892件中 21 - 30件表示
  • 暴走温室効果

    暴走温室効果から見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化の研究では、二酸化炭素濃度を倍増させたときの気候感度が約1.5?5℃と見積もられている。地球の二酸化炭素濃度に比べ、金星の二酸化炭素濃度は30万倍にもなるが、気温の変化は濃度の対数で変化するといわれている。つまり、30万は2の約18.2乗なので、1.5?5℃にこれをかけると、27.3?91℃になる。これが金星における二酸化炭素による温室効果による昇温の幅である。しかし、金星の地表温度は400℃以上を超えており、金星大気においても水蒸気が温室効果として非常に大きな役割を果たしているのではないかと考えられている。金星大気は地球と比べて非常に乾燥した状態にあり、水蒸気の平均混合比は約30ppm程度とごく微量ではあるが、その水蒸気のもつ温室効果は約70K?218Kと見積もられており、水蒸気は非常に少ない量であっても大きな昇温効果を持つとされている(現状では放射伝達による金星大気の放射収支の正しい評価は定まっていない)。また、高圧大気条件下における下層大気の温度は断熱圧縮により高温になる。そこから導かれる乾燥大気の温度勾配は金星も地球もあまり変わらない。金星の地表温度が高いことは、高圧条件下ということを踏まえれば十分に予測されることでもある暴走温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • セクター別アプローチ

    セクター別アプローチから見た地球温暖化地球温暖化

    セクター別アプローチとは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの国別削減量を決めるための手法の一つである。産業・運輸・家庭などの部門(これら部門のことをセクターという)ごとに温室効果ガス削減可能量を算出し、その合計を国別の総量目標とする。温室効果ガス削減可能量は、省エネ技術の普及率などを調査し、最も効率の良い技術を導入した場合を想定して算出する。積み上げ方式ともいわれ、政治判断で削減目標を義務づけた京都議定書とは違い、公平で統一的な基準に基づいて削減目標を定めようとする考え方である。2013年以降の地球温暖化対策の枠組み(ポスト京都議定書)交渉のなかで提唱されている。理論的バックボーンとしては、21世紀政策研究所から発表された2008年3月の「ポスト京都議定書の枠組としてのセクター別アプローチ―日本版セクター別アプローチの提案―」という報告書がある。セクター別アプローチ フレッシュアイペディアより)

  • 化石燃料

    化石燃料から見た地球温暖化地球温暖化

    これらの燃料は燃やすと二酸化炭素 (CO2) 、窒素酸化物 (NO, NO2, N2O4) 、硫黄酸化物 (SO2) などを発生するが、これらが大気中に排出されることにより、地球温暖化や、大気汚染による酸性雨や呼吸器疾患などの公害を引き起こすため、深刻な環境問題を引き起こす要因になっている。また、資源埋蔵量にも限りがあるため持続性からも問題視されている。化石燃料 フレッシュアイペディアより)

  • フランスのエネルギー政策

    フランスのエネルギー政策から見た地球温暖化地球温暖化

    2003年11月、フランス政府は今後30年間のエネルギー戦略に関するエネルギー白書 (Livre blanc sur les energies) を発表。その中でエネルギーの安定供給、環境の保護(特に切迫した課題として地球温暖化及び石油資源枯渇)、大型エネルギー消費企業及び国の経済競争力に対する貢献、競争力ある低価格なエネルギー供給を目標に掲げた。フランスのエネルギー政策 フレッシュアイペディアより)

  • 氷河融解

    氷河融解から見た地球温暖化地球温暖化

    氷河の融解(ひょうがのゆうかい、melting of glaciers)、または氷河の後退(ひょうがのこうたい、retreat of glaciers)とは、19世紀以降進行してきている、地球上の氷河の融解のこと。地球温暖化によって引き起こされたと考えられている。関連する現象として永久凍土の融解がある。氷河融解 フレッシュアイペディアより)

  • 世界気候会議

    世界気候会議から見た地球温暖化地球温暖化

    世界気候会議(せかいきこうかいぎ, )は、世界気象機関(WMO)の主催による一連の国際会合で、主として気候の研究と予測に加えて、地球温暖化など全地球規模の気候問題に関する会議である。世界気候会議 フレッシュアイペディアより)

  • 土壌呼吸

    土壌呼吸から見た地球温暖化地球温暖化

    土壌呼吸は、地球温暖化と正のフィードバックの関係にあると云われる。地球温暖化は大気中の二酸化炭素濃度の増加で進行するため、土壌呼吸の速度が増えると地球温暖化が進行し、地球温暖化が進行すると土壌呼吸の速度もさらに増加する。土壌呼吸 フレッシュアイペディアより)

  • 高速道路無料化

    高速道路無料化から見た地球温暖化地球温暖化

    しかしながら、JR各社をはじめとする鉄道やバス、船舶業界からの反発が根強い上、民主党が連立政権を組む社民党は「(ガソリン税の暫定税率撤廃と同様に)地球温暖化対策に逆行する上、余計な財源が必要」として、民主党に再考を求めており、また、行政刷新会議の中でも事業仕分けリストの中に取り上げられ、更に民主党の支持基盤であるJR総連・JR連合からも鉄道利用者の減少→整理解雇の危惧から見直しの声があり、完全実施に向けては業界やユーザーからの理解が必要とも言える。高速道路無料化 フレッシュアイペディアより)

  • バイオディーゼル

    バイオディーゼルから見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化対策として再びバイオディーゼル燃料が注目されている。バイオディーゼル フレッシュアイペディアより)

  • バレンツ海

    バレンツ海から見た地球温暖化地球温暖化

    2012年、日本の海洋研究開発機構は、バレンツ海の海氷の分布と日本の気象相関関係に着目、バレンツ海の海氷が少なく、メキシコ湾流の流軸が北の方向に大きくずれる年は、シベリア高気圧とアリューシャン低気圧がそれぞれ発達しやすくなり、日本とユーラシア大陸がそれぞれ厳冬傾向になる可能性を導き出している。バレンツ海 フレッシュアイペディアより)

892件中 21 - 30件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード