156件中 111 - 120件表示
  • 大和野菜

    大和野菜から見た地産地消地産地消

    奈良県農林部は、1991年(平成3年)5月、伝統野菜産地育成検討会で「大和まな」と「祝だいこん」の取組を開始、翌92年(平成4年)には「宇陀ごぼう」「丸なす」で奈良県経済連に補助を決めた。これらの取組は一旦立ち消えになったが、2002年(平成14年)に川西町商工会が「結崎ネブカ」の復活に着手。2004年(平成16年)には県が大和野菜振興対策事業を策定し、農家の自家需要など地域で大切に自家採種されてきた固有の伝統野菜を次の世代に残して発展させ、産地の地域おこし、地産地消、大都市圏向けの地域ブランド化、観光・飲食産業への活用、遺伝資源の保存などにつなげるという観点から、2005年(平成17年)10月5日に在来種である「大和の伝統野菜」10品目と栽培等に工夫を加えた「大和のこだわり野菜」4品目を「大和野菜」に指定した。 以後、漸次追加指定され、2014年末現在、「大和の伝統野菜」20品目、「大和のこだわり野菜」5品目となっている。また、指定されていない在来野菜も約30品目確認されている。大和野菜 フレッシュアイペディアより)

  • ラッキーピエロ

    ラッキーピエロから見た地産地消地産地消

    「地産地食」という言葉を用いて地産地消を進めており、肉や米は北海道産を用い、野菜類は店舗のある函館近隣で栽培されたものを極力採用するなど地元の食材を使用するようにしている。ラッキーピエロ フレッシュアイペディアより)

  • 宇部興産

    宇部興産から見た地産地消地産地消

    UBE DOGと渡辺翁記念会館をモチーフにした「記念館の見える街 with UBE DOG ロボくん」という洋菓子を宇部市内の創作洋菓子店である「創作洋菓子のロイヤル」が発売している。これは地産地消の推進を目的に山口県内の食材を使用して作られたもので、パッケージにはUBE DOGが使用されている。宇部興産 フレッシュアイペディアより)

  • 食文化

    食文化から見た地産地消地産地消

    現代社会のグローバリズムの中で、それぞれの食文化は均一化の方向へ向かっている面もある。欧米企業を主体にしたファストフード店が、世界各国に展開していたり、インスタント食品やスナック菓子などが流通している。とは言うものの、世界各国の各家庭では、親から子へと伝統的な家庭料理が伝授されつづけているし、郷土料理の再評価や、地元の食材を用いた料理の評価(地産地消)、「スローフード運動」も起きている。また、跡継ぎ問題もあって家庭料理だけでなく地域固有の郷土料理に詳しい継承者を育てる動きもある。食文化 フレッシュアイペディアより)

  • 地域通貨

    地域通貨から見た地産地消地産地消

    この他、事例としても注目すべきものが増えている。ドイツではREGIO(地方通貨)と呼ばれる運動が盛んになっており、バイエルン州南東部のキームガウアー(2003年発足)などの実践例が生まれつつある。アメリカではマサチューセッツ州西部のバークシャー郡でバークシェアーズという地域通貨が2006年9月に発足し、1年も経たないうちに100万ドル相当の地域通貨が地域内で流通している。両者とも地産地消型経済の推進を目的として運営されており、これらの成功が今後の世界の地域通貨の動向を示すものと思われる。地域通貨 フレッシュアイペディアより)

  • JAンビニANN・AN

    JAンビニANN・ANから見た地産地消地産地消

    2007年3月に秋田やまもと農業協同組合が地産地消運動の一環として開業した。店舗の運営は同組合の女性部員がおこない、「地域密着」と「食の安全」をコンセプトにしており、地元組合員から直接仕入れた新鮮な食材だけを用いることにより人気を呼んでいる。店舗に来られない高齢者世帯に対して配送事業もおこなっている。JAンビニANN・AN フレッシュアイペディアより)

  • 小樽あんかけ焼そば

    小樽あんかけ焼そばから見た地産地消地産地消

    港町である小樽市は新鮮な魚介類に恵まれていることから、餡かけの具材の魚介類も美味、海産物豊富な小樽市にふさわしいメニューとのとの評判もある。ただし地産地消の要素は比較的少ないため、「小樽らしくない」との批判もあるが、市民に根ざした歴史があることから、60年以上かけて小樽市民が作って守り続けてきた食文化として、過疎の進む小樽の再生の切り札にもなり得るとも意見されている小樽あんかけ焼そば フレッシュアイペディアより)

  • 霞ヶ浦

    霞ヶ浦から見た地産地消地産地消

    現在の霞ヶ浦で主に漁獲されるのはワカサギ・シラウオ・コイ・フナ・ウナギ・アユ・ボラ・レンギョ(ハクレンなど)・イサザアミなど。エビ・イサザアミ・ゴロ・コイなどの量が多く、またワカサギやシラウオなどは付加価値が大きいため、重要な魚種となっている。少量ではあるが、タナゴ亜科・サヨリ・ウグイ・ドジョウ・スズキ(セイゴ)・ヒガイ・ソウギョ・ブラックバス・アメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)・ペヘレイなども漁獲されている。ただ、特にブラックバスやペヘレイなどの魚種は現在のところほとんど商品価値がなく、あまり利用されていない。また、アユは最近になって漁獲されるようになっている。水揚げされたアメリカナマズ、ブルーギル、ブラックバス、ハクレンなどを用い、管理された原料・環境で魚粉が製造され養鶏飼料から始まり魚類の養殖飼料や有機肥料として利用されて地産地消品として有効利用されている。霞ヶ浦 フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅萩しーまーと

    道の駅萩しーまーとから見た地産地消地産地消

    2015年(平成27年)1月30日、国土交通省により地域活性化の拠点として特に優れた「全国モデル道の駅」6か所のひとつに選定された。選定理由のひとつとして、萩漁港の水揚げ高の約15%を販売することで、地産地消に貢献していることをあげている。道の駅萩しーまーと フレッシュアイペディアより)

  • 居酒屋

    居酒屋から見た地産地消地産地消

    ローマ時代も相変わらず居酒屋は下賤なものとされたが、第2代皇帝ティベリウスや第3代カリグラ、第4代クラウディウス、第5代ネロ、第8代ウィテリウス、第17代ルキウス・ウェルス、第18代コンモドゥスの歴代皇帝は居酒屋通いをしていたとされる。特にティベリウスは『ビベリウス(のみ助)』のあだ名を称されるほどの酒好きであった。ローマの居酒屋は大体夕方の16時に開店し、祭日ともなると深夜営業を行った。日没後は香を炊くなど客への配慮も怠らなかった。ローマ時代の居酒屋には飲酒と売春業の他に賭博業が新たに加わり、特にサイコロ賭博が盛んに興じられ娯楽性が強調されていく。居酒屋はローマ帝国の発展と共に各属州に広まっていくが、ローマ帝国の終焉と共に一度全滅の憂き目に遭う。中世初期の領主たちがギリシャやローマの貴族たちのように、自分の領地内での酒類の地産地消を行い、商売としての居酒屋を認めなかったためだ。居酒屋 フレッシュアイペディアより)

156件中 111 - 120件表示