766件中 41 - 50件表示
  • 柄谷行人

    柄谷行人から見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化などの環境問題に関しては、物理学者槌田敦の地球温暖化二酸化炭素原因説=原子力発電奨励批判に注目している。同様な趣旨で、2008年4月7日朝日新聞紙上に「科学者の課題は何ですか」という分子生物学者福岡伸一氏とのクロストークが掲載された。柄谷行人 フレッシュアイペディアより)

  • 固定価格買い取り制度

    固定価格買い取り制度から見た地球温暖化地球温暖化

    固定価格買い取り制度(こていかかくかいとりせいど、Feed-in Tariff, FiT, Feed-in Law, FiL)とは、エネルギーの買い取り価格(タリフ)を法律で定める方式の助成制度である。固定価格制度、フィードインタリフ制度、Minimum Price Standard、電力買い取り補償制などとも呼ばれる。地球温暖化への対策やエネルギー源の確保、環境汚染への対処などの一環として、主に再生可能エネルギー(もしくは、日本における新エネルギー)の普及拡大と価格低減の目的で用いられる。設備導入時に一定期間の助成水準が法的に保証されるほか、生産コストの変化や技術の発達段階に応じて助成水準を柔軟に調節できる制度である。適切に運用することにより、費用当たりの普及促進効果が最も高くなるとされる。世界50カ国以上で用いられ、再生可能エネルギーの助成政策としては一般的な手法となっている。ただし、市況販売価格を大幅に上回る価格での逆ザヤ長期買取保証には最近批判の声も高まっている。固定価格買い取り制度 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽エネルギー

    太陽エネルギーから見た地球温暖化地球温暖化

    狭義には、太陽光から熱や電力を得るエネルギー源を指し、再生可能エネルギーに分類される。太陽光が当たる場所ならばどこでもエネルギーが得られ、得られるエネルギー当たりの温室効果ガスの排出量が少ない。昔から熱として利用されて来たが、近年は地球温暖化の対策の一環として、熱利用と共に発電用途での利用が増えている。太陽エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 丸山茂徳

    丸山茂徳から見た地球温暖化地球温暖化

    専門分野ではないが、地球温暖化に関する主張(IPCC第4次評価報告書等)に対して否定的な意見を持っており、いくつかの著書を出したり、温暖化を肯定する研究者と討論を行ったり等といった活動をしている。丸山茂徳 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカの環境と環境政策

    アメリカの環境と環境政策から見た地球温暖化地球温暖化

    アメリカは政権が民主党でも共和党でも、議会の多数派が民主党でも共和党でも、生物多様性と生物生息環境の保護、土壌・河川・湖沼・海洋・大気の保護、産業・生活廃棄物の廃棄規制と有害性の除去、化石資源から自然資源へのエネルギーと・素材の転換、地球温暖化抑止対策などの、環境保護を推進した実績も、環境保護を無視した実績も、環境破壊を推進した実績も、環境破壊を抑止した実績もあり、環境政策に関する政策・実績は、民主党の多数派と共和党の多数派に本質的・根本的な差異はない。アメリカの環境と環境政策 フレッシュアイペディアより)

  • 小池百合子

    小池百合子から見た地球温暖化地球温暖化

    選挙後、温暖化対策という名目で環境税の導入構想を発表したが、反対意見が多いため先送りとなった。小池百合子 フレッシュアイペディアより)

  • デング熱

    デング熱から見た地球温暖化地球温暖化

    デング熱が文献に現れるようになったのは1779年からであり、ウイルスが原因であることや伝染経路について解明されたのは、20世紀初頭である。第二次世界大戦以降、デング熱は世界的に広まり、1960年代からその発生数は急激に増加している。現在では、110ヶ国以上で毎年およそ5,000万から1億人が感染する風土病となっている。その原因として、急激な都市化や地球温暖化が関与していると考えられている。対策としては、蚊の駆除の他に、ワクチンの研究やウイルスに直接働きかける薬物治療の研究が進められている。デング熱 フレッシュアイペディアより)

  • 高速道路無料化

    高速道路無料化から見た地球温暖化地球温暖化

    2009年の衆議院議員選挙において、高速道路無料化を公約に掲げた民主党が圧勝した。無料化が実現すればアメリカのフリーウェイやドイツのアウトバーン(アウトバーンは大型車は有料)などの先進国の主要道路と同様に基本的に車種を問わずに無料となる予定。しかしながら、JR各社をはじめとする鉄道やバス、船舶業界からの反発が根強い上、民主党が連立政権を組む社民党は「(ガソリン税の暫定税率撤廃と同様に)地球温暖化対策に逆行する上、余計な財源が必要」として、民主党に再考を求めており、また、行政刷新会議の中でも事業仕分けリストの中に取り上げられ、更に民主党の支持基盤であるJR総連・JR連合からも鉄道利用者の減少→リストラの危機から見直しの声があり、完全実施に向けては業界やユーザーからの理解が必要とも言える。高速道路無料化 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道

    鉄道から見た地球温暖化地球温暖化

    鉄道は、その走行抵抗の少なさのため、自動車と同様に内燃機関によって駆動される気動車・ディーゼル機関車であっても、。さらに、電車や電気機関車の場合、発電機や電動機のエネルギー変換効率が内燃機関よりはるかに高いので、。したがって、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の単位輸送量当たりの排出量が少ない交通機関であると言える。鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力撤廃

    原子力撤廃から見た地球温暖化地球温暖化

    2000年代に入り、地球温暖化問題が注目されるようになると、二酸化炭素を出さないとして原子力発電を肯定する宣伝がなされ、2009年(平成21年)10月に内閣府が行った世論調査によれば、原子力発電の今後について「推進していく」との回答が59.6%となり、「廃止」の16.2%を上回った。一方、原子力発電の安全性については「不安」が53.9%で、「安心」の41.8%を上回った。2012年12月9日に日経リサーチが東京都の有権者に対して行った調査では、原子力発電のあり方についての質問に、13%が「電力供給のために今後も必要」、61%が「脱原発を目指すべきだが、当面は必要」と回答している。他方、2012年12月1日から2日にかけて朝日新聞が行った世論調査では、「原子力発電は今後どうしたらよいか」を3択で尋ねると、「早くやめる」が18%、「徐々に減らしてやめる」が最多の66%で、「使い続ける」は11%であった。この一方、2013年1月に読売新聞が、全国の原発事故対策の重点地域に含まれる135市町村の首長に対して行ったアンケート調査では、原子力規制委員会が安全と判断した場合、原発の再稼働を「認める」「条件付きで認める」との回答は54%(72人)で過半数を上回る結果となった。原子力撤廃 フレッシュアイペディアより)

766件中 41 - 50件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード