156件中 11 - 20件表示
  • 越後ながおかバイオマス地域協議会

    越後ながおかバイオマス地域協議会から見た地産地消地産地消

    越後ながおかバイオマス地域協議会(えちごながおかバイオマスちいききょうぎかい)とは、新潟県長岡市にある団体で、農林水産省の支援を受けてクリーンなバイオ燃料の利用促進・普及活動を通して、低炭素社会、地産地消の循環型社会の構築に向けた活動を行っている。越後ながおかバイオマス地域協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 中予地方局

    中予地方局から見た地産地消地産地消

    産業振興課(地域産業の振興 / 農業制度資金 / 農地調整 / 地産地消 / 物産振興など)中予地方局 フレッシュアイペディアより)

  • よこすか葉山農業協同組合

    よこすか葉山農業協同組合から見た地産地消地産地消

    農産物直売所「すかなごっそ」 : 横須賀市に1店舗を展開し、地産地消をテーマとしたアンテナショップとして運営を行っている。名称は「横須賀」「野菜」「ごちそう」を合成した造語。よこすか葉山農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原バーガー

    小田原バーガーから見た地産地消地産地消

    小田原市においては漁業(市の魚でもあるアジが有名)や農業(蜜柑、たまねぎなどが有名)、また従前からの特産品である小田原蒲鉾や梅干しなど、様々な食材が産出されるため、同市は「小田原おでん」や「小田原どん」などの地域活性化への取り組みと合わせて地産地消の動きとしてメディア等で注目を集めており、小田原バーガーも今後地域に根差したあらたな名物料理として発展が期待されている。小田原バーガー フレッシュアイペディアより)

  • 森田喜美男

    森田喜美男から見た地産地消地産地消

    小学校では1957年から、中学校では1981年からそれぞれ順次完全給食(自校式)となっているが、市が都市農業を進めたいとの考えもあり、1983年には農業協同組合などと連携して、小中学校各2校の給食に市内で採れた野菜の提供を開始。これは全国に先駆け地産地消運動を進めたものとして、「日野方式」と呼ばれる。森田喜美男 フレッシュアイペディアより)

  • アジア債券市場

    アジア債券市場から見た地産地消地産地消

    このような教訓から、1999年11月のASEAN+3首脳会議において、「東アジア地域での自助・支援メカニズム強化」の必要性が確認され、翌2000年5月のASEAN+3財相会議にてチェンマイ・イニシアティブ(CMI)が合意された。同時に、金融面における銀行への過度な融資体質を是正し資本市場を発達させる事が求められた。これは、各国内における長期の資金需要に対して米ドル建ての短期借入れで対応するという通貨・期間面でのダブルミスマッチを改善するだけでなく、市場原理に基づいた企業の資金調達コストに因る産業・企業間での効率的な資金配分を期待するものである。「地産地消」の精神に基づいて国民所得の3-4割にも達すると言われる東アジアの貯蓄を域内で回し、自国通貨建ての社債市場を発達させる事の意義は大きい。将来的には起債もアジアの通貨、或いは共通通貨バスケット建てとする事を目的としており、2003年6月には東アジア・オセアニア中央銀行役員会議(EMEAP)において、11の中央銀行・通貨当局(日本銀行、中国人民銀行、香港金融管理局、韓国銀行、シンガポール金融管理局、タイ銀行、インドネシア銀行、マレーシア国立銀行、フィリピン中央銀行、オーストラリア準備銀行、ニュージーランド準備銀行)が合同で10億米ドル規模の基金を設け、この基金で域内企業が発行する米ドル建ての債権を買い上げるというアジア債権ファンド(ABF)の設立に至った(アジア債券市場育成に関するチェンマイ宣言)。また2004年12月にEMEAPは中国やタイ、インドネシアなど8カ国で現地通貨建て国債・政府機関債に投資するアジア債権ファンド2(20億米ドル規模)の創設を打ち出し、2005年5月から運用されている。アジア債券市場 フレッシュアイペディアより)

  • 広島のうまい!に乾杯

    広島のうまい!に乾杯から見た地産地消地産地消

    番組のテーマは「地産地消」。広島産のビールと広島産の旬の食材を使った料理を供する店を紹介していた。広島のうまい!に乾杯 フレッシュアイペディアより)

  • レッツ!東広島

    レッツ!東広島から見た地産地消地産地消

    3月 3日:地産地消フェスティバル〜東広島まるかじり!〜(手話放送)(ロケ地:農事組合法人「さだしげ」・マルキン水産・広島県立西条農業高等学校)レッツ!東広島 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金ディッシュ

    黄金ディッシュから見た地産地消地産地消

    正式タイトルは「フランソアスペシャル 黄金ディッシュ?地産地消のすすめ?」。前番組同様、JNN九州ブロック6局ネットで放送された。黄金ディッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢炒麺

    藤沢炒麺から見た地産地消地産地消

    藤沢市を拠点に活動するNPO法人「地域魅力」が、市内で小麦を栽培している農家有志でつくるグループ「さがみ地粉の会」と連携し、開発した地産地消のご当地グルメの焼きそばである。作り方は焼きそばとほぼ同じで、野菜と豚肉などを炒めた後、麺を加えてさらに炒めて塩・こしょう、鶏がらだしで味付けする。材料の野菜、豚肉、麺に使われている小麦は藤沢産が使用されている。藤沢炒麺 フレッシュアイペディアより)

156件中 11 - 20件表示

「地産地消」のニューストピックワード