113件中 61 - 70件表示
  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たFREEDOM-PROJECT

    FREEDOM』2006-2007年、日本地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たホッキョクグマ

    寒冷地に生息する動物(ホッキョクグマ、アザラシなど)の減少。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た第33回主要国首脳会議

    温暖化の主因と見られる人為的な温室効果ガスの排出量を削減するため、京都議定書が1997年に議決され2005年に発効し、議定書の目標達成を目処に削減が行われてきた。欧州では順調に削減が進み、目標達成の目処が立っている。しかし主要排出国の米国が参加しておらず、また先進国のカナダが目標達成をあきらめたり、日本が削減義務達成に失敗しそうな情勢になっている。途上国の排出量を抑制する道程も定まっていない。その一方で、温暖化の被害を最小にするには、京都議定書より一桁多い温室効果ガスの排出量削減率が必要とされる。2007年のハイリゲンダムサミットにおいては「温室効果ガスを2050年までに半減する」という目標が掲げられたが、具体的な削減方法や負担割合については調整がつかず、2007年12月の温暖化防止バリ会議(COP13)においても数値目標を定めるには至っていない。しかし、国際政治の舞台では温暖化問題あるいは温暖化対策が主要な議題とされることが多くなってきているのは明白である。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た気候システム

    気候システムは、自然の内部的プロセスと外部からの強制力への応答との両方によって変化する。外部強制力には人為的要因と非人為的(自然)要因がある。その外部強制力には、下記のようなものがある。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た熱帯雨林

    熱帯雨林の乾燥化や崩壊。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たアザラシ

    寒冷地に生息する動物(ホッキョクグマ、アザラシなど)の減少。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た海水面

    地球表面の大気や海洋の平均温度は「地球の平均気温」または「地上平均気温」と呼ばれ、地球全体の気候の変化を表す指標として用いられており、19世紀から始まった科学的な気温の観測をもとに統計が取られている。地球の平均気温は1906年から2005年の100年間で0.74℃(誤差は±0.18)上昇しており、長期的に上昇傾向にある事は「疑う余地が無い」と評価されている。上昇のペースは20世紀後半以降、加速する傾向が観測されている。これに起因すると見られる、海水面(海面水位)の上昇や気象の変化が観測され、生態系や人類の活動への悪影響が懸念されている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た氷床

    気温の上昇により氷床・氷河の融解が加速されたり海水が膨張すると、海面上昇が発生する。これに関しては下記のような予測や見積もりが為されている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た不都合な真実

    不都合な真実』2006年、アメリカ地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た気候モデル

    原因の解析には地球規模で長大な時間軸に及ぶシミュレーションが必要であり、膨大な計算量が必要である。計算に当たっては、直接観測の結果に加え、過去数万年の気候の推定結果なども考慮して、様々な気候モデルを用いて解析が行われる。解析の結果、地球温暖化の影響要因としては、環境中での寿命が長い二酸化炭素・メタンなどの温室効果ガスの影響量が最も重要であるとされる。この他、エアロゾル、土地利用の変化など様々な要因が影響するとされる。こうした解析においては、科学的理解度が低い部分や不確実性が残る部分もあり、それが批判や懐疑論の対象になる場合もある。実際のところ、数億年前まで遡って考えると、二酸化炭素濃度は現在より圧倒的に高い。しかしこのような不確実性を考慮しても、温暖化のリスクが大きいことが指摘されている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

113件中 61 - 70件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード