前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
766件中 1 - 10件表示
  • スターン報告

    スターン報告から見た地球温暖化地球温暖化

    スターン報告(スターンほうこく、Stern Review)とは、2006年10月30日にイギリス政府のために経済学者ニコラス・スターン卿(Sir Nicholas Stern) によって発表された地球温暖化(気候変動)に関する報告書である。正式な表題は The Economics of Climate Change (気候変動の経済学)。地球温暖化の対策による損得、その方法や行うべき時期、目標などに対して、経済学的な評価を行っている。その内容は「早期かつ強力な対策」が経済学的にみて最終的に便益をもたらすであろうと結論づけており、イギリスおよび世界の動きに大きな影響を与えつつある。スターン報告 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化に対する懐疑論

    地球温暖化に対する懐疑論から見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化に対する懐疑論(ちきゅうおんだんかにたいするかいぎろん、Skepticism to Global Warming)とは、地球温暖化は人為的なものでない、地球は温暖化していない等とする学説や意見である。この項目では実在する主張や反論をそのまま記載する。地球温暖化に対する懐疑論 フレッシュアイペディアより)

  • 気候変動に関する政府間パネル

    気候変動に関する政府間パネルから見た地球温暖化地球温暖化

    気候変動に関する政府間パネル(英語:Intergovernmental Panel on Climate Change、略称:IPCC)とは、国際的な専門家でつくる、地球温暖化についての科学的な研究の収集、整理のための政府間機構である。学術的な機関であり、地球温暖化に関する最新の知見の評価を行い、対策技術や政策の実現性やその効果、それが無い場合の被害想定結果などに関する科学的知見の評価を提供している。数年おきに発行される「評価報告書」(Assessment Report)は地球温暖化に関する世界中の数千人の専門家の科学的知見を集約した報告書であり、国際政治および各国の政策に強い影響を与えつつある。気候変動に関する政府間パネル フレッシュアイペディアより)

  • 海面上昇

    海面上昇から見た地球温暖化地球温暖化

    海面上昇(かいめんじょうしょう)とは、地球温暖化に端を発する海水の熱膨張や大陸氷床の融解などで海面が上昇する現象のこと。平均海水面、つまり波浪やうねり、津波・高潮などの短周期変動をならして平均化した水面の上昇を指す。海面上昇 フレッシュアイペディアより)

  • 環境問題

    環境問題から見た地球温暖化地球温暖化

    その後酸性雨、オゾンホール、異常気象、地球温暖化など全地球規模の環境の変化が顕著になってくるにつれ、人々の環境問題に対する関心は徐々に高まってきた。環境問題 フレッシュアイペディアより)

  • IPCC第4次評価報告書

    IPCC第4次評価報告書から見た地球温暖化地球温暖化

    IPCC第4次評価報告書(あいぴーしーしーだいよじひょうかほうこくしょ、英語:IPCC Fourth Assessment Report)とは、国連下部組織の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)によって発行された、地球温暖化に関する報告書である。IPCC第4次評価報告書 フレッシュアイペディアより)

  • 地球寒冷化

    地球寒冷化から見た地球温暖化地球温暖化

    当初、この仮説は科学的に強い支持をされたものではなかったが、氷河期の周期性と、1940年代から1970年代の前半にかけての気温の低下の理解を進める上で、良い材料として新聞に報告されたため、人々の関心を一時的に集めた。上記の三十年間にはそれ以前の時代と比べ人工的な二酸化炭素の放出は増えた時代であったが、気温の低下がおこったためである。しかし近年の科学的かつ世界的に広く認められた複数の調査結果は、長期的には寒冷化ではなく、地球温暖化が進行していると結論付けている(節を参照)。またIPCC第4次評価報告書にて評価された全ての気候モデルにおいて、近い将来に寒冷化が始まる可能性が否定されている。地球寒冷化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化の影響

    地球温暖化の影響から見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化の影響に関しては、多くの事柄がまだ評価途上である。しかしその中でもIPCC第4次評価報告書(以下、AR4と表記)が最も多くの科学的知見を集約し、かつ国際的に認められた報告書となっており、これが現在の世界での影響評価の主軸となっている。また、イギリスで発行されたスターン報告も大きな影響力を持っている。地球温暖化の影響 フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果

    温室効果から見た地球温暖化地球温暖化

    温室効果ガスである二酸化炭素やメタンなどが増加していることが、現在の地球温暖化の主な原因とされている。また、金星の地表温度が470℃に達しているのも、90気圧とも言われる金星大気のそのほとんどが温室効果ガスの二酸化炭素なので、その分、光学的厚さが大きいためとされている。しかし、依然として金星大気の地表温度にはなぞが残っており、他にも少量の水蒸気や硫黄酸化物による光学的厚さの寄与や硫酸の雲の効果が影響しているのではとの説もある。一般に、金星の初期形成過程において、大量の水蒸気が大気中に存在し、いわゆる暴走温室効果が発生したのではないかとの説もあるが異論も存在する。温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • 豪快な号外

    豪快な号外から見た地球温暖化地球温暖化

    「豪快な号外」(ごうかいなごうがい)とは、軌保博光(てんつくマン)が中心となってTEAM GOGO! 2007が夏至の日にあわせて2007年6月から配布した、地球温暖化防止を呼びかけた市民意見広告である。豪快な号外 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
766件中 1 - 10件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード