1915年、長野県埴科郡戸倉村(現・千曲市)に生まれる。実家は村で代々庄屋を務めた裕福な旧家で、父の嘉作は地方競馬で馬主となるなど馬道楽に熱中していた。1930年、更級尋常小学校高等科を卒業。すでに騎手となっていた兄・一雄を頼り、その師匠である阪神競馬倶楽部(阪神競馬場)の美馬勝一厩舎に騎手見習いとして入門した。美馬厩舎では兄弟子となった一雄が事実上の師匠となり、騎乗について厳しい指導を受けた。中村広 フレッシュアイペディアより)

  • たんぽぽ賞

    たんぽぽ賞から見た地方競馬地方競馬

    たんぽぽ賞(たんぽぽしょう)とは当初は中央競馬、のちに地方競馬で行われている競馬の競走(平地競走)である。たんぽぽ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬学校

    競馬学校から見た地方競馬地方競馬

    他方で、近年の生徒の退学にはJRA側の事情も垣間見られる。2005年度の入学生以降、JRAは競馬学校について見直しを行い、受益者負担の原則を導入するなど運営方針を大幅に変更した。これに伴って授業料や食費など保護者の経済的負担が大幅に増加したことなども要因となって、競馬学校騎手課程への受験者が大幅に減少しており、総体的に見れば受験者もまた質的な面で一時期ほど際立った高水準の者が揃っているとは言えなくなったが、それにもかかわらず選抜基準は維持あるいは上昇し、合格者・入学者が減少することとなった。一方で、不景気による馬主減や特に関東では美浦トレセン自体の著しい不振などから競走馬不足となり厳しい経営を強いられている調教師・厩舎の多くから若手騎手や騎手候補生の育成の一翼を担う余力が失われており、さらには地方競馬所属騎手や短期免許で騎乗する外国人騎手の台頭、馬主の発言力の上昇などといったことが要因となって「騎手免許はあっても騎乗機会が得られない」という騎手が続出しているトレセン内部の実情があり、近年では見習騎手にもデビューと同時に技術と結果がより強く要求される時代となるなど、現場サイドから「即戦力の育成」という要求が競馬学校に突きつけられる格好となった。これらの要素が重なった結果、騎手課程では育成カリキュラムの大幅な強化が行われ、これに付いていけない生徒が退学するケースが少なからず発生する様になるなど、つまりは、カリキュラムについて行けない生徒の脱落を予めある程度織り込み済みの育成が行われているのではないかという見方もされる状況である。競馬学校 フレッシュアイペディアより)

1358件中 81 - 90件表示

「地方競馬」のニューストピックワード