766件中 21 - 30件表示
  • セクター別アプローチ

    セクター別アプローチから見た地球温暖化地球温暖化

    セクター別アプローチとは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの国別削減量を決めるための手法の一つである。産業・運輸・家庭などの部門(これら部門のことをセクターという)ごとに温室効果ガス削減可能量を算出し、その合計を国別の総量目標とする。温室効果ガス削減可能量は、省エネ技術の普及率などを調査し、最も効率の良い技術を導入した場合を想定して算出する。積み上げ方式ともいわれ、政治判断で削減目標を義務づけた京都議定書とは違い、公平で統一的な基準に基づいて削減目標を定めようとする考え方である。2013年以降の地球温暖化対策の枠組み(ポスト京都議定書)交渉のなかで提唱されている。理論的バックボーンとしては、21世紀政策研究所から発表された2008年3月の「ポスト京都議定書の枠組としてのセクター別アプローチ―日本版セクター別アプローチの提案―」という報告書がある。セクター別アプローチ フレッシュアイペディアより)

  • 中世の温暖期

    中世の温暖期から見た地球温暖化地球温暖化

    中世の温暖期(ちゅうせいのおんだんき、英:Medieval Warm Period:MWP)とは、ヨーロッパの中世に相当する時期、およそ10世紀から14世紀にかけて続いたヨーロッパが温暖だった時期を指す。この時期の温暖化は地球温暖化や温室効果についての議論でしばしば話題にされる。中世の温暖期 フレッシュアイペディアより)

  • フランスのエネルギー政策

    フランスのエネルギー政策から見た地球温暖化地球温暖化

    2003年11月、フランス政府は今後30年間のエネルギー戦略に関するエネルギー白書(Livre blanc sur les energies)を発表。その中でエネルギーの安定供給、環境の保護(特に切迫した課題として地球温暖化及び石油資源枯渇)、大型エネルギー消費企業及び国の経済競争力に対する貢献、競争力ある低価格なエネルギー供給を目標に掲げた。フランスのエネルギー政策 フレッシュアイペディアより)

  • 冷媒

    冷媒から見た地球温暖化地球温暖化

    当初アンモニアが用いられていたが、後にフロン類のCFC冷媒(R12)、HCFC(R22)などが使われていた。CFC,HCFCはオゾン層を破壊することがわかったため、オゾン破壊係数0である、HFC(R410A・R407C)が使われるようになった。しかし、HCFCよりHFCの方が地球温暖化係数が高いことがわかり、アンモニアへの回帰やイソブタンや二酸化炭素が使用されるようになってきた。冷媒 フレッシュアイペディアより)

  • 環境基本計画

    環境基本計画から見た地球温暖化地球温暖化

    このうち、第3部第1章においては、地球温暖化対策、物質循環の確保と循環型社会の形成、環境への負荷の少ない交通、環境保全上健全な水循環の確保、化学物質対策、生物多様性の保全、環境教育・環境学習、環境投資等を、重点的に取り組む11の戦略的プログラムとして位置づけた。環境基本計画 フレッシュアイペディアより)

  • 過去の気温変化

    過去の気温変化から見た地球温暖化地球温暖化

    現在、地球温暖化が問題となっているが、その原因が自然のものか人為的なものかが重要な問題となっている。過去の気温変化 フレッシュアイペディアより)

  • 軌保博光

    軌保博光から見た地球温暖化地球温暖化

    2004年、地球温暖化防止を掲げ、飛行機をチャーターして中国で植林事業を行うNGO活動を発足。軌保博光 フレッシュアイペディアより)

  • 暴走温室効果

    暴走温室効果から見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化の研究では、二酸化炭素濃度を倍増させたときの気候感度が約1.5?5℃と見積もられている。地球の二酸化炭素濃度に比べ、金星の二酸化炭素濃度は30万倍にもなるが、気温の変化は濃度の対数で変化するといわれている。つまり、30万は2の約18.2乗なので、1.5?5℃にこれをかけると、27.3?91℃になる。これが金星における二酸化炭素による温室効果による昇温の幅である。しかし、金星の地表温度は400℃以上を超えており、金星大気においても水蒸気が温室効果として非常に大きな役割を果たしているのではないかと考えられている。金星大気は地球と比べて非常に乾燥した状態にあり、水蒸気の平均混合比は約30ppm程度とごく微量ではあるが、その水蒸気のもつ温室効果は約70K?218Kと見積もられており、水蒸気は非常に少ない量であっても大きな昇温効果を持つとされている(現状では放射伝達による金星大気の放射収支の正しい評価は定まっていない)。また、高圧大気条件下における下層大気の温度は断熱圧縮により高温になる。そこから導かれる乾燥大気の温度勾配は金星も地球もあまり変わらない。金星の地表温度が高いことは、高圧条件下ということを踏まえれば十分に予測されることでもある暴走温室効果 フレッシュアイペディアより)

  • 気候研究ユニット・メール流出事件

    気候研究ユニット・メール流出事件から見た地球温暖化地球温暖化

    気候研究ユニット・メール流出事件(クライメイトゲート(クライメートゲート)、Climategate)は、2009年11月にイギリスにあるイースト・アングリア大学(UEA)の気候研究ユニット(CRU:Climate Research Unit)がクラッキングされ、地球温暖化の研究に関連した電子メールと文書が公開されたことによって発生した一連の事件のこと。気候研究ユニット・メール流出事件 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た地球温暖化地球温暖化

    また、地球温暖化の影響でハマダラカが越冬できる地域が広がったことにより、感染地域が広がる危険性についても指摘されている。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

766件中 21 - 30件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード