122件中 51 - 60件表示
  • 中四国ライブネット

    中四国ライブネットから見た地産地消地産地消

    2006年12月09日 KRY制作「山口発 師走の地産地消!一杯の銀シャリ(お米)へのこだわり!どっちのお米ショー!」中四国ライブネット フレッシュアイペディアより)

  • 二酸化炭素25%削減

    二酸化炭素25%削減から見た地産地消地産地消

    具体的な手法は発表されていないが25%もの削減をするためには、新築住宅への太陽光パネルの設置義務付け、光ファイバーを用いた太陽光の室内での有効利用の促進、ガソリン車の販売禁止などの規制強化、住宅の耐熱化、排高能率給湯器の導入促進、排出権取引・環境税・炭素税の導入、産業活動の抑制(粗鋼生産やセメント生産などの削減)、炭素を還元剤に使わない水素による直接還元製鉄技術の促進 、バイオエタノールの促進、廃食油の燃料利用 、地熱発電、風力(海上での風力発電も含む)・潮汐力・原子力発電(高速増殖炉)、火力発電でのコンバインドサイクルやガス化複合発電、マイクロ水力発電、コージェネレーション・熱電変換素子等を用いた廃熱利用、ナノ材料技術を用いた水素燃料貯蔵技術による燃料電池、二酸化炭素貯留技術の促進、送配電での高電圧化・超電導化・直流化、昼間と夜間での電力需要の違いを夜間操業などによって均衡化させて効率を上げる企業側への優遇策導入、メタンガスを利用したバス運行システム、ドイツと比べて低い鉄道輸送での効率を上げる産業界揚げての積極的なロジスティクス改革と優遇策導入、凧を用いた海上輸送、渋滞を緩和させるシステムや高速道路の整備、よく起こる渋滞時の速度での燃焼効率の向上(制限速度での燃焼効率の向上は行われている)、「Just In Time」「Made For You」など在庫や廃棄物を極力押さえる生産管理方法の優遇策導入、適地適作・地産地消の推進、電子書籍の推進による紙メディアの削減、省働化促進による全体的な効率向上での光熱費に代表されるエネルギー消費削減のための経営改善支援策や優遇策導入などが必要になると思われる。二酸化炭素25%削減 フレッシュアイペディアより)

  • 超神ネイガー

    超神ネイガーから見た地産地消地産地消

    「海を、山を、秋田を守る、秋田発・地産地消ヒーロー」と名乗っている。キャッチコピーとしては、この他にも、「豪石せよ、アキタ・ケン!」や「秋田の平和を守るため、ごしゃでけれ!ネイガー!!」などがある。超神ネイガー フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽国際ホテル

    鳥羽国際ホテルから見た地産地消地産地消

    ホテル内は伊勢型紙の文様を取り入れたインテリアを配し、地元発祥のミキモトの関連会社・御木本製薬(ミキモトコスメティックス、本社は伊勢市)とコラボレートした「真珠スパ」を日本で初めて本格的に導入した。ほかにも、ホテル従業員に地元出身者が多い、レストランの食材に地元産の水産物や野菜を使い地産地消を推進するなど、地域色の濃い経営を行っている。鳥羽国際ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 家庭料理

    家庭料理から見た地産地消地産地消

    家庭料理は、家庭内で料理して家族で食卓を囲む(→一家団欒)際に食べられているものであるため、食育やスローフードないし地産地消といった、食事と家庭教育や躾といった「家族の持つ育児的機能」という面で重要な要素だという認識も見られる。日本ではこと個食や孤食が社会現象ないし社会問題として扱われるようになって以降、家庭料理も精神的にも豊かな生活の上で重要な要素として挙げる傾向が見られる。家庭料理 フレッシュアイペディアより)

  • ごぼとん丼

    ごぼとん丼から見た地産地消地産地消

    地産地消のコンセプトの元、地元有志のアイデアで開発された丼料理で、地元産リンゴ、ウメで育った黒豚と地元産ごぼうが使われている。「信州・天竜川どんぶり街道の会」加盟作品である。ごぼとん丼 フレッシュアイペディアより)

  • アトム通貨

    アトム通貨から見た地産地消地産地消

    例えば、商店街では、飲食店で顧客がマイ箸を持参した場合や、青果店で地産地消の商品を購入した場合、レジ袋を断った場合など、環境配慮行動や地域活性化につながる活動をした際に、10?100馬力のアトム通貨を配布している。アトム通貨 フレッシュアイペディアより)

  • 銀のすぷーん

    銀のすぷーんから見た地産地消地産地消

    筑後地域で採れた農産物を使った商品の開発を行い、地産地消の取り組みも行っている。銀のすぷーん フレッシュアイペディアより)

  • 久里浜商店街

    久里浜商店街から見た地産地消地産地消

    三浦半島の産品を扱い地産地消を推進するアンテナショップの開店。久里浜商店街 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮都市圏

    宇都宮都市圏から見た地産地消地産地消

    平野が広がり、首都圏との距離の近さを生かした近郊型農業が盛んである。中でも壬生町のかんぴょう、宇都宮の名物餃子の材料となるニラの生産が盛んである。宇都宮市は県内市町村中第3位の農業生産高を有する。しかし近年では、全国で叫ばれる農業問題に加え、かんぴょうの需要低迷などが原因で衰退の一途を辿っている。こうした問題に対して地域は地産地消や農産物のブランド化などの対策をとっている。宇都宮都市圏 フレッシュアイペディアより)

122件中 51 - 60件表示

「地産地消」のニューストピックワード