139件中 71 - 80件表示
  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た水素自動車

    電気自動車、水素自動車、バイオ燃料などの開発が活発である。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た化石燃料

    この報告書は気候システムおよび気候変化について評価を行っている。多くの観測事実とシミュレーション結果に基づき、人間による化石燃料の使用が地球温暖化の主因と考えられ、自然要因だけでは説明がつかないことを指摘している。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た気候因子

    それぞれの原因が気候に与える影響に関しては、科学的な理解水準が異なる。温室効果ガスに対する科学的理解度は比較的高いが、雲や太陽放射変化などの気候因子は理解水準がまだ比較的低い。専門家の間で意見が分かれる事柄もあり、報告書にも「意見の一致度」として評価結果が記載されている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た偏西風

    偏西風の蛇行、異常気象の増加。日本周辺の気候にも大きな影響を与える可能性。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たFREEDOM-PROJECT

    FREEDOM』2006-2007年、日本地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見たホッキョクグマ

    寒冷地に生息する動物(ホッキョクグマ、アザラシなど)の減少。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た地球温暖化への対応の動き

    議論の末、2009年6月には2020年の温室効果ガス削減の中期目標を「真水」分で1990年比で-8%(2005年比で-15%)とする方針が発表された。これは外国からの排出枠購入や森林による吸収分を含まない数値である。日本の目標に対しては、国内外から様々な反応が出ている。産業への影響を懸念する声の一方でビジネスチャンスを指摘する声、また削減目標を評価する一方で削減幅の不足を指摘する意見なども見られる(地球温暖化への対応の動きを参照)。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た第33回主要国首脳会議

    温暖化の主因と見られる人為的な温室効果ガスの排出量を削減するため、京都議定書が1997年に議決され2005年に発効し、議定書の目標達成を目処に削減が行われてきた。欧州では順調に削減が進み、目標達成の目処が立っている。しかし主要排出国の米国が参加しておらず、また先進国のカナダが目標達成をあきらめたり、日本が削減義務達成に失敗しそうな情勢になっている。途上国の排出量を抑制する道程も定まっていない。その一方で、温暖化の被害を最小にするには、京都議定書より一桁多い温室効果ガスの排出量削減率が必要とされる。2007年のハイリゲンダムサミットにおいては「温室効果ガスを2050年までに半減する」という目標が掲げられたが、具体的な削減方法や負担割合については調整がつかず、2007年12月の温暖化防止バリ会議(COP13)においても数値目標を定めるには至っていない。しかし、国際政治の舞台では温暖化問題あるいは温暖化対策が主要な議題とされることが多くなってきているのは明白である。全世界的な目標提示あるいは更なる削減の枠組みとして、現在は「ポスト京都議定書」の議論が進んでいる。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た海水準変動

    大気や海洋の平均温度の上昇に加えて、生態系の変化や海水面上昇による海岸線の浸食といった、気温上昇に伴う二次的な諸問題を含めて「地球温暖化問題」と呼ばれる。温暖化が将来の人類や環境へ与える悪影響を考慮して対策を立て実行され始めている。一方で、対策のコストが非常に大きくなると見られており、その負担や政策的な優先度に関して国際的な議論が行われている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た気候システム

    気候システムは、自然の内部的プロセスと外部からの強制力への応答との両方によって変化する。外部強制力には人為的要因と非人為的(自然)要因がある。その外部強制力には、下記のようなものがある。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

139件中 71 - 80件表示

「地球温暖化」のニューストピックワード