892件中 11 - 20件表示
  • 江守正多

    江守正多から見た地球温暖化地球温暖化

    江守 正多(えもり せいた、1970年1月 - )は日本の気象学者。国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室室長。海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センターグループリーダーおよび東京大学気候システム研究センター客員准教授を兼務。研究分野はコンピュータシミュレーションによる地球温暖化の将来予測。江守正多 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化の原因

    地球温暖化の原因から見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化は、人間の産業活動に伴って排出された温室効果ガスが主因となって引き起こされているという説が主流である。『気候変動に関する政府間パネル』によって発行されたIPCC第4次評価報告書によって、人為的な温室効果ガスが温暖化の原因である確率は「90%を超える」とされている。IPCC第4次評価報告書は現在世界で最も多くの学術的知見を集約し、かつ世界的に認められた報告書であり、原因に関する議論が行われる場合も、これが主軸となっている。地球温暖化の原因 フレッシュアイペディアより)

  • デイ・アフター・トゥモロー

    デイ・アフター・トゥモローから見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化によって突然訪れた氷河期に混乱する人々を現実味を持って描いたパニック映画である。SF映画であるとも言えるが、映画の公開より約2年前の2002年に実際に崩壊したラーセンB棚氷に大規模な亀裂が走る場面が出てくるように、フィクションではなく史実である部分も存在する。2005年11月30日付のAFP通信の記事では、実際にヨーロッパにおいて映画ほどの急激さはないものの、映画と同じ理論で、今後十年単位で平均気温が4度低下する恐れがあるとの科学者の見解を伝えている。デイ・アフター・トゥモロー フレッシュアイペディアより)

  • 原子力撤廃

    原子力撤廃から見た地球温暖化地球温暖化

    原子力撤廃(げんしりょくてっぱい、)は、原子力すなわち核エネルギーの利用を撤廃することである。反原子力()という。字義通りには核兵器および原子炉すなわち核動力や核燃料を用いる全ての核エネルギー利用が対象となるが、本項では、主に後者について概説する。その他、「核廃絶」を含む原子力全般の撤廃を目的とする運動を反核運動という。地球温暖化対策に石炭や石油などの化石燃料による火力発電を世界的に控えている中でベースロードをどの代替エネルギーをどうするかのために議論がある。原子力撤廃 フレッシュアイペディアより)

  • バイオ燃料

    バイオ燃料から見た地球温暖化地球温暖化

    産業用燃料は、第二次オイルショックで原油価格が1バーレルあたり4ドルから17ドルに値上がりしたのを契機に、石油より安価な石炭・天然ガス・原子力等で代替されたが、1980年から2000年の間、輸送用燃料は原油価格1バーレル 15ドル前後だったため代替燃料は採算が合わなかった。しかし、中国・インドでの自動車の普及・経済発展による輸送燃料需要の急増により、2005年から2008年にかけて原油価格が1バーレル150ドルに暴騰し、地球温暖化問題によるCO2削減要請の高まりもあって、近年低コスト輸送用バイオ燃料への投資が拡大して研究開発・実用化が大きく進展するかに見えたが、その後、原油価格が産油国の増産により2016年2月現在、1バーレル30ドル台まで下落し、オイルシェール、シェールガス等と共に採算が取れなくなっている。同年9月にICAO総会にて航空向けCO2排出量の削減に関する枠組みで合意がなされ、バイオ燃料への注目が集まった。バイオ燃料 フレッシュアイペディアより)

  • 京都議定書

    京都議定書から見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化の原因となる、温室効果ガスの一種である二酸化炭素 (CO2)、メタン (CH4)、亜酸化窒素 (N2O)、ハイドロフルオロカーボン類 (HFCs)、パーフルオロカーボン類 (PFCs)、六フッ化硫黄 (SF6) について、先進国における削減率を1990年を基準として各国別に定め、共同で約束期間内に目標値(参照)を達成することが定められた。京都議定書 フレッシュアイペディアより)

  • ツバル

    ツバルから見た地球温暖化地球温暖化

    ツバルの水没の危機という状況は、地球規模の要因(地球温暖化および海面上昇)と地域規模の要因(土地の使用条件・社会経済条件。植生の管理のしかたや住民の数や住まい方)の複合によるものである。 ツバルの環礁州島の問題は、単純に「海面上昇による水没」だけによるものではない。ツバル フレッシュアイペディアより)

  • マラリア

    マラリアから見た地球温暖化地球温暖化

    なお、2007年、国立感染症研究所ウイルス第一部部長倉根一朗は、マラリアの流行には、特に住宅構造が関係すること、現在の日本の住宅構造を考えると、毎晩、多数の蚊に刺される可能性はほとんど考えられないこと、今の日本のインフラストラクチャーを考えれば、自然災害などが重なってインフラストラクチャーが崩れるなどの変化が起きない限り、仮に地球温暖化が進んだとしてもマラリアが流行するとは思えないということを主張した。マラリア フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀

    21世紀から見た地球温暖化地球温暖化

    5月4日 - IPCC第4次評価報告書が承認され、地球温暖化問題の進行と人類の責任が明確化される。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 生物多様性基本法

    生物多様性基本法から見た地球温暖化地球温暖化

    生物の多様性は人類の存続の基盤となっており、地域における固有の財産として地域独自の文化の多様性をも支えている一方、深刻な危機に直面している。近年急速に進みつつある地球温暖化等の気候変動も、多くの生物種の絶滅を含む重大な影響を与えるおそれがあり大きな課題となっている。生物多様性基本法 フレッシュアイペディアより)

892件中 11 - 20件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード