892件中 41 - 50件表示
  • 猛暑

    猛暑から見た地球温暖化地球温暖化

    1994 - 2013年の20年間のうち猛暑年は18年に達し(2003年と2009年を除く全ての年が当てはまる)、猛暑が恒常化している。これに関しては地球温暖化も影響していると考えられるが、それだけが全ての原因とは考えにくく、様々な気象要因が考えられている。特に、2010年はラニーニャ現象により太平洋高気圧が強められたこと、オホーツク海高気圧がほとんど形成されなかったこと、寒気の影響を受けにくかったこと、偏西風が日本付近で北に大きく蛇行していたため、南からの暖気が入りやすい上、ブロッキング現象により太平洋高気圧が長期間居座りやすかったこと、上空のチベット高気圧が強かったこと、北半球の対流圏全体の気温自体が記録的に高かったことが日本付近の高温をかさ上げしたなど、猛暑になりやすい要因がそろっていたことが原因とみられている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化に関する論争

    地球温暖化に関する論争から見た地球温暖化地球温暖化

    地球温暖化に関しては、その原因や影響、対策の効果などについて懐疑論も見られる。また影響は広範囲に及び、対策もまた大規模になると予測されているため、その具体的な緩和策に関する議論も多い。地球温暖化に関する論争 フレッシュアイペディアより)

  • 石炭

    石炭から見た地球温暖化地球温暖化

    他の化石燃料である石油や天然ガスに比べて、燃焼した際の二酸化炭素 (CO2) 排出量が多く、地球温暖化の主な原因の一つとなっている。また、硫黄酸化物の排出も多い。石炭 フレッシュアイペディアより)

  • 軌保博光

    軌保博光から見た地球温暖化地球温暖化

    2004年、地球温暖化防止を掲げ、飛行機をチャーターして中国で植林事業を行うNGO活動を発足。軌保博光 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山茂徳

    丸山茂徳から見た地球温暖化地球温暖化

    専門分野ではないが、地球温暖化に関する主張(IPCC第4次評価報告書等)に対して否定的な意見を持っており、いくつかの著書を出したり、温暖化を肯定する研究者と討論を行ったり等といった活動をしている。丸山茂徳 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ノードハウス

    ウィリアム・ノードハウスから見た地球温暖化地球温暖化

    ウィリアム・ノードハウス(、1941年5月31日 - )は、ニューメキシコ州アルバカーキ生まれのアメリカの経済学者である。イェール大学教授で、専門は経済学(賃金、価格、生産性など)、景気循環論、保健経済学、環境経済学、気候変動問題、地球温暖化問題などである。ウィリアム・ノードハウス フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見た地球温暖化地球温暖化

    また、地球温暖化の影響でハマダラカが越冬できる地域が広がったことにより、感染地域が広がる危険性についても指摘されている。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ホリデー (企業)

    ホリデー (企業)から見た温暖化地球温暖化

    2008年 温暖化防止に貢献するためチーム・マイナス6%参加。ホリデー (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 環境委員会

    環境委員会から見た地球温暖化地球温暖化

    環境委員会は、衆議院、参議院にそれぞれ置かれる常任委員会である。環境委員会が最初に置かれたのは、参議院は2001年1月31日に召集された第151回国会、衆議院は1980年7月17日に召集された第92回国会である。衆参の環境委員会はそれぞれの議院規則により所管が定められており、環境省、公害等調整委員会所管のうち経済産業委員会の所管事項を除くものを対象とする(衆議院規則92条11号、参議院規則74条11号)。具体的には、環境保全、地球温暖化対策、公害対策等である。環境委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 環境基本計画

    環境基本計画から見た地球温暖化地球温暖化

    このうち、第3部第1章においては、地球温暖化対策、物質循環の確保と循環型社会の形成、環境への負荷の少ない交通、環境保全上健全な水循環の確保、化学物質対策、生物多様性の保全、環境教育・環境学習、環境投資等を、重点的に取り組む11の戦略的プログラムとして位置づけた。環境基本計画 フレッシュアイペディアより)

892件中 41 - 50件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード