113件中 101 - 110件表示
  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た南極氷床

    ここ1993-2003年の間に観測された海面上昇は、熱膨張による寄与がもっとも大きい(1.6±0.5mm/年)。ついで氷河と氷帽(0.77±0.22mm/年)、グリーンランド氷床(0.21±0.07mm/年)、南極氷床(0.21±0.35mm/年)とつづく。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たアルベド

    アルベドの変化(土地利用の変化など)地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た温度

    地球温暖化(ちきゅうおんだんか、)とは、気候変動の一部で、地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に上昇する現象である。最近のものは、温室効果ガスなどの人為的要因や、太陽エネルギーの変化などの環境的要因によるものであるといわれている。単に「温暖化」とも言われている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た降雪量

    地球温暖化は、気温や水温を変化させ、海面上昇、降水量(あるいは降雪量)の変化やそのパターン変化を引き起こすと考えられている。洪水や旱魃、酷暑やハリケーンなどの激しい異常気象を増加・増強させる可能性や、生物種の大規模な絶滅を引き起こす可能性も指摘されている。大局的には地球全体の気候や生態系に大きく影響すると予測されている。ただし、個々の特定の現象を温暖化と直接結びつけるのは現在のところ非常に難しい。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た一酸化二窒素

    二酸化炭素は、人為起源の温室効果ガスの中で、最も影響が大きい。この他、メタン、一酸化二窒素、ハロカーボン類なども影響したと考えられる。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た北海道

    例えば日本南部ではデング熱が流行する危険性が増し、北海道や東北地方ではゴキブリなどの害虫が見られるようになる。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た地球放射

    要因ごとに地球温暖化への影響力は異なり、放射強制力で表される。放射強制力が増加すると、地球に入る太陽放射エネルギーと地球から出る地球放射エネルギーとのバランスが崩れ、バランスが取れるようになるまで気温が上昇し、地球温暖化が進むと考えられている。二酸化炭素やメタンは環境中での寿命が長く影響力も大きいとされる一方、水蒸気のように相反する効果を併せ持つものもある。オゾンは対流圏と成層圏で働きが異なると考えられている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た氷河融解

    気温の上昇により氷床・氷河の融解が加速されたり海水が膨張すると、海面上昇が発生する。これに関しては下記のような予測や見積もりが為されている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た氷帽

    ここ1993-2003年の間に観測された海面上昇は、熱膨張による寄与がもっとも大きい(1.6±0.5mm/年)。ついで氷河と氷帽(0.77±0.22mm/年)、グリーンランド氷床(0.21±0.07mm/年)、南極氷床(0.21±0.35mm/年)とつづく。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たオセアニア

    浸水被害の増加、低い土地の水没。オセアニアの島国ツバル、ヴェネツィアの歴史的建造物の水没、等々。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

113件中 101 - 110件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード