122件中 41 - 50件表示
  • 石垣牛

    石垣牛から見た地産地消地産地消

    かつては仔牛として有名産地に出荷されることが多く、八重山諸島で生育された牛のブランドは確立していなかった。しかしながら、2000年7月の九州・沖縄サミットの晩餐会でメインディッシュとして供されたことをきっかけに、ブランド牛肉としての知名度が向上し、八重山諸島での地産地消のほか、全国各地に出荷されるようになった。石垣牛 フレッシュアイペディアより)

  • みんなが出るテレビ

    みんなが出るテレビから見た地産地消地産地消

    初回の放送では、ラーメン、寿司、カレー、ハンバーグ、とんかつといった食べ物5つから街頭調査を行い、その結果、カレーが圧倒的な人気を集めた。その後、女子大生リポーター数名によるオリジナル・カレーの試作や神奈川県のJAの取材などを経て、2008年2月、女子大生リポーターのアイデアを基に『神奈川県地産地消みんなのカレー』として開発。2008年3月3日、tvkカフェにて50食限定で販売。販売開始から2時間30分で完売し、プロジェクトは終了した(この模様は2008年3月11日に放送)。みんなが出るテレビ フレッシュアイペディアより)

  • キビタン

    キビタンから見た地産地消地産地消

    1995年のふくしま国体の際に登場。大会中、そして大会後も選手・県民から愛され続け、福島県のキャラクターとして名をとどめた。また、2001年に開催されたうつくしま未来博では「キビママ」・「キビィ」・「キビマル」が加わり4人家族となった。2002年のうつくしまねんりんピック2002でも使われ、現在は福島県の地産地消シンボルマークとして使われている。2010年ではACジャパン(旧・公共広告機構)の地域キャンペーン「誇ろう!ふるさとの元気。東北」で福島県代表に起用した。キビタン フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県立島原農業高等学校

    長崎県立島原農業高等学校から見た地産地消地産地消

    スクールマーケット(地産地消長崎県立島原農業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 鮮魚店

    鮮魚店から見た地産地消地産地消

    現在、水産業を基幹産業としている地域でさえも、地魚ではなく、輸入水産物の特定の魚種が消費される傾向がある。ただし、地魚のみで広い流通を賄うのは量的に不可能である。また、地魚の料理方法が解らない為に売れないという悪循環もある為、お客さんが新鮮な魚介類を料理方法を店主に聞きながら購入できる、鮮魚点の役割が、地産地消やフードマイレージなどの観点からも見直されている。鮮魚店 フレッシュアイペディアより)

  • 秦野市農業協同組合

    秦野市農業協同組合から見た地産地消地産地消

    農産物直売所「はだのじばさんず」 : 秦野市に1店舗を展開し、地産地消をテーマとした運営を行っている。秦野市農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 信州塩尻農業公園チロルの森

    信州塩尻農業公園チロルの森から見た地産地消地産地消

    自家製品の開発に積極的に関わっており、地産地消の考えを元に地元企業と共同開発する事が多い。信州塩尻農業公園チロルの森 フレッシュアイペディアより)

  • 農家レストラン

    農家レストランから見た地産地消地産地消

    安価に新鮮な農作物を食べられる点や、生産者との交流ができる点、また農業体験を実施しているレストランもあることから人気を博している。グリーンツーリズム(アグリツーリズム)、地産地消、食育などの分野でも注目を浴びている。農家レストラン フレッシュアイペディアより)

  • 松嶋啓介

    松嶋啓介から見た地産地消地産地消

    松嶋は2009年(平成21年)6月、東京・原宿の東郷神社隣り(渋谷区神宮前1丁目)に、地産地消を標榜するレストラン、『Restaurant-I (レストラン アイ)』を開店した。松嶋啓介 フレッシュアイペディアより)

  • 東海ケーブルチャンネル

    東海ケーブルチャンネルから見た地産地消地産地消

    地産地消をテーマに、東海地方の食に関する情報を届ける。2009年途中からは番組枠が30分から45分に拡大された。また関連番組「らじおで!東海うまいもん本舗」が、内藤がパーソナリティをつとめるエンタメ・コング(FM愛知月曜日・20:10頃?)内で放送されている。東海ケーブルチャンネル フレッシュアイペディアより)

122件中 41 - 50件表示

「地産地消」のニューストピックワード