82件中 11 - 20件表示
  • 地方競馬

    地方競馬から見た証券取引法

    だが後に改善策はライブドアの一方的な主張・パフォーマンス行為に過ぎず実現性に乏しいプランばかりであったこと、また交渉は手数料の歩合ばかりが最優先され具体的な販売振興策や収益改善策などの提案が全くなされていなかったことなど、ライブドアの掲げた競馬参入計画はそれ自体がパフォーマンスに過ぎない画餅であったことが露呈し、主催者側に時間とコストを徒に空費させるだけの結果になった。さらにライブドアに証券取引法違反容疑など一連のライブドア事件が発覚し堀江が逮捕され、これと前後して高知も提携を解除している。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た福山競馬場

    既に廃止された上山競馬場や高崎競馬場、現存するばんえい競馬、名古屋競馬場、福山競馬場、高知競馬場などでは「個人協賛競走」として個人・団体から小額の協賛金等で希望の名前の冠競走を開催するなど様々な方策も行ってはいるが決定的な一打にはなり得ていない。2004年の高知競馬場ではハルウララ人気による収益増加が起きたが所詮は一過性のものに過ぎず、また特定の競走馬頼みのものであったことからその馬主の言動に振り回される有様であった。ハルウララ引退後の現在では具体的かつ可及的な見通しも立てられない状況であり、ナイター開催など収支改善を目指しての必死の模索を続けている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た名古屋競馬場

    既に廃止された上山競馬場や高崎競馬場、現存するばんえい競馬、名古屋競馬場、福山競馬場、高知競馬場などでは「個人協賛競走」として個人・団体から小額の協賛金等で希望の名前の冠競走を開催するなど様々な方策も行ってはいるが決定的な一打にはなり得ていない。2004年の高知競馬場ではハルウララ人気による収益増加が起きたが所詮は一過性のものに過ぎず、また特定の競走馬頼みのものであったことからその馬主の言動に振り回される有様であった。ハルウララ引退後の現在では具体的かつ可及的な見通しも立てられない状況であり、ナイター開催など収支改善を目指しての必死の模索を続けている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た総務省

    また、競馬主催者を指定できる総務省管轄の特殊法人である公営企業金融公庫(現「地方公共団体金融機構」)へ売上の約1.2%(率は暫定税率であるがガソリン税同様、既に既定事実化)を拠出しているのも見逃せない(当時は競馬を主催すれば必ず黒字になる時代であったので、他の「競馬を実施しない地方自治体に対しての均てん化」が必要との名目で始められたものである)。結果として2004年度には主催者すべてが赤字という状態になり、全国合計の赤字額も189億円に達している。更には地方自治体への収入減になっているどころか逆に公営競技への赤字補填を行わざるを得ない状況で、このまま赤字が累積した状況が続くと自治体諸共に破綻しかねない状況だと言われる。このため自治体にもよるが地方競馬や競輪をはじめとする公営競技の存廃問題については、その公営競技の収支以前の部分で自治体そのものの財政難や、その財政難の原因となっている地域経済自体の斜陽化、さらにその原因である過疎化や地域を支えてきた主要産業の衰退という要素や、地域経済の低迷による馬主の減少などが少なからず存廃問題を発生させる実際の下地となっており、そもそものところでもはや地域経済が公営競技の様な庶民の娯楽すらまともに維持できないレベルにまで落ち込んでいると言わざるを得ないケースも少なくない。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た岩手県競馬組合

    本場依存体質を脱却できる可能性のあったその電話投票においても岩手(「R-CALL」レーシングコール)・南関東(南関東4競馬場電話投票システムSPAT4)・兵庫(テレジョッキー園田・姫路)などの主催者が自らで立ち上げた電話投票システムがあるにも関わらず主催者の売上げに応じた分担金(黒字・赤字に関わらず売上げの1.4%)で運営されているNARが地方競馬共同在宅投票システム、いわゆる「D-net」を後発で立ち上げ道営・岩手・兵庫のシステムを吸収した後に2005年12月にD-net参画主催者の承認もあいまいなままにソフトバンクグループ(オッズパーク)に身売り同然で全ての権利を売却してしまうなど足並みの乱れや方向性の不透明さが見られる。2007年度においてもD-netを中心とした主催者(オッズパーク系主催者)推薦による「オッズパークグランプリ」がJBCの直後に実施されNARのホームページや広告展開などにおいても「オッズパークグランプリ」や「SJS」「LJS」といった騎手招待競走がダート競馬の祭典といわれるJBCよりも大きく扱われるなど、NARの求心力・存在感の低下とそれに反比例したオッズパークの躍進ぶりが目立っている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た団地

