82件中 71 - 80件表示
  • 地方競馬

    地方競馬から見た地方競馬法

    前述のように戦前の地方競馬は畜産組合連合会や畜産組合などが主催して行われ太平洋戦争中は軍用保護馬鍛錬競走として行われた。戦後は一時根拠法が存在しない状態が生じたが、1946年11月20日に地方競馬法が制定され再び馬匹組合・馬匹組合連合会の主催で行われることとなった。その後それらを主催者とすることが独占禁止法に抵触するという指摘がGHQによってなされ、1948年7月13日以降は競馬法に基いて地方自治体の主催で行われるようになった。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たアングロアラブ

    かつての地方競馬ではアングロアラブによる競走が盛んにおこなわれていた。中央競馬所属のアングロアラブはすべて抽せん馬であったのに対し地方競馬所属のアングロアラブにはそのような制約がなかったため、一般に中央競馬よりも質の高い競走馬が確保された。しかし1995年以降中央競馬と地方競馬の交流が進む中、サラブレッドの導入を積極的に行う競馬場が相次いで現れ、その影響を受けてアングロアラブによる競走は全国的に縮小されていき2009年にアングロアラブの単独での競走に終止符が打たれた。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た連合国軍最高司令官総司令部

    前述のように戦前の地方競馬は畜産組合連合会や畜産組合などが主催して行われ太平洋戦争中は軍用保護馬鍛錬競走として行われた。戦後は一時根拠法が存在しない状態が生じたが、1946年11月20日に地方競馬法が制定され再び馬匹組合・馬匹組合連合会の主催で行われることとなった。その後それらを主催者とすることが独占禁止法に抵触するという指摘がGHQによってなされ、1948年7月13日以降は競馬法に基いて地方自治体の主催で行われるようになった。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た第3セクター

    多くの地方競馬で存続の方策や存廃の方向を巡って多くの議論が繰り広げられている現状であるが、多くの自治体がバブル期に続々と作った夥しい数の第3セクターがバブル崩壊後の短期間に生み出した莫大な赤字や水道・下水道などの公営企業がそれぞれ背負ってしまっている巨額の負債と比較すれば(岩手のような例外を除いて)赤字の規模は小さく、また徴収された税金が建設業界のような特定の業界に集中する公共事業や全く私的な企業によって営利目的に行われているにも関わらず実態を見ればギャンブル同然の存在であるパチンコ・パチスロの仕組みと異なり投じられたファンのお金が農業・雇用・観光など公的な分野に回転していくことや、競馬ファンを通じて首都圏や関西圏に対する知名度のアップにもつながることから地方競馬を(特に馬産地・観光地であるホッカイドウ競馬・ばんえい競馬は)保護するべきだという意見もある。また、競馬場の廃止が続けば競走馬の需要が減っていき、これは若駒のみならず転売なども含めて競走馬価格の下落の一因にもなるため、ひいては競走馬取引全般の活力を失わせる要因となるため、馬蓄産振興の観点からも競馬の振興を図るべきという意見もある。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た公営企業金融公庫

    また、競馬主催者を指定できる総務省管轄の特殊法人である公営企業金融公庫(現「地方公共団体金融機構」)へ売上の約1.2%(率は暫定税率であるがガソリン税同様、既に既定事実化)を拠出しているのも見逃せない(当時は競馬を主催すれば必ず黒字になる時代であったので、他の「競馬を実施しない地方自治体に対しての均てん化」が必要との名目で始められたものである)。結果として2004年度には主催者すべてが赤字という状態になり、全国合計の赤字額も189億円に達している。更には地方自治体への収入減になっているどころか逆に公営競技への赤字補填を行わざるを得ない状況で、このまま赤字が累積した状況が続くと自治体諸共に破綻しかねない状況だと言われる。このため自治体にもよるが地方競馬や競輪をはじめとする公営競技の存廃問題については、その公営競技の収支以前の部分で自治体そのものの財政難や、その財政難の原因となっている地域経済自体の斜陽化、さらにその原因である過疎化や地域を支えてきた主要産業の衰退という要素や、地域経済の低迷による馬主の減少などが少なからず存廃問題を発生させる実際の下地となっており、そもそものところでもはや地域経済が公営競技の様な庶民の娯楽すらまともに維持できないレベルにまで落ち込んでいると言わざるを得ないケースも少なくない。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見たカルチャー

