82件中 21 - 30件表示
  • 地方競馬

    地方競馬から見た自衛隊

    自衛隊関係の各種施設地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た高知競馬場

    既に廃止された上山競馬場や高崎競馬場、現存するばんえい競馬、名古屋競馬場、福山競馬場、高知競馬場などでは「個人協賛競走」として個人・団体から小額の協賛金等で希望の名前の冠競走を開催するなど様々な方策も行ってはいるが決定的な一打にはなり得ていない。2004年の高知競馬場ではハルウララ人気による収益増加が起きたが所詮は一過性のものに過ぎず、また特定の競走馬頼みのものであったことからその馬主の言動に振り回される有様であった。ハルウララ引退後の現在では具体的かつ可及的な見通しも立てられない状況であり、ナイター開催など収支改善を目指しての必死の模索を続けている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た外国為替証拠金取引

    地方競馬を含む公営競技は長年にわたり地方自治体の貴重な収入源となってきた。しかし近年、バブル崩壊以後の不況の長期化、一般大衆のギャンブル離れ、公営競技施設・レース数の過剰、レジャーの多様化、射幸性が高まり事実上ギャンブル同然の存在であるパチンコ・パチスロや、一応ギャンブルではないもののハイリスク・ハイリターンな株式相場・商品先物・外国為替証拠金取引などの投機との競合など様々な要素が原因となって収益が悪化していった。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た2009年

    かつての地方競馬ではアングロアラブによる競走が盛んにおこなわれていた。中央競馬所属のアングロアラブはすべて抽せん馬であったのに対し地方競馬所属のアングロアラブにはそのような制約がなかったため、一般に中央競馬よりも質の高い競走馬が確保された。しかし1995年以降中央競馬と地方競馬の交流が進む中、サラブレッドの導入を積極的に行う競馬場が相次いで現れ、その影響を受けてアングロアラブによる競走は全国的に縮小されていき2009年にアングロアラブの単独での競走に終止符が打たれた。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たネットバンク

    しかし、これらについては、メインのファン層が高齢化の一途にありネット・パソコン経験も無い場合が多く、こうしたファン層をうまく維持し取り込めるかという疑問が付きまとっている。さらには若者層の確保や膨大な累積赤字の解消、パチンコ・パチスロ産業との競合など課題は多くすぐに収益になるというのは難しいのではないかという見方もある。一方、SPAT4においては南関東4競馬場(大井・川崎・船橋・浦和)による連携がうまくいっていること、ネットバンク(ジャパンネット銀行・楽天銀行など)を利用したシステムが好調なことなどから売上げが上向いており2006年からは新たに提携したホッカイドウ競馬の馬券購入が可能になるなど独自の展開を続けている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た公営

    この様な大型施設の建設・誘致や公共事業ができると短絡的に考える者が現れる事も現在では少なくない。また、競馬場に限らず大規模な公有施設や公共施設、大規模事業所などの撤去を巡っては、その解体・再開発で生じる利権や跡地に設置される新施設の用途を巡って、土木・商業・福祉・文化・教育・スポーツなど様々な方面で利益誘導や政治的駆け引きが繰り返されている地方政治の構図がある。実際、高度経済成長期以降に廃止・移設された競馬場の跡地はその大半が公園・医療機関・学校・陸上競技場などの公共施設や公営団地などとして再生されており、施設設置に際して周辺地域も含めた再開発・インフラ再整備なども含めて様々な公共事業が行われてきた事は事実である。その為、地方議会や首長の選挙などで赤字を名目として競馬場の廃止と跡地利用を公約に訴える者が現れるなど競馬場の存廃論議が政争の種や選挙の集票の材料として持ち出される事も珍しくない。また、この様な跡地利用や跡地での公共事業への期待などを真の目的としてまず廃止ありきで存廃議論を開始させようと目論む者すら現れる事もある。その為、競馬場の経営状態を建前にした政治家たちに振り回される格好で今後も競馬場が廃止に追い込まれるケースが出るのではないかと危惧している者も少なくない。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た日本レーシングサービス

    一方、ソフトバンクも子会社のソフトバンク・プレイヤーズを通じてこれまで地方競馬の場外馬券販売を担当してきた日本レーシングサービス(NRS、NARの子会社)からD-netを買い取り、レース中継のネット配信やネットでの馬券販売を両者の共同出資によるオッズパーク株式会社で進めていくこととなった。しかしNARの解散問題も絡んだためかNRSの「まず売却ありき」の姿勢が目立ち、D-net参画主催者(12主催者)への説明・承認が後手後手に回ってしまっていた。2006年4月より4競馬場で、7月には11競馬場に拡大してオッズパークが馬券の販売を始めた。このオッズパークにはホッカイドウ競馬は参加していない。ただし、従来のD-netでの投票は可能である。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たソフトバンククリエイティブ

    全国地方競馬ガイド(ソフトバンククリエイティブ) ISBN 4-7973-3530-0地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た戎光祥出版

    地方競馬の黄金時代 - 廃競馬場に消えた伝説の名馬たち(戎光祥出版) ISBN 4-9009-0197-0地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た地方公共団体金融機構

    また、競馬主催者を指定できる総務省管轄の特殊法人である公営企業金融公庫(現「地方公共団体金融機構」)へ売上の約1.2%(率は暫定税率であるがガソリン税同様、既に既定事実化)を拠出しているのも見逃せない(当時は競馬を主催すれば必ず黒字になる時代であったので、他の「競馬を実施しない地方自治体に対しての均てん化」が必要との名目で始められたものである)。結果として2004年度には主催者すべてが赤字という状態になり、全国合計の赤字額も189億円に達している。更には地方自治体への収入減になっているどころか逆に公営競技への赤字補填を行わざるを得ない状況で、このまま赤字が累積した状況が続くと自治体諸共に破綻しかねない状況だと言われる。このため自治体にもよるが地方競馬や競輪をはじめとする公営競技の存廃問題については、その公営競技の収支以前の部分で自治体そのものの財政難や、その財政難の原因となっている地域経済自体の斜陽化、さらにその原因である過疎化や地域を支えてきた主要産業の衰退という要素や、地域経済の低迷による馬主の減少などが少なからず存廃問題を発生させる実際の下地となっており、そもそものところでもはや地域経済が公営競技の様な庶民の娯楽すらまともに維持できないレベルにまで落ち込んでいると言わざるを得ないケースも少なくない。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

82件中 21 - 30件表示

「地方競馬」のニューストピックワード