    この様な大型施設の建設・誘致や公共事業ができると短絡的に考える者が現れる事も現在では少なくない。また、競馬場に限らず大規模な公有施設や公共施設、大規模事業所などの撤去を巡っては、その解体・再開発で生じる利権や跡地に設置される新施設の用途を巡って、土木・商業・福祉・文化・教育・スポーツなど様々な方面で利益誘導や政治的駆け引きが繰り返されている地方政治の構図がある。実際、高度経済成長期以降に廃止・移設された競馬場の跡地はその大半が公園・医療機関・学校・陸上競技場などの公共施設や公営団地などとして再生されており、施設設置に際して周辺地域も含めた再開発・インフラ再整備なども含めて様々な公共事業が行われてきた事は事実である。その為、地方議会や首長の選挙などで赤字を名目として競馬場の廃止と跡地利用を公約に訴える者が現れるなど競馬場の存廃論議が政争の種や選挙の集票の材料として持ち出される事も珍しくない。また、この様な跡地利用や跡地での公共事業への期待などを真の目的としてまず廃止ありきで存廃議論を開始させようと目論む者すら現れる事もある。その為、競馬場の経営状態を建前にした政治家たちに振り回される格好で今後も競馬場が廃止に追い込まれるケースが出るのではないかと危惧している者も少なくない。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た大井競馬場

    大井競馬場の様に「トゥインクルレース」と銘打ったナイター競走の開催、施設の大幅な改築・改善、メディアを活用した若者層の取り込みなどを行った結果、収益が安定した例もあるがこうしたケースは非常に希有な例であり全国の一等地に競馬場・場外発売所を構え電話投票やメディア展開を全国的に行ったJRA(そのため地方競馬とも競合することになる)に対し大半の地方競馬は競馬場本場の売上げだけに依存する赤字体質から脱却できていない。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たマッシュルーム

    他方、競馬場を廃止することによって生じる問題もまた多い。直接的には競馬関連設備の撤去費用にはじまり、競馬関係者・厩舎関係者、競馬場内で働くパート従業員や食堂などへの補償や再就職先の確保などの雇用、競走馬の転用や処分と馬主への補償などといった短期的な経済問題や補償問題などが主に目に付くが、これ以外にも戦後数十年間、地域によっては戦前から脈々と維持されてきた近隣地域への馬や副産物の供給ルートが崩壊したり、競馬場の関係者が利用してきた各種ビジネスが大きな打撃を受け、廃止した後になって行政が考えてもいなかった場所や産業で思わぬ悪影響や混乱が玉突き式に発生する事も少なくない。この例としては馬術競技や馬を使用する郷土の行事といった地域馬事文化の振興と維持、あるいは高校や大学の馬術部などが挙げられ、一部にはマスコミで扱われたものも見られる。他にも馬糞を材料とする栽培用厩肥の安定供給ルートが消滅したことで、近隣地域でマッシュルームを栽培していた農家が代替の栽培用厩肥の調達コストや確保の問題などから栽培の断念に追い込まれるケースも見られている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たばんえい競走

    既に廃止された上山競馬場や高崎競馬場、現存するばんえい競馬、名古屋競馬場、福山競馬場、高知競馬場などでは「個人協賛競走」として個人・団体から小額の協賛金等で希望の名前の冠競走を開催するなど様々な方策も行ってはいるが決定的な一打にはなり得ていない。2004年の高知競馬場ではハルウララ人気による収益増加が起きたが所詮は一過性のものに過ぎず、また特定の競走馬頼みのものであったことからその馬主の言動に振り回される有様であった。ハルウララ引退後の現在では具体的かつ可及的な見通しも立てられない状況であり、ナイター開催など収支改善を目指しての必死の模索を続けている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た受験

    ばんえい競馬も現在は平地と同様に基準タイム制を2005年度より採用しているがかつてはあらかじめ検査日ごとに合格頭数を設定し、模擬競走を完走しても上位に入らなければ合格できなかった(一般的な受験と同じく、ふるいにかけるほど多くの競走馬が受検するため)。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

82件中 11 - 20件表示

「地方競馬」のニューストピックワード