156件中 81 - 90件表示
  • 奥田政行

    奥田政行から見た地産地消地産地消

    2000年 - 在来野菜など旬の地元産こだわり食材を使ったイタリア料理店『アル・ケッチァーノ』をオープンする。 地元食材にこだわり生産者の顔の見えるメニューを提供中。奥田政行 フレッシュアイペディアより)

  • 特産品

    特産品から見た地産地消地産地消

    これらは、主にその地域を訪れた観光客によって消費されたり、鉄道やトラック、飛行機などの輸送機関を用いて、その国の全土や広く全世界の消費地に向けて輸送されたりする。日本の特産品では注文や発送を郵便小包を通してシステム化したふるさと小包のように、パッケージ化・通信販売化したものもあり、消費者へ提供する手段(流通)も多様化している。また最近では、地域で生産された特産品をその地域で消費しようという地産地消運動も盛んに行なわれている。特産品 フレッシュアイペディアより)

  • ごぼとん丼

    ごぼとん丼から見た地産地消地産地消

    地産地消のコンセプトの元、地元有志のアイデアで開発された丼料理で、地元産リンゴ、ウメで育った黒豚と地元産ごぼうが使われている。「信州・天竜川どんぶり街道の会」加盟作品である。2005年に誕生した。ごぼとん丼 フレッシュアイペディアより)

  • 野菜嫌い

    野菜嫌いから見た地産地消地産地消

    市場経済の中で、栽培される品種(味よりも見た目へ)の変化や旬を無視した時期の栽培、肥料の過剰施用などにより、野菜自体の味が落ちているとする意見もある。野菜の旬では、例えばホウレンソウは夏季よりも、旬である冬季に栽培された物の方が甘味が強くなるなどがある。この旬(その食べ物がおいしさを増す時期・季節)という考え方に絡んでは、地産地消の中でも「地域の食材を最もおいしい時期に消費する」ことで、地域の季節と「おいしいものを食べた」という記憶の結びついた体験をさせ、郷土愛のような地域に対する愛着・関心を高めようという動きも見られる。野菜嫌い フレッシュアイペディアより)

  • ペンション

    ペンションから見た地産地消地産地消

    家族経営であることが多く、小規模である。観光利用・レジャー利用を主に想定しており、観光地で営業する施設が多い。客室はベッドとフローリングの床などを備えた洋室であり、ツインなど複数のベッドがある部屋が主となる。各部屋にはバス・トイレが備わっている場合もあれば、共同トイレや共同バスの利用となる場合もある。多くは、1泊2食(夕食・朝食)付きの宿泊・料金を基本としている。食事は施設内のダイニングルームで提供される。西洋料理を供する場合が多いが、和食を供する場合もあり、洋食を基本とする食事の中に和食の惣菜も供する場合も少なくない。郷土料理や食材の地産地消による料理により、食事で特色を出しているペンションが多い。また、家庭的な接客サービスがセールスポイントとされることも多い。ペンション フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅いとまん

    道の駅いとまんから見た地産地消地産地消

    2002年11月23日に地産地消を目的として、JAおきなわ初の直売所が開業した。農家が生産した農作物を直接販売しており、2008年には約70万人の来店客が訪れた。道の駅いとまん フレッシュアイペディアより)

  • ちちんぷいぷい (テレビ番組)

    ちちんぷいぷい (テレビ番組)から見た地産地消地産地消

    本番組とセブン-イレブンの共同開発により、2009年5月27日から関西地区のセブン-イレブンで2週間限定で発売されたすき焼き弁当。「地産地消」をテーマに、近畿2府4県で生産された食材のみでおかずを構成したため、「関西を元気にするコンビニ弁当」というキャッチフレーズが付けられた。2週間の売り上げは約50万食(発売終了後に当番組で発表)。発売期間中には、角が登場する弁当のスポットCMが、毎日放送のテレビ限定で放送されていた。ちちんぷいぷい (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 東海ケーブルチャンネル

    東海ケーブルチャンネルから見た地産地消地産地消

    地産地消をテーマに、東海地方の食に関する情報を届ける。2009年途中からは番組枠が30分から45分に拡大された。また関連番組「らじおで!東海うまいもん本舗」が、内藤がパーソナリティをつとめるエンタメ・コング(FM愛知月曜日・20:10頃〜)内で放送されていた。東海ケーブルチャンネル フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽国際ホテル

    鳥羽国際ホテルから見た地産地消地産地消

    ホテル内は伊勢型紙の文様を取り入れたインテリアを配し、地元発祥のミキモトの関連会社・御木本製薬(ミキモトコスメティックス、本社は伊勢市)とコラボレートした「真珠スパ」を日本で初めて本格的に導入した。ほかにも、ホテル従業員に地元出身者が多い、レストランの食材に地元産の水産物や野菜を使い地産地消を推進するなど、地域色の濃い経営を行っている。鳥羽国際ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷うどん

    熊谷うどんから見た地産地消地産地消

    熊谷市は半世紀以上もの間、小麦の生産量が県内一であり、武蔵野うどんや冷汁うどんも以前より広まっている地域である。これを町おこしに利用するため、熊谷独自のうどんブランドとしたものである。基本的には地産地消として熊谷産地粉(小麦)を使用したうどんとなっているが、熊谷産小麦を100%使用する店舗もあれば一部店舗では外国産の小麦も混ぜて使用している場合もある。また、汁の要件も特に無いため各取扱店舗毎に味が異り、武蔵野うどんや冷汁うどんの一般的定義からかけ離れた創作うどんも存在する。熊谷うどん フレッシュアイペディアより)

156件中 81 - 90件表示