156件中 101 - 110件表示
  • 増田寛也

    増田寛也から見た地産地消地産地消

    ベストセラーになった鎌田實の『がんばらない』をいち早く取り入れて宣言を出した。「がんばる」という言葉は、日本の経済成長一辺倒の象徴であるとし、「自然体に生きて行こうという意識の象徴」として「岩手はがんばりません」というスローガンを掲げた。県の出した広告では「岩手県は、経済成長一辺倒を反省し、より自然に、素顔のまま生きていけるような取り組みを推進します」と称され、例えば地産地消を基本とするスローフード的な食の安全の推進などの政策となって現れた。ただし、内向けには「がんばります」がスローガンとなっている。増田寛也 フレッシュアイペディアより)

  • キヌア

    キヌアから見た地産地消地産地消

    また過去には地産地消の作物として栽培されていたが、換金作物として作付面積の急拡大や高収量を目指した地力を越えた栽培による環境負荷の増大も懸念されている。キヌア フレッシュアイペディアより)

  • キチジ

    キチジから見た地産地消地産地消

    旬は冬。脂がよく乗っている為、焼魚・鍋・煮魚にすると特に美味である。白身でくせがなく、あらゆる料理に活用できる。身は軟らかく、小骨が少ない為、老人や子供にも食べやすい。20世紀の前半はトロール網などで大量に捕れ、安価な魚であったが、近年は旬が冬季である為に、漁の安定性が確保できないこと、扱う漁師の減少等の影響、近年の燃料価格の高騰も重なり、漁獲高が減少して流通量が減少すると、逆にマスコミに注目されるようになり、水揚げが最も多い北海道沖等では、網走漁業協同組合が「釣きんき」を商標登録するなど、地産地消の一環でブランド化しており、価格の高騰が続いている。キチジ フレッシュアイペディアより)

  • 高野誠鮮

    高野誠鮮から見た地産地消地産地消

    1955年(昭和30年)11月2日、石川県羽咋市大田町出身。1973年(昭和48年)石川県立羽咋高等学校卒業。上京し、日本テレビの11PMなどの放送作家となる。その後、立正大学仏教学部を卒業。1984年(昭和59年)羽咋市役所勤務(UFOでまちづくりを開始)1996年(平成8年)7月1日、宇宙博物館「コスモアイル羽咋」が開館。2005年(平成17年)1.5次産業振興室創設(農山漁村活性化計画に着手)神子原の取り組みが毎日地方自治大賞特別賞を受賞。10月21日 、 ローマ法王に神子原米を献上。2007年(平成19年)自立・自活する山村集落づくり「山彦計画」が「立ち上がる農山漁村(農林水産省)」に選定(官邸有識者会議に先駆的事例として出席)。2008年(平成20年)総務省「地域力創造アドバイザー」として京丹後市での活動を開始。。2009年(平成21年)「全国地産地消推進協議会長賞」特別賞受賞(神子の里)。2011年(平成23年)10月2日、TBS『夢の扉+』に出演。2012年(平成24年)1月、自然栽培米『神子米』がパリの「三ツ星」店へ進出。高野誠鮮 フレッシュアイペディアより)

  • 地域おこし協力隊

    地域おこし協力隊から見た地産地消地産地消

    農林水産業・産業 - 農林水産業への従事、地場産品の販売、地産地消の推進など地域おこし協力隊 フレッシュアイペディアより)

  • みんなが出るテレビ

    みんなが出るテレビから見た地産地消地産地消

    初回の放送では、ラーメン、寿司、カレー、ハンバーグ、とんかつといった食べ物5つから街頭調査を行い、その結果、カレーが圧倒的な人気を集めた。その後、女子大生リポーター数名によるオリジナル・カレーの試作や神奈川県のJAの取材などを経て、2008年2月、女子大生リポーターのアイデアを基に『神奈川県地産地消みんなのカレー』として開発。2008年3月3日、tvkカフェにて50食限定で販売。販売開始から2時間30分で完売し、プロジェクトは終了した(この模様は2008年3月11日に放送)。みんなが出るテレビ フレッシュアイペディアより)

  • トーブ

    トーブから見た地産地消地産地消

    世界的に見ても民族衣装は地産地消が一般的であるが、トーブについては日本を筆頭に韓国、インドネシア、中国、パキスタンといった諸外国からの輸入品で賄われている。中東諸国で消費される高級品トーブのトップシェアを持つ東洋紡では、繊維業は生産に水が不可欠であるため、水不足が深刻な中東諸国では物理的に難しいとコメントしている。女性用民族衣装のアバヤも同様に輸入に頼っている。トーブ フレッシュアイペディアより)

  • みき (飲料水)

    みき (飲料水)から見た地産地消地産地消

    鹿児島県の奄美大島では、家庭で作ったり、豆腐店などが作った自家製のものが販売されたりしている他、小規模な工場でプラスチックボトルや紙パック詰めされた商品が販売されている。発酵の度合いや砂糖の割合などの差で、製造業者毎に風味の違いがある。多くは賞味期限が短いため、奄美大島内でも流通は限られており、地産地消が中心である。みき (飲料水) フレッシュアイペディアより)

  • 佐世保バーガー

    佐世保バーガーから見た地産地消地産地消

    2007年(平成19年)1月に「佐世保バーガー認定制度」が創設された。佐世保市の保健福祉部や旅行業界関係者などが、「独自性・主体性」「信頼性」「地産地消」「手づくり」などの項目を基準に審査し、合格した佐世保市内の店舗に限り「佐世保バーガー認定店」としている。認定店舗は、店の前に佐世保バーガーボーイのイラストが入った認定証(看板)を設置しているので確認することができる。しかし、佐世保市外のハンバーガーに対しての拘束力はなく、全国には認定店ではない「佐世保バーガー」を名乗る業者が多い。そんな中で、佐世保市外でも佐世保市が「佐世保バーガー」と認定する佐世保市出身者は、「佐世保バーガー観光大使」に任命している。佐世保バーガー フレッシュアイペディアより)

  • ルバーブ

    ルバーブから見た地産地消地産地消

    第二次世界大戦は英国と米国でルバーブの人気が低迷するきっかけとなった。戦時中に砂糖や燃料が配給制となり、熟練労働者が不足すると、ルバーブの温室栽培は打撃を受けた。戦後になってもそれまでの生産量水準が回復されることはなかった。米国のルバーブ消費は長期にわたって低迷し、1980年ごろにはヨーロッパ系の高齢者にしか好まれない傾向もあった。しかし、さらに近年になると、健康や地産地消などへの意識の高まりから徐々に再び注目されるようになった。ルバーブ フレッシュアイペディアより)

156件中 101 - 110件表示