122件中 81 - 90件表示
  • 増田寛也

    増田寛也から見た地産地消地産地消

    宣言は、例えば地産地消を基本とするスローフード的な食の安全の推進などの政策となって現れた。増田寛也 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化への対策

    地球温暖化への対策から見た地産地消地産地消

    食生活 - 肉類の消費を抑えるなど畜産産業に関係するものを利用しないことで温室効果ガスを抑制することができる。2006年の国際連合食糧農業機関(FAO)の報告では、畜産は交通より18%多い温室効果ガスを出していると報告している。食品に関しては、地産地消・フードマイレージの低減・(栽培に必要なエネルギー消費が最小となる)適地適作の視点から最適なものを購入する。地球温暖化への対策 フレッシュアイペディアより)

  • キチジ

    キチジから見た地産地消地産地消

    旬は冬。脂がよく乗っている為、焼魚・鍋・煮魚にすると特に美味である。白身でくせがなく、あらゆる料理に活用できる。身は軟らかく、小骨が少ない為、老人や子供にも食べやすい。20世紀の前半はトロール網などで大量に捕れ、安価な魚であったが、近年は旬が冬季である為に、漁の安定性が確保できないこと、扱う漁師の減少等の影響、近年の燃料価格の高騰も重なり、漁獲高が減少して流通量が減少すると、逆にマスコミに注目されるようになり、水揚げが最も多い北海道沖等では、網走漁業協同組合が「釣きんき」を商標登録するなど、地産地消の一環でブランド化しており、価格の高騰が続いている。北海道では、お祝いの席の供え物として、関東以西で一般的なマダイではなく、キチジが供えられることが一般的である。キチジ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤一長

    伊藤一長から見た地産地消地産地消

    伝統野菜の復活、クジラの給食導入など農水産物の地産地消も行なった。伊藤一長 フレッシュアイペディアより)

  • イオン北海道

    イオン北海道から見た地産地消地産地消

    3月15日 - 地産地消の一環として、新たな恒例セールス「イオン北海道 道産デー」開始。イオン北海道 フレッシュアイペディアより)

  • よこすか葉山農業協同組合

    よこすか葉山農業協同組合から見た地産地消地産地消

    農産物直売所「すかなごっそ」 : 横須賀市に1店舗を展開し、地産地消をテーマとしたアンテナショップとして運営を行っている。名称は「横須賀」「野菜」「ごちそう」を合成した造語。よこすか葉山農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • タカヤナギ

    タカヤナギから見た地産地消地産地消

    イーストモール(大仙市)…外商部門も同居する事実上の旗艦店。1990年代初頭まで大仙市(当時は大曲市)の中心市街地にて百貨店業態で営業していた旧本店の実質的な後継店舗となっており、日本百貨店協会「全国百貨店共通商品券」の発行取扱も当店のみで行っている(利用は他店舗でも可能)。なお、旧本店の敷地においては、現在同社の『グランマート中通店』が営業を行っている。店舗外観自体は通常のスーパーマーケットと特に変わりはないが、食品以外に衣料品・呉服(「すずのき」がテナントとして入居の上運営)・化粧品・ファッショングッズ・寝具なども取り扱うほか、食品販売ゾーンと非食品販売ゾーンの間には東京銘店街コーナー(風月堂・山本山・中村屋・メリーほか)や、『地産地消の広場』と銘打った地場産の新鮮な野菜などの農産物や秋田県内各地の特産品・名産品・銘菓を販売するコーナー、さらに地場産の食材を生かしたメニューを提供する食事処(休憩・イートインスペース兼用)が設けられるなど、百貨店に近いフロア構成となっている。近隣には大曲ショッピングセンターが所在し、横手市に本拠を置き、同SCの核店舗であるスーパーマーケットよねやと競合関係にある。タカヤナギ フレッシュアイペディアより)

  • 川勝平太

    川勝平太から見た地産地消地産地消

    農業(林業・漁業)改革を行い、場の力を最大限に引き出し、地産地消と農産物のブランド化を目指す。川勝平太 フレッシュアイペディアより)

  • ご当地バーガー

    ご当地バーガーから見た地産地消地産地消

    地産地消 - その提供地域で産出された野菜や肉、魚介類などの特産物を材料に用いる。ご当地バーガー フレッシュアイペディアより)

  • 高野誠鮮

    高野誠鮮から見た地産地消地産地消

    2009年(平成21年)- 「全国地産地消推進協議会長賞」特別賞受賞(神子の里)高野誠鮮 フレッシュアイペディアより)

122件中 81 - 90件表示

「地産地消」のニューストピックワード