766件中 91 - 100件表示
  • 基本高水

    基本高水から見た地球温暖化地球温暖化

     河川整備基本方針をみると、基本高水そのものよりも基本高水のピーク流量が重視される場合が多いようである。例えば、基本高水のピーク流量からダムでカットする流量を差し引いた流量を計画高水流量といい、計画高水流量が河道計画において重要になる。昔、基本高水のピーク流量は既往最大ピーク流量で定められていた。この方法は簡単で分かりやすいが、既往最大ピーク流量が更新される毎に基本高水のピーク流量が変更されることになる。基本高水を度々変更することは下位計画も変更しなければならず大きな問題である。橋梁の付替えを行う必要も発生するかもしれない。現在の主な算定手法は推測統計学を基礎とする治水安全度の概念に基づいている。つまり、これまでたまたま大きな洪水が生起していなかった河川でも今後生起する洪水を見越して基本高水を定めている。また、河川の経済的、社会的重要度から治水安全度を設定することで、合理的に複数の河川の治水対策を実施することが可能になった。しかし、基本高水は地球温暖化にみられるような気候変動の影響が考慮されていない。基本高水 フレッシュアイペディアより)

  • 気候サイクル

    気候サイクルから見た地球温暖化地球温暖化

    気候サイクルを検出する難しさの一つには、地球の気候がほとんどの時間スケールにおいて非周期的な方式で変化しているということがあげられる。例えば、いま我々は人為的と思われる地球温暖化の時代にいる。さらに大きな時間枠において、地球は最新の氷河時代から脱しつつある。それは気候が過去1万5000年程にわたって変化していることを意味する。そして、度重なる氷河作用(glaciation)によって支配された更新世の時代は、より安定した気候であった中新世と鮮新世から展開している。これらの変化すべてが気候の周期的な挙動をさがす作業を複雑にしている。気候サイクル フレッシュアイペディアより)

  • 石炭化学

    石炭化学から見た地球温暖化地球温暖化

    20世紀前半に石油化学が誕生し、その後ベンゼンやトルエンが蒸留や精留によって得られるようになると、化学原料の主流はそちらに移っていった。しかし、石油の可採年数が有限であることが認識されるにつれ、石炭の液化が再び注目を浴びている。地球温暖化の懸念から石炭の利用は控えられる傾向にあるため燃料としての石炭の価値は不安定であるが、天然に存在する純度の高い炭素源として一定の価値を持ち続けるものと考えられる。石炭化学 フレッシュアイペディアより)

  • キャンドルナイト

    キャンドルナイトから見た地球温暖化地球温暖化

    省エネルギーや地球温暖化防止(温室効果ガス削減)を目的とすることもある。この場合、キャンドルの原料が植物などに由来しカーボンニュートラルに近ければその目的を達することができるが、石油などが原料の場合はろうそくの燃焼によって温室効果ガスを多く排出し、消燈による削減効果を相殺してしまう。これに関連する詳細な温室効果ガスの削減効果のデータなどは示されていないことが多い。キャンドルナイト フレッシュアイペディアより)

  • ワールド・ジャンプ・デー

    ワールド・ジャンプ・デーから見た地球温暖化地球温暖化

    ワールド・ジャンプ・デー(World Jump Day)とは、世界標準時(GMT)2006年7月20日10時39分13秒(夏時間の場合11時39分13秒、日本時間19時39分13秒)に予定されていた、「西半球で6億人の人が同時にジャンプして地球の軌道をずらし、地球温暖化をストップさせよう」という計画である。ワールド・ジャンプ・デー フレッシュアイペディアより)

  • エコの日

    エコの日から見た地球温暖化地球温暖化

    「DO YOU KYOTO?」は、「環境にいいことをしていますか」という意味で、世界中で使われるようになった。毎月16日のエコの日には、市民や事業者や行政が、様々な取り組みを行い、二酸化炭素の排出や地球温暖化防止を考え、「環境にいい取組」を実践するように呼びかけが行なわれている。エコの日 フレッシュアイペディアより)

  • スーパー伊勢湾台風

    スーパー伊勢湾台風から見た地球温暖化地球温暖化

    この「中部地方の天変地異を考える会」の2006年6月13日第3回検討会において、スーパー伊勢湾台風が初めて提示された。この仮想台風の規模は、地球温暖化による影響を考慮して、実際に起こりえる最悪の規模のものを想定したという。スーパー伊勢湾台風 フレッシュアイペディアより)

  • IPCC報告書における中世温暖期と小氷期の記述

    IPCC報告書における中世温暖期と小氷期の記述から見た地球温暖化地球温暖化

    1980年代に地球温暖化に対する興味が高まり、過去の温度記録に新たな関心が寄せられ、昔は"現在"よりも温暖だったのか、それとも、寒冷だったのかという疑問が持ち上がった。しかし、このとき利用可能な記録はごく僅かでしかなかった。IPCC報告書における中世温暖期と小氷期の記述 フレッシュアイペディアより)

  • えすえふ

    えすえふから見た地球温暖化地球温暖化

     20世紀末、地球温暖化により地面の温度が上昇した。そのため、靴と呼ばれる足を守る道具が開発された。なお、赤道直下は地面温度が低いため素足であった。一方、赤道から離れるほど地面温度が上昇するので、スキー靴のような分厚い靴が使われた。えすえふ フレッシュアイペディアより)

  • ボーモル・オーツ税

    ボーモル・オーツ税から見た地球温暖化地球温暖化

    環境税のうちピグー税は、CO2や環境汚染物質などから生じる経済損失(温暖化や公害など)を考慮しないで生産消費活動をしている時、排出者は対策コストを払っていない状態である。外部費用や外部不経済と呼ばれるこのコストを、税金という形で排出者に支払わせることで、このコストを考慮した生産消費活動をさせる(外部不経済の内部化)ことを提案した。ボーモル・オーツ税 フレッシュアイペディアより)

766件中 91 - 100件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード