156件中 91 - 100件表示
  • 牛タン

    牛タンから見た地産地消地産地消

    ところで、誕生の経緯からも、庶民の味として安価に供するためにも、仙台牛タン焼きは、脂肪の付き具合いが良い米国産でなくてはならないという考え方がある。実際、材料の牛タンは、その殆どが輸入品である。しかし、農畜産物・水産物の地元での生産と消費(地産地消)を目指している宮城県で、輸入物の牛タンを名物と称するには疑問の声もある。そういう指摘もあってか、地元の高級和牛牛肉である仙台牛を使った牛タン焼きの店も出てきた。一方、頑なに伝統を守ってアメリカ産牛肉を使っている店の中には、「仙台名物」 という代わりに、料理法および食べ方が仙台での発祥なのだとして「仙台発祥」と表現している店もある。しかし、牛タンの原料供給の9割を米国からの輸入に頼っていたため、2004年、大手牛丼チェーンと同様、牛海綿状脳症(BSE)発生によるアメリカ産牛肉輸入停止の影響を大いに受けてしまった。アメリカ産に替えてオーストラリア産牛肉にシフトする店もあるが、頑なにアメリカ産に拘った店は、在庫不足に陥って、牛タン料理の提供を取り止めている店舗が生じている。中には支店を撤退させたり、廃業した業者もある。牛タン フレッシュアイペディアより)

  • みまつ食品

    みまつ食品から見た地産地消地産地消

    主に餃子や焼売のチルド食品・冷凍食品の製造販売を行っており、一日あたりの餃子の生産能力は約100万個である。原料は可能な限り県内産を使用して地産地消に取り組んでいる。小学生の社会科見学・高校生のインターン・餃子教室・旗振り・朝の清掃など地域貢献活動や、照明のLED化・キャベツサイダーなど環境配慮に取り組んでいる。HACCP対応の衛生管理を行っている。みまつ食品 フレッシュアイペディアより)

  • ドリームフーズ

    ドリームフーズから見た地産地消地産地消

    メニューの「近江ちゃんぽん」は野菜をふんだんに用いることが特徴で、一部店舗で供される「白菜ちゃんぽん」の白菜には、地産地消を意識して滋賀県産の白菜を用いている。ドリームフーズ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーギル

    ブルーギルから見た地産地消地産地消

    魚粉として肉骨粉の代わりに畜産(養鶏・養豚など)飼料や魚類の養殖飼料や有機肥料として利用される。外来魚駆除の取り組みとして地産地消品として有効利用されている。ブルーギル フレッシュアイペディアより)

  • 養老渓谷温泉

    養老渓谷温泉から見た地産地消地産地消

    房総半島のほぼ中央、市原市と夷隅郡大多喜町の境付近の養老川沿いに位置し、十数軒の温泉旅館がある。房総半島の中央付近に位置するため、海、山、川、平野のすべての食材が簡単に入手でき、山菜、タケノコ、鰹、鮎、鰻、キノコ、猪豚鍋など四季折々の地産地消料理が各旅館で提供される。養老渓谷温泉 フレッシュアイペディアより)

  • フードマイレージ

    フードマイレージから見た地産地消地産地消

    基本的には「食料品は地産地消(生産地と消費地が近いこと)が望ましい」という考え方に基づく。生産地と消費地が遠くなると輸送にかかわるエネルギーがより多く必要になり、地球環境に大きな負荷を掛けることになるほか、生産地と消費地が異なる国で発展途上国と先進国という組み合わせだった場合には特に顕著だが、生産地が消費地からの大きな経済的圧迫を受けるといった問題も指摘されている。フード・マイレージの数値が大きければ大きいほど、その消費地は食料に関して贅を尽くしているとされる。フードマイレージ フレッシュアイペディアより)

