82件中 51 - 60件表示
  • 地方競馬

    地方競馬から見た上山競馬場

    既に廃止された上山競馬場や高崎競馬場、現存するばんえい競馬、名古屋競馬場、福山競馬場、高知競馬場などでは「個人協賛競走」として個人・団体から小額の協賛金等で希望の名前の冠競走を開催するなど様々な方策も行ってはいるが決定的な一打にはなり得ていない。2004年の高知競馬場ではハルウララ人気による収益増加が起きたが所詮は一過性のものに過ぎず、また特定の競走馬頼みのものであったことからその馬主の言動に振り回される有様であった。ハルウララ引退後の現在では具体的かつ可及的な見通しも立てられない状況であり、ナイター開催など収支改善を目指しての必死の模索を続けている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たライブドア事件

    だが後に改善策はライブドアの一方的な主張・パフォーマンス行為に過ぎず実現性に乏しいプランばかりであったこと、また交渉は手数料の歩合ばかりが最優先され具体的な販売振興策や収益改善策などの提案が全くなされていなかったことなど、ライブドアの掲げた競馬参入計画はそれ自体がパフォーマンスに過ぎない画餅であったことが露呈し、主催者側に時間とコストを徒に空費させるだけの結果になった。さらにライブドアに証券取引法違反容疑など一連のライブドア事件が発覚し堀江が逮捕され、これと前後して高知も提携を解除している。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たホースマン

    前述のように、戦後の地方競馬は地方自治体の財源確保を目的として各自治体単位で開始され、初期は人材の流動も激しく、中には紀三井寺競馬場の様に、毎年人馬の大半を冬季休催となる地域の競馬場から募って冬季のみ開催されるという場もあった。そのため競走馬および競馬関係者の出走履歴・成績を全国規模で体系的に記録し保存する仕組みには不備があり、現存する競馬場でも一部の地域を除けば地方競馬全国協会が発足する以前の記録については確たる資料が存在しないものが多い。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た兵庫県競馬組合

    本場依存体質を脱却できる可能性のあったその電話投票においても岩手(「R-CALL」レーシングコール)・南関東(南関東4競馬場電話投票システムSPAT4)・兵庫(テレジョッキー園田・姫路)などの主催者が自らで立ち上げた電話投票システムがあるにも関わらず主催者の売上げに応じた分担金(黒字・赤字に関わらず売上げの1.4%)で運営されているNARが地方競馬共同在宅投票システム、いわゆる「D-net」を後発で立ち上げ道営・岩手・兵庫のシステムを吸収した後に2005年12月にD-net参画主催者の承認もあいまいなままにソフトバンクグループ(オッズパーク)に身売り同然で全ての権利を売却してしまうなど足並みの乱れや方向性の不透明さが見られる。2007年度においてもD-netを中心とした主催者(オッズパーク系主催者)推薦による「オッズパークグランプリ」がJBCの直後に実施されNARのホームページや広告展開などにおいても「オッズパークグランプリ」や「SJS」「LJS」といった騎手招待競走がダート競馬の祭典といわれるJBCよりも大きく扱われるなど、NARの求心力・存在感の低下とそれに反比例したオッズパークの躍進ぶりが目立っている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た学校

    この様な大型施設の建設・誘致や公共事業ができると短絡的に考える者が現れる事も現在では少なくない。また、競馬場に限らず大規模な公有施設や公共施設、大規模事業所などの撤去を巡っては、その解体・再開発で生じる利権や跡地に設置される新施設の用途を巡って、土木・商業・福祉・文化・教育・スポーツなど様々な方面で利益誘導や政治的駆け引きが繰り返されている地方政治の構図がある。実際、高度経済成長期以降に廃止・移設された競馬場の跡地はその大半が公園・医療機関・学校・陸上競技場などの公共施設や公営団地などとして再生されており、施設設置に際して周辺地域も含めた再開発・インフラ再整備なども含めて様々な公共事業が行われてきた事は事実である。その為、地方議会や首長の選挙などで赤字を名目として競馬場の廃止と跡地利用を公約に訴える者が現れるなど競馬場の存廃論議が政争の種や選挙の集票の材料として持ち出される事も珍しくない。また、この様な跡地利用や跡地での公共事業への期待などを真の目的としてまず廃止ありきで存廃議論を開始させようと目論む者すら現れる事もある。その為、競馬場の経営状態を建前にした政治家たちに振り回される格好で今後も競馬場が廃止に追い込まれるケースが出るのではないかと危惧している者も少なくない。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た抽せん馬

    かつての地方競馬ではアングロアラブによる競走が盛んにおこなわれていた。中央競馬所属のアングロアラブはすべて抽せん馬であったのに対し地方競馬所属のアングロアラブにはそのような制約がなかったため、一般に中央競馬よりも質の高い競走馬が確保された。しかし1995年以降中央競馬と地方競馬の交流が進む中、サラブレッドの導入を積極的に行う競馬場が相次いで現れ、その影響を受けてアングロアラブによる競走は全国的に縮小されていき2009年にアングロアラブの単独での競走に終止符が打たれた。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たパチスロ

    地方競馬を含む公営競技は長年にわたり地方自治体の貴重な収入源となってきた。しかし近年、バブル崩壊以後の不況の長期化、一般大衆のギャンブル離れ、公営競技施設・レース数の過剰、レジャーの多様化、射幸性が高まり事実上ギャンブル同然の存在であるパチンコ・パチスロや、一応ギャンブルではないもののハイリスク・ハイリターンな株式相場・商品先物・外国為替証拠金取引などの投機との競合など様々な要素が原因となって収益が悪化していった。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た農林省

    地方競馬規則(1927年8月27日 農林・内務省令)が制定されたことにより始められた競馬。主催者は畜産組合、畜産組合連合会、または(投票権付入場券を発行しない場合は)馬匹改良を目的とする団体。1939年4月7日に軍馬資源保護法が公布されたことにより「軍用保護馬鍛錬競走」へと移行した。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た市町村

    現行の競馬法に基づき都道府県・競馬場が所在する市町村あるいは左記の地方公共団体で構成される一部事務組合が施行する競馬である。地方公共団体等が施行することから「公営競馬」(こうえいけいば)という俗称で呼ばれることもあるが正式な呼称は「地方競馬」であり、日本中央競馬会(JRA)の施行する「中央競馬」と対をなす法令用語となっている(競馬法第1条第5項)。以下に詳述。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た競馬の競走

    現在は上記の10種類であるが各主催者ごとに発売する投票券の種類が異なるため、詳細は当該項目を参照のこと。また交流競走の増加とそれに伴う場外発売の増加に伴い、2003年4月からは単勝式・馬複・馬単の3種類については交流競走を発売する全ての競馬場・場外発売所で発売するというルールが導入された。同時に8頭立て以下の競走については枠複・枠単を発売せず、馬複(およびワイド)・馬単での発売となった。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

82件中 51 - 60件表示

「地方競馬」のニューストピックワード