156件中 131 - 140件表示
  • 武蔵野うどん

    武蔵野うどんから見た地産地消地産地消

    もともと郷土料理であるため、使用される小麦粉は武蔵野台地で生産されたものを使用する事が原則(地産地消)である。麺は、一般的なうどんよりも太く、色はやや茶色がかっている。加水率は低く塩分は高めである。コシがかなり強く、食感は力強い物でゴツゴツしている(つるりとはしていない)。食するときには麺は、ざるに盛って「ざるうどん」もしくは「もりうどん」とする。つけ麺の汁は、かつおだしを主とした強い味で甘みがある。シイタケ、ゴマなどを具として混ぜたものを、温かいまま茶碗ないしそれに近い大きさの器に盛る。ネギや油揚げなどの薬味を好みで混ぜ、汁をうどんにからませて食べる。豚肉の細切れを具にしたメニューの「肉汁うどん」などは明治時代中期以降の食べ方で、商業化された「武蔵野うどん」の店舗では「肉汁うどん」「きのこ汁うどん」が「武蔵野うどん」であるかのように近年売り出しているが、「武蔵野うどん」とは武蔵野地方で「手打ちうどん」と呼ばれるコシの強いうどんの麺を指す用語である。天ぷらうどんのような食べ方は元々なく、「糧(かて)」と呼ばれる具(主に茹でた野菜)が付く程度である。(だが、明治維新以前から北多摩の農村部地域では、うどん汁に獣肉(豚肉)を入れていた。それが武蔵野うどんの発祥だと考えられても不思議ではない。)武蔵野うどん フレッシュアイペディアより)

  • 文化循環

    文化循環から見た地産地消地産地消

    地域経済学的には、集落などの限られた範囲内での文化的資源(文化資材)の相互利用による、域内消費(地産地消)のような文化経済の循環や、使われなくなった建物などを文化施設として再利用するアダプティブユースも文化循環の一種と解釈する。文化循環 フレッシュアイペディアより)

  • 八王子市

    八王子市から見た地産地消地産地消

    西部の山地・丘陵の農地では、サル・イノシシなどの獣害対策が課題となっており、ボランティアによる駆除活動が行われている。2007年(平成19年)には道の駅八王子滝山内に農産物直売所「ファーム滝山」がオープンし地産地消を推進する拠点となっている。八王子市 フレッシュアイペディアより)

  • レモン

    レモンから見た地産地消地産地消

    栽培本数が少ないため、日本国産のほとんどは地産地消されている。日本国産は日本国外産のようにポストハーベスト農薬の心配がなく、特に無農薬物は日本国外産に比べて2倍から4倍の高値で取引される。収穫は日本においては主に11月から12月にかけて行われるが、レモンはもともと四季成りの果実であり、年間通じて収穫することが可能である。この場合、春に咲いた花は秋に結実して収穫され、夏に咲いた花は越冬して翌年の春に収穫、秋に咲いた場合はやはり越冬して翌年の夏に収穫される。日本においては秋の収穫が主流であるのは、冬の寒さが厳しく果実を越冬させることが難しいからである。レモン フレッシュアイペディアより)

  • 酒米

    酒米から見た地産地消地産地消

    地産地消が求められる中、清酒酵母とともに、現地適応性を持った酒米の開発は、それぞれの都道府県にとって地元産清酒の品質向上、ひいては地域経済活性化や地場産業建て直しの重要な鍵を握っている。このため、新しい品種の開発は1990年代からとみに盛んになり、平成18年(2006年)には酒米の産地品種銘柄を持っていないのは東京都、鹿児島県、沖縄県のみとなった。酒米 フレッシュアイペディアより)

  • 町田市

    町田市から見た地産地消地産地消

    牛乳(明治時代、横浜居住の外国人向けの牛乳生産を行ったことに由来。戦後、東京への牛乳供給地として立地する。現在、相原・小山地区の酪農家による農事組合法人「東京みるく工房ピュア」が乳製品、イタリアンジェラートの販売を行っている。また、東京発地産地消牛乳「東京牛乳」の原乳生産も行っている。)町田市 フレッシュアイペディアより)

  • ユジノサハリンスク

    ユジノサハリンスクから見た地産地消地産地消

    サハリン風ロシア料理 - 地産地消風アレンジや嗜好の違いの反映等。揚げ調理が殆ど存在しなかったロシア料理の中で、東アジア周辺諸国料理からの影響を受け、揚げ物料理も採り入れられている。ユジノサハリンスク フレッシュアイペディアより)

  • 石坂産業

    石坂産業から見た地産地消地産地消

    石坂好男が代表取締役社長だった昭和42年から平成13年までは建設廃棄物の中間処理業としての事業を中心としていた。平成14年に石坂好男が代表取締役会長に、娘の石坂典子が取締役社長になると企業改革としてリサイクル工場に転身、地産地消の考えで敷地内に5,000?の花木園(くぬぎの森)を整備し、地元住民に共有した。この活動がJHEP認証における日本で最高ランク(AAA)の認定をさせる要因となった。平成23年に日立建機と共同で建設業界初となる電気駆動式油圧ショベルを使った国内クレジット制度の認定を受けた他、平成26年には業界初となる国際規格7統合によるマネジメントシステムの運用を開始した。石坂産業 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川ネットワーク運動

    神奈川ネットワーク運動から見た地産地消地産地消

    この他、現在の活動目的として政治献金における企業・団体献金の廃止と個人献金への移行、地産地消活動の推進や「携帯電話基地局等設置条例」の制定などを掲げている。神奈川ネットワーク運動 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮都市圏

    宇都宮都市圏から見た地産地消地産地消

    平野が広がり、首都圏との距離の近さを生かした近郊型農業が盛んである。中でも壬生町のかんぴょう、宇都宮の名物餃子の材料となるニラの生産が盛んである。宇都宮市は県内市町村中第3位の農業生産高を有する。しかし近年では、全国で叫ばれる農業問題に加え、かんぴょうの需要低迷などが原因で衰退の一途を辿っている。こうした問題に対して地域は地産地消や農産物のブランド化などの対策をとっている。宇都宮都市圏 フレッシュアイペディアより)

156件中 131 - 140件表示