  • アプロヴェチョ

    アプロヴェチョから見た地産地消地産地消

    アプロヴェチョ持続可能性教育センターは自然の土地を活用して持続可能性な生活スキルの実践と教育に焦点を当てたセンターである。年に2回、センターは有機農業や適正技術と持続可能な林業の分野において実習を通じた訓練を行っている。地産地消、保存食品、自然食品と栄養、山菜や野の可食物の採取、パン焼き、発酵、海藻や塩の収穫、種の保存、その他にも焦点を当てている。アプロヴェチョ フレッシュアイペディアより)

  • 伊達市 (北海道)

    伊達市 (北海道)から見た地産地消地産地消

    伊達市の産業別就業者数は「平成22年国勢調査」によると第一次産業の割合が10.6 %、第二次産業の割合が18.9 %、第三次産業の割合が70.5 %になっており、第一次産業の比率が比較的高くなっている。伊達市では市内で産出される食資源を地域おこしに結びつける「伊達ウェルシーフード構想」を策定しており、農業、水産業、畜産業のみならず、加工業、小売業、飲食業の事業者や消費者である市民が一体となり、地域ブランドの確立や地産地消の推進など「食」に関わる取り組みを行っている。農業は、稲作や畑作に観賞用の草花を栽培する花卉を加えた「耕種部門」と、酪農に肉牛・豚・鶏などの飼育・生産を合わせた「酪農畜産部門」に大きく分けることができる。伊達地域において温暖な気候のもとで野菜を生産しており、札幌などの主要市場へ出荷している。大滝区では山岳丘陵地の畜産とわずかな平坦地において根菜などの寒冷地作物の栽培が中心になっている。また、近年はアロニアの栽培にも取り組んでいる。林業は、間伐で不要になった木材(カラマツ)を原料とした「木質ペレット」の生産を行っている。水産業は、内浦湾(噴火湾)養殖漁業の要所としてホタテガイなどの貝類を主体とした養殖業が盛んであるほか、「さけ・ますふ化場」を設置してサケの安定的な回帰を図っている。また、北海道栽培漁業振興公社伊達事業所ではマツカワの種苗を放流している。商業は、網代町や市役所通りを中心に商店街を形成しているほか、国道37号沿いを中心に路面店がある。工業団地は「松ヶ枝地区中小企業団地」と「伊達長和工業団地」がある。観光は、伊達地域には「有珠善光寺」や「史跡北黄金貝塚公園」などの歴史探勝地があるほか、「伊達市観光物産館」(道の駅だて歴史の杜)は農産物など地場産品の販売や観光情報を発信する拠点になっている。大滝区は国民保養温泉地「北湯沢温泉」をはじめ、「ホロホロ山自然休養林」や「三階滝公園」(三階滝)があり、変化に富んだ丘陵や森はノルディックウォーキングやクロスカントリースキーのコースになっている。伊達市 (北海道) フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化への対策

    地球温暖化への対策から見た地産地消地産地消

    食生活 - 肉類の消費を抑えるなど畜産産業に関係するものを利用しないことで温室効果ガスを抑制することができる。2006年の国際連合食糧農業機関(FAO)の報告では、畜産は交通より18%多い温室効果ガスを出していると報告している。食品に関しては、地産地消・フードマイレージの低減・(栽培に必要なエネルギー消費が最小となる)適地適作の視点から最適なものを購入する。地球温暖化への対策 フレッシュアイペディアより)

  • 天吹酒造

    天吹酒造から見た地産地消地産地消

    主に特定名称酒や生酒を商品としている。とても華やかで香り高く、優しい味わい。花酵母にはそれぞれ優雅な香り、味わい深い味、爽快な酸味など個性があり、料理や好みに合わせ選択できる。また吟醸酒粕を再利用し吟醸粕取焼酎の生産も行っている。地産地消も実施しており、地元向けに地元産の食用米を使って安価で販売している。天吹酒造 フレッシュアイペディアより)

156件中 91 - 100件表示

「地産地消」のニューストピックワード