82件中 41 - 50件表示
  • 地方競馬

    地方競馬から見た特殊法人

    その一方で、政府の構造改革の一環として公営競技に関わる特殊法人の改革も進められている(ちなみに日本中央競馬会も特殊法人のひとつである)。2008年1月1日には競馬法の改正によりNARを解散し、地方競馬主催者の共通の利益となる事業等を実施する公的な地方共同法人として新「地方競馬全国協会」が設立された。NARがこれまで担ってきた馬主や競走馬の登録、調教師や騎手の免許交付だけでなく新法人では各競馬場の運営にも直接関われるようになり全国規模で騎手や競走馬の移動が容易になることから、レース内容の向上が見込める。また新法人からの集中投資によって、施設整備や宣伝活動も大規模に実施可能になる。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た商品先物

    地方競馬を含む公営競技は長年にわたり地方自治体の貴重な収入源となってきた。しかし近年、バブル崩壊以後の不況の長期化、一般大衆のギャンブル離れ、公営競技施設・レース数の過剰、レジャーの多様化、射幸性が高まり事実上ギャンブル同然の存在であるパチンコ・パチスロや、一応ギャンブルではないもののハイリスク・ハイリターンな株式相場・商品先物・外国為替証拠金取引などの投機との競合など様々な要素が原因となって収益が悪化していった。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た公園

    公園・運動公園(プロスポーツチームの本拠地)地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たD-net

    本場依存体質を脱却できる可能性のあったその電話投票においても岩手(「R-CALL」レーシングコール)・南関東(南関東4競馬場電話投票システムSPAT4)・兵庫(テレジョッキー園田・姫路)などの主催者が自らで立ち上げた電話投票システムがあるにも関わらず主催者の売上げに応じた分担金(黒字・赤字に関わらず売上げの1.4%)で運営されているNARが地方競馬共同在宅投票システム、いわゆる「D-net」を後発で立ち上げ道営・岩手・兵庫のシステムを吸収した後に2005年12月にD-net参画主催者の承認もあいまいなままにソフトバンクグループ(オッズパーク)に身売り同然で全ての権利を売却してしまうなど足並みの乱れや方向性の不透明さが見られる。2007年度においてもD-netを中心とした主催者(オッズパーク系主催者)推薦による「オッズパークグランプリ」がJBCの直後に実施されNARのホームページや広告展開などにおいても「オッズパークグランプリ」や「SJS」「LJS」といった騎手招待競走がダート競馬の祭典といわれるJBCよりも大きく扱われるなど、NARの求心力・存在感の低下とそれに反比例したオッズパークの躍進ぶりが目立っている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た場外勝馬投票券発売所

    現在は上記の10種類であるが各主催者ごとに発売する投票券の種類が異なるため、詳細は当該項目を参照のこと。また交流競走の増加とそれに伴う場外発売の増加に伴い、2003年4月からは単勝式・馬複・馬単の3種類については交流競走を発売する全ての競馬場・場外発売所で発売するというルールが導入された。同時に8頭立て以下の競走については枠複・枠単を発売せず、馬複(およびワイド)・馬単での発売となった。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た運動公園

    公園・運動公園(プロスポーツチームの本拠地)地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たオッズパーク

    一方、ソフトバンクも子会社のソフトバンク・プレイヤーズを通じてこれまで地方競馬の場外馬券販売を担当してきた日本レーシングサービス(NRS、NARの子会社)からD-netを買い取り、レース中継のネット配信やネットでの馬券販売を両者の共同出資によるオッズパーク株式会社で進めていくこととなった。しかしNARの解散問題も絡んだためかNRSの「まず売却ありき」の姿勢が目立ち、D-net参画主催者(12主催者)への説明・承認が後手後手に回ってしまっていた。2006年4月より4競馬場で、7月には11競馬場に拡大してオッズパークが馬券の販売を始めた。このオッズパークにはホッカイドウ競馬は参加していない。ただし、従来のD-netでの投票は可能である。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た紀三井寺競馬場

    前述のように、戦後の地方競馬は地方自治体の財源確保を目的として各自治体単位で開始され、初期は人材の流動も激しく、中には紀三井寺競馬場の様に、毎年人馬の大半を冬季休催となる地域の競馬場から募って冬季のみ開催されるという場もあった。そのため競走馬および競馬関係者の出走履歴・成績を全国規模で体系的に記録し保存する仕組みには不備があり、現存する競馬場でも一部の地域を除けば地方競馬全国協会が発足する以前の記録については確たる資料が存在しないものが多い。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た投機

    地方競馬を含む公営競技は長年にわたり地方自治体の貴重な収入源となってきた。しかし近年、バブル崩壊以後の不況の長期化、一般大衆のギャンブル離れ、公営競技施設・レース数の過剰、レジャーの多様化、射幸性が高まり事実上ギャンブル同然の存在であるパチンコ・パチスロや、一応ギャンブルではないもののハイリスク・ハイリターンな株式相場・商品先物・外国為替証拠金取引などの投機との競合など様々な要素が原因となって収益が悪化していった。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たハルウララ

    既に廃止された上山競馬場や高崎競馬場、現存するばんえい競馬、名古屋競馬場、福山競馬場、高知競馬場などでは「個人協賛競走」として個人・団体から小額の協賛金等で希望の名前の冠競走を開催するなど様々な方策も行ってはいるが決定的な一打にはなり得ていない。2004年の高知競馬場ではハルウララ人気による収益増加が起きたが所詮は一過性のものに過ぎず、また特定の競走馬頼みのものであったことからその馬主の言動に振り回される有様であった。ハルウララ引退後の現在では具体的かつ可及的な見通しも立てられない状況であり、ナイター開催など収支改善を目指しての必死の模索を続けている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示

「地方競馬」のニューストピックワード