122件中 91 - 100件表示
  • 川本勇

    川本勇から見た地産地消地産地消

    彼が代表を務める特定非営利活動法人『びわ湖カンパニー』と連動しており、番組を通じて、滋賀県の環境保全や地産地消の推進に取り組んでいる。川本勇 フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保バーガー

    佐世保バーガーから見た地産地消地産地消

    2007年(平成19年)1月に「佐世保バーガー認定制度」が創設された。佐世保市の保健福祉部や旅行業界関係者などが、「独自性・主体性」「信頼性」「地産地消」「手づくり」などの項目を基準に審査し、合格した佐世保市内の店舗に限り「佐世保バーガー認定店」としている。認定店舗は、店の前に佐世保バーガーボーイのイラストが入った認定証(看板)を設置しているので確認することができる。しかし、佐世保市外のハンバーガーに対しての拘束力はなく、全国には認定店ではない「佐世保バーガー」を名乗る業者が多い。そんな中で、佐世保市外でも佐世保市が「佐世保バーガー」と認定する佐世保市出身者は、「佐世保バーガー観光大使」に任命している。佐世保バーガー フレッシュアイペディアより)

  • 食文化

    食文化から見た地産地消地産地消

    現代社会のグローバリズムの中で、それぞれの食文化は均一化の方向へ向かっている。欧米企業を主体にしたファストフード店が、世界各国の地方都市にまで展開していたり、インスタント食品やスナック菓子などが流通している。しかし、他方で郷土料理の見直し、地産地消、スローフード運動が起きている。食文化 フレッシュアイペディアより)

  • 牛タン

    牛タンから見た地産地消地産地消

    ところで、誕生の経緯からも、庶民の味として安価に供するためにも、仙台牛タン焼きは、脂肪の付き具合いが良い米国産でなくてはならないという考え方がある。実際、材料の牛タンは、その殆どが輸入品である。しかし、農畜産物・水産物の地元での生産と消費(地産地消)を目指している宮城県で、輸入物の牛タンを名物と称するには疑問の声もある。そういう指摘もあってか、地元の高級和牛牛肉である仙台牛を使った牛タン焼きの店も出てきた。一方、頑なに伝統を守ってアメリカ産牛肉を使っている店の中には、「仙台名物」 という代わりに、料理法および食べ方が仙台での発祥なのだとして「仙台発祥」と表現している店もある。牛タン フレッシュアイペディアより)

  • 泡盛

    泡盛から見た地産地消地産地消

    原料の米は、主にタイ産インディカ米の砕米が用いられるが、近年では地産地消の動きに伴って県内産のジャポニカ米を使ったものも生産されている。3年以上貯蔵したものは古酒(クース)と呼ばれる。泡盛 フレッシュアイペディアより)

  • スローフード

    スローフードから見た地産地消地産地消

    スローフード()とは、その土地の伝統的な食文化や食材を見直す運動、または、その食品自体を指すことば。日本の伝統的な和食や郷土料理への回帰とは限らない。また、「地産地消」と同義ではない。スローフード フレッシュアイペディアより)

  • 町田市

    町田市から見た地産地消地産地消

    牛乳(明治時代、横浜居住の外国人向けの牛乳生産を行ったことに由来。戦後、東京への牛乳供給地として立地する。現在、相原・小山地区の酪農家による農事組合法人「東京みるく工房ピュア」が乳製品、イタリアンジェラートの販売を行っている。また、東京発地産地消牛乳「東京牛乳」の原乳生産も行っている。)町田市 フレッシュアイペディアより)

  • レモン

    レモンから見た地産地消地産地消

    日本での栽培地は主に、蜜柑などの柑橘類の栽培地と同じである。耐寒性は?2??4度までだが、風の強い地域や霜の降りる地域では防寒対策が必要となる。トゲの多い品種ではかいよう病の原因となり易いので風の少ないところで栽培するか長いトゲを切ってしまう必要がある。潮風に強いため、海岸沿いでの栽培も可能となっている(香川県や広島県、愛媛県など瀬戸内地方が多い。温州みかんの生産量が多い和歌山県でも栽培されている)。1本で100個から150個ほどの果実が採れる。栽培される種類も比較的豊富である。栽培本数が少ないため、日本国産のほとんどは地産地消されている。日本国産は日本国外産のようにポストハーベスト農薬の心配がなく、特に無農薬物は日本国外産に比べて2倍から4倍の高値で取引される。レモン フレッシュアイペディアより)

  • セブン-イレブン

    セブン-イレブンから見た地産地消地産地消

    オリジナル商品の中には、地域の特産物を利用したものを地産地消と絡めて展開することが多い。なお、2008年(平成20年)に岡山県、2009年(平成21年)は千葉県、2010年(平成22年)には愛知県との間で包括協定が結ばれており、同県の特産物や名産品を利用したオリジナル商品が開発されている。セブン-イレブン フレッシュアイペディアより)

  • 八王子市

    八王子市から見た地産地消地産地消

    西部の山地・丘陵の農地では、サル・イノシシなどの獣害対策が課題となっており、ボランティアによる駆除活動が行われている。2007年には道の駅八王子滝山内に農産物直売所「ファーム滝山」がオープンし地産地消を推進する拠点となっている。八王子市 フレッシュアイペディアより)

122件中 91 - 100件表示

「地産地消」のニューストピックワード