113件中 91 - 100件表示
  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た過去の気温変化

    現在、地球表面の大気や海洋の平均温度は、1896年から1900年の頃(5年平均値)に比べ、0.75セルシウス度(±0.18)暖かくなっており、1979年以降の観測では下部対流圏温度で10年につき0.12から0.22の割合で上昇し続けている。1850年以前、過去1000年から2000年前の間、地表の気温は中世の温暖期や小氷期のような変動を繰り返しながら比較的安定した状態が続いていた。しかしボーリングに得られた過去の各種堆積物や、樹木の年輪、氷床、貝殻などの自然界のプロキシを用いて復元された過去1300年間の気温変化より、近年の温暖化が過去1300年間に例のない上昇を示していることが明らかとなった(AR4)(過去の気温変化の項も参照)。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たツバル

    浸水被害の増加、低い土地の水没。オセアニアの島国ツバル、ヴェネツィアの歴史的建造物の水没、等々。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たエルニーニョ現象

    水温の変動幅拡大に伴う異常水温現象の増加。太平洋熱帯域でのエルニーニョ現象の増強。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た地球寒冷化

    地球の気候に関しては、1970年代には「地球寒冷化」の可能性が取りざたされたこともあった。しかしこの寒冷化説は根拠に乏しく、科学的に調べていく過程で、実は地球が温暖化していることが明らかとなっていった。一般の間でも寒冷化説が広まっていたが、1988年にアメリカ上院の公聴会におけるJ.ハンセンの「最近の異常気象、とりわけ暑い気象が地球温暖化と関係していることは99%の確率で正しい」という発言が、「地球温暖化による猛暑説」と報道され、これを契機として地球温暖化説が一般にも広まり始めた。国際政治の場においても、1992年6月の環境と開発に関する国際連合会議(地球サミット)にて気候変動枠組条約が採択され、定期的な会合(気候変動枠組条約締約国会議、COP)の開催が規定された。研究が進むにつれ、地球は温暖化しつつあり、人類の排出した温室効果ガスがそれに重要な役割を果たしているということは、議論や研究が進む中で科学的な合意(コンセンサス)となっていった。このコンセンサスは2001年のIPCC第3次評価報告書(TAR)、2006年のスターン報告、2007年のIPCC第4次評価報告書(AR4)などによって集約された。問題提起から約20年を経て、その対策の必要性は国際的かつ学術的に広く認められるに至っている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た小氷期

    現在、地球表面の大気や海洋の平均温度は、1896年から1900年の頃(5年平均値)に比べ、0.75セルシウス度(±0.18)暖かくなっており、1979年以降の観測では下部対流圏温度で10年につき0.12から0.22の割合で上昇し続けている。1850年以前、過去1000年から2000年前の間、地表の気温は中世の温暖期や小氷期のような変動を繰り返しながら比較的安定した状態が続いていた。しかしボーリングに得られた過去の各種堆積物や、樹木の年輪、氷床、貝殻などの自然界のプロキシを用いて復元された過去1300年間の気温変化より、近年の温暖化が過去1300年間に例のない上昇を示していることが明らかとなった(AR4)(過去の気温変化の項も参照)。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た炭素

    複数の温室効果ガスを合算して取り扱う際は二酸化炭素または炭素の量に換算する場合が多い。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たブナ林

    日本においては、ブナ林分布域の大幅減少や農業への深刻な影響。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た地球温暖化の原因

    地球温暖化に関しては、その原因や影響、対策の効果などについて懐疑論も見られる。影響は広範囲に及び、対策もまた大規模になると予測されているため、その具体的な緩和策に関する議論も多い。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た感染症

    低緯度の感染症(マラリアなど)の拡大地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たアメリカ合衆国上院

    地球の気候に関しては、1970年代には「地球寒冷化」の可能性が取りざたされたこともあった。しかしこの寒冷化説は根拠に乏しく、科学的に調べていく過程で、実は地球が温暖化していることが明らかとなっていった。一般の間でも寒冷化説が広まっていたが、1988年にアメリカ上院の公聴会におけるJ.ハンセンの「最近の異常気象、とりわけ暑い気象が地球温暖化と関係していることは99%の確率で正しい」という発言が、「地球温暖化による猛暑説」と報道され、これを契機として地球温暖化説が一般にも広まり始めた。国際政治の場においても、1992年6月の環境と開発に関する国際連合会議(地球サミット)にて気候変動枠組条約が採択され、定期的な会合(気候変動枠組条約締約国会議、COP)の開催が規定された。研究が進むにつれ、地球は温暖化しつつあり、人類の排出した温室効果ガスがそれに重要な役割を果たしているということは、議論や研究が進む中で科学的な合意(コンセンサス)となっていった。このコンセンサスは2001年のIPCC第3次評価報告書(TAR)、2006年のスターン報告、2007年のIPCC第4次評価報告書(AR4)などによって集約された。問題提起から約20年を経て、その対策の必要性は国際的かつ学術的に広く認められるに至っている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

113件中 91 - 100件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード