221件中 61 - 70件表示
  • 地方競馬

    地方競馬から見た地方公共団体金融機構

    戦前の公認競馬から国営競馬を経て、政府によって出資される特殊法人である日本中央競馬会によって施行されている現在も国庫への納付金を課せられている中央競馬に対して、現在の地方競馬は都道府県ないしは競馬場が所在する総務大臣が指定した市町村、または左記の地方公共団体で構成される一部事務組合が施行する競馬である。2014年現在、日本での馬券発売を伴う競馬全体において在籍頭数のおよそ6割、競走数の約8割を占める。勝馬投票券における払戻率は70〜80%であり、その収益は主催自治体の畜産の振興、社会福祉の増進、医療の普及、教育文化の発展、スポーツの振興、災害の復興に充てられるほか、競馬を主催していない地方公共団体に対しても地方公共団体金融機構の貸付金利引き下げによって還元される。また、地方競馬全国協会を通じても広く馬の改良増殖や畜産振興のために用いられている。しかしながら、1990年代以降は景気後退や娯楽の多様化などによって開催成績は低迷を続け、競馬事業を廃止する自治体も現れている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た兵庫県競馬組合

    競走馬の登録は地方競馬全国協会が行い、競走馬の格付け(クラス分け)は各主催者(地区)の区分によって行われる。格付けは各馬がレースで獲得した本賞金に各主催者(地区)が定める補正を行った番組賞金によって定められ、各主催者(地区)とも3段階(A・B・C)の大区分を基本としているが、各主催者(地区)ごとに年齢・収得賞金・着順のポイント換算など基準は異なる。主催者(地区)によっては前述の大区分に数字を組み合わせ、「A1・A2・B1…」のように細分化されることもある。兵庫県競馬組合は競走馬の格付けに独自のポイント制を採用している。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た競馬法

    1948年7月に制定された競馬法の下で地方公共団体によって主催される公営競技であり、日本中央競馬会(JRA)の主催する「中央競馬」と対をなす法令用語となっている。2013年4月現在は14の主催者により全国17ヶ所の競馬場(開催が行われていないものも含む)で平地競走とばんえい競走が施行され、競馬法に基づく地方共同法人の地方競馬全国協会(NAR)がこれを統括する。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たアングロアラブ

    [[File:Kinko toga.jpg|300px|left|thumb|錦江作戦のため泗水を渡河する砲兵部隊と軍馬]]このようにして、地方競馬はその法的な地位を得た。一方で、これは軍馬用途を目的とした馬匹の改良と馬事思想の普及という国策と関連したものであり、農林省や陸軍省からそれ自体は軍馬には向かないサラブレッドによる競馬は公認競馬に譲り、地方競馬ではより軍馬に適したアングロアラブ・アングロノルマンによる競馬を、さらには平地競走ではなく障害競走や速歩競走を行うべきという意見が当初から出されている。1933年には地方競馬規則が大幅に改正され、一定以上の売上規模がある主催者はその売上の一部を馬匹改良・馬事に関わる施設のために支出すること、出走を内国産馬に限ること、速歩競走を重視することが定められた。また1936年に公認競馬側が日本競馬会に統合されると、相互の交流は一層厳しく統制された。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た競馬

    地方競馬(ちほうけいば)とは、日本で勝馬投票券の発売を伴う競馬における法令上の興行形式のひとつである。本記事では主に日本の都道府県や地方公共団体等が主催する競馬(平地競走)について詳述しているが、外国における比較的小規模の競馬についても触れる。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た電話投票

    2015年4月現在、後述の10方式が設定されている。南関東や東海・北陸といった地区単位での相互発売や広域場間場外発売の設定によって、自場以外で施行されている勝馬投票券の購入も可能である。各主催者がそれぞれ場外発売所を設けているほか、地方競馬全国協会と全国公営競馬主催者協議会が出資する日本レーシングサービスがBAOOの名称で各地に場外発売所を展開している。電話・インターネット投票については、東京都競馬によって運営されるSPAT4、旧来の各主催者ごとの電話投票網を統合したD-netを引き継いだオッズパーク、インターネット投票専業で新規参入した楽天競馬が存在するほか、中央競馬の電話投票システム「IPAT」でも地方競馬の競走を一部購入可能となっている(地方競馬IPAT)。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たサラブレッド

    [[File:Kinko toga.jpg|300px|left|thumb|錦江作戦のため泗水を渡河する砲兵部隊と軍馬]]このようにして、地方競馬はその法的な地位を得た。一方で、これは軍馬用途を目的とした馬匹の改良と馬事思想の普及という国策と関連したものであり、農林省や陸軍省からそれ自体は軍馬には向かないサラブレッドによる競馬は公認競馬に譲り、地方競馬ではより軍馬に適したアングロアラブ・アングロノルマンによる競馬を、さらには平地競走ではなく障害競走や速歩競走を行うべきという意見が当初から出されている。1933年には地方競馬規則が大幅に改正され、一定以上の売上規模がある主催者はその売上の一部を馬匹改良・馬事に関わる施設のために支出すること、出走を内国産馬に限ること、速歩競走を重視することが定められた。また1936年に公認競馬側が日本競馬会に統合されると、相互の交流は一層厳しく統制された。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た国営競馬

    戦前の公認競馬から国営競馬を経て、政府によって出資される特殊法人である日本中央競馬会によって施行されている現在も国庫への納付金を課せられている中央競馬に対して、現在の地方競馬は都道府県ないしは競馬場が所在する総務大臣が指定した市町村、または左記の地方公共団体で構成される一部事務組合が施行する競馬である。2014年現在、日本での馬券発売を伴う競馬全体において在籍頭数のおよそ6割、競走数の約8割を占める。勝馬投票券における払戻率は70〜80%であり、その収益は主催自治体の畜産の振興、社会福祉の増進、医療の普及、教育文化の発展、スポーツの振興、災害の復興に充てられるほか、競馬を主催していない地方公共団体に対しても地方公共団体金融機構の貸付金利引き下げによって還元される。また、地方競馬全国協会を通じても広く馬の改良増殖や畜産振興のために用いられている。しかしながら、1990年代以降は景気後退や娯楽の多様化などによって開催成績は低迷を続け、競馬事業を廃止する自治体も現れている。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た場外勝馬投票券発売所

    2015年4月現在、後述の10方式が設定されている。南関東や東海・北陸といった地区単位での相互発売や広域場間場外発売の設定によって、自場以外で施行されている勝馬投票券の購入も可能である。各主催者がそれぞれ場外発売所を設けているほか、地方競馬全国協会と全国公営競馬主催者協議会が出資する日本レーシングサービスがBAOOの名称で各地に場外発売所を展開している。電話・インターネット投票については、東京都競馬によって運営されるSPAT4、旧来の各主催者ごとの電話投票網を統合したD-netを引き継いだオッズパーク、インターネット投票専業で新規参入した楽天競馬が存在するほか、中央競馬の電話投票システム「IPAT」でも地方競馬の競走を一部購入可能となっている(地方競馬IPAT)。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た地方競馬規則

    そして1910年に競馬規程が改正された際に、祭典などの娯楽のために競馬を行うことが法的に認められるとともに、地方長官による許可と賞品・開催費の補助のもとで畜産組合らが競馬を施行することができるとされた。続く1923年の競馬法においては政府が公認した競馬倶楽部による公認競馬のみが競馬を施行し馬券発売を行うことができるとされたが、各地の畜産組合による競馬の中にも公認競馬に倣って入場券による景品競馬のみならず、馬券の発売を実施するものが多く現れるようになる。しかしながら、これは同時に山師的な主催者による競馬場の過剰なまでの増加や、入場券の制限が公然と破られるなどの問題を引き起こした。そしてこうした競馬を政府の統制下に置くために、ついに地方競馬規則(1927年8月27日 農林・内務省令)が施行されるに至るのである。この中では地方長官の許可のもとで各地の畜産組合、畜産組合連合会、馬匹改良を目的とする団体が競馬を施行することができるとされ、またその統一的な規定が定められた。法令用語としての地方競馬の呼称はここに始まる。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

221件中 61 - 70件表示

「地方競馬」のニューストピックワード