    さらに昭和期に開催権を返上した主催者の大半では、競馬ブームをきっかけに競馬がカルチャーとして飛躍的な発展を遂げた1990年代には既に競馬開催や競馬場そのものについての当時の記録や資料が保管期間を過ぎて散逸・消失してしまっており、資料が希少な1920年代以前の日本競馬の姿と同様に、もはや競馬開催当時の実像を掴むことは限りなく不可能に近い。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た情報技術

    こうした厳しい状況の中、IT企業のライブドアが地方競馬経営に参入するという動きを見せた。2005年1月より競馬法が改正され馬券発売などの民間委託が可能になること、経営難の地方競馬を立て直す事ができれば格好のビジネスになるという狙い、更に当時の社長の堀江貴文が自ら競走馬を持つほどの競馬ファンでもあることがその要因であった。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た公共施設

    この様な大型施設の建設・誘致や公共事業ができると短絡的に考える者が現れる事も現在では少なくない。また、競馬場に限らず大規模な公有施設や公共施設、大規模事業所などの撤去を巡っては、その解体・再開発で生じる利権や跡地に設置される新施設の用途を巡って、土木・商業・福祉・文化・教育・スポーツなど様々な方面で利益誘導や政治的駆け引きが繰り返されている地方政治の構図がある。実際、高度経済成長期以降に廃止・移設された競馬場の跡地はその大半が公園・医療機関・学校・陸上競技場などの公共施設や公営団地などとして再生されており、施設設置に際して周辺地域も含めた再開発・インフラ再整備なども含めて様々な公共事業が行われてきた事は事実である。その為、地方議会や首長の選挙などで赤字を名目として競馬場の廃止と跡地利用を公約に訴える者が現れるなど競馬場の存廃論議が政争の種や選挙の集票の材料として持ち出される事も珍しくない。また、この様な跡地利用や跡地での公共事業への期待などを真の目的としてまず廃止ありきで存廃議論を開始させようと目論む者すら現れる事もある。その為、競馬場の経営状態を建前にした政治家たちに振り回される格好で今後も競馬場が廃止に追い込まれるケースが出るのではないかと危惧している者も少なくない。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た逮捕

    だが後に改善策はライブドアの一方的な主張・パフォーマンス行為に過ぎず実現性に乏しいプランばかりであったこと、また交渉は手数料の歩合ばかりが最優先され具体的な販売振興策や収益改善策などの提案が全くなされていなかったことなど、ライブドアの掲げた競馬参入計画はそれ自体がパフォーマンスに過ぎない画餅であったことが露呈し、主催者側に時間とコストを徒に空費させるだけの結果になった。さらにライブドアに証券取引法違反容疑など一連のライブドア事件が発覚し堀江が逮捕され、これと前後して高知も提携を解除している。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 地方競馬

    地方競馬から見た都道府県

    現行の競馬法に基づき都道府県・競馬場が所在する市町村あるいは左記の地方公共団体で構成される一部事務組合が施行する競馬である。地方公共団体等が施行することから「公営競馬」(こうえいけいば)という俗称で呼ばれることもあるが正式な呼称は「地方競馬」であり、日本中央競馬会(JRA)の施行する「中央競馬」と対をなす法令用語となっている(競馬法第1条第5項)。以下に詳述。地方競馬 フレッシュアイペディアより)

82件中 71 - 80件表示

「地方競馬」のニューストピックワード