766件中 31 - 40件表示
  • バイオディーゼル

    バイオディーゼルから見た地球温暖化地球温暖化

    近年、地球温暖化対策として再びバイオディーゼル燃料が注目されている。バイオディーゼル フレッシュアイペディアより)

  • バイオ燃料

    バイオ燃料から見た地球温暖化地球温暖化

    日本では、2007年4月27日よりバイオエタノールを含んだガソリンの試験販売が開始されており、ガソリン価格の高騰、地球温暖化への関心の高まりを受け注目されている。バイオ燃料E85(ガソリンにエタノールを85%混ぜた燃料:IPSJ)は、通常のガソリンよりもCO2の排出が70%少ない。価格もガソリンが1リットルあたり1.6ユーロのところ0.8ユーロ。バイオ燃料が利用できるフレックス燃料車が広く普及しているブラジルで2007年5月、トヨタ自動車もバイオ燃料の使用が可能な自動車を発売した。バイオ燃料 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の高山植物相

    日本の高山植物相から見た地球温暖化地球温暖化

    日本の高山植物は北極海周辺からやって来た植物を中心に、千島、カムチャッカ、北米の太平洋沿岸、ヒマラヤ山脈周辺、アルタイ山脈、更には低山帯から日本の高山に順応した種も見られる。本州中部の高山帯や石灰岩地、かんらん岩や蛇紋岩地といった特殊岩石地では、最終氷期のヴュルム氷期以前という古い時期に日本列島へやって来て、現在まで生き残り続けている高山植物が見られる。一方、歴史が新しい富士山に比較的近接する赤石山脈から高山植物が分布を広げていると考えられるなど、現在もなお高山植物の分布は変化をし続けているものと考えられている。しかし人間による盗掘やシカなどの食害、そして地球温暖化によると考えられる気象の変化によって、現在、日本の高山植物は危機に見舞われている。日本の高山植物相 フレッシュアイペディアより)

  • 赤祖父俊一

    赤祖父俊一から見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化について懐疑論を展開し、現在観測されている温暖化が異常ではない、地球温暖化は主に自然要因である、温暖化の研究は純粋に学問にとどめておくべきなどの主張を行っているが、そのような主張が掲載されたインパクトファクターが付与されるような赤祖父自身の論文が根拠として示されている訳ではない。また、それらの主張は誤った認識に基づいていると(当該分野の専門家を含む)他の科学者達に指摘され、最新の科学的知見に基づく反論を受けている。赤祖父俊一 フレッシュアイペディアより)

  • キム・スタンリー・ロビンソン

    キム・スタンリー・ロビンソンから見た地球温暖化地球温暖化

    Forty Signs of Rain (2004)、Fifty Degrees Below (2005)、Sixty Days and Counting (2007) の三作がある。地球温暖化の行く末を描いた作品群で、主要登場人物はアメリカ国立科学財団で働く数名の人物とその関係者である。仏教哲学が1つのテーマとなっており、それを代表する登場人物としてガンジス川デルタ地帯の架空の小国から来た外交官が登場する。その国は海面上昇によって危機に瀕している。キム・スタンリー・ロビンソン フレッシュアイペディアより)

  • ピエール=ジル・ド・ジェンヌ

    ピエール=ジル・ド・ジェンヌから見た地球温暖化地球温暖化

    1994年の著書で、コンピュータの予測を必ず正しいと信じてしまう人が多いことの例として、二酸化炭素による地球温暖化を取り上げて、当時における地球温暖化の科学の発達段階は未熟であるとした(地球温暖化に対する懐疑論参照)。ピエール=ジル・ド・ジェンヌ フレッシュアイペディアより)

  • ラーセン棚氷

    ラーセン棚氷から見た地球温暖化地球温暖化

    南極半島では1940年代以降10年に0.5℃の割合で気温が上昇しており、ラーセン棚氷の崩壊にも南極半島での地球温暖化が影響していると考えられている。ラーセン棚氷 フレッシュアイペディアより)

  • ホリデー (企業)

    ホリデー (企業)から見た温暖化地球温暖化

    2008年 温暖化防止に貢献するためチーム・マイナス6%参加。ホリデー (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 松井三郎 (環境工学者)

    松井三郎 (環境工学者)から見た地球温暖化地球温暖化

    松井 三郎(まついさぶろう、1944年 - )は、日本の環境工学者。『地球温暖化問題に関する懇談会』委員で京都大学名誉教授である。松井三郎 (環境工学者) フレッシュアイペディアより)

  • 太陽変動

    太陽変動から見た地球温暖化地球温暖化

    実際、地球の表面に到達している太陽の光は、過去50年間、放射源たる太陽放射がほぼ一定でありながら減少している、という (地球温暖化を参照のこと)、大気汚染に原因を求めることが出来る証拠が存在する。太陽変動 フレッシュアイペディアより)

766件中 31 - 40件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード