1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
81件中 81 - 81件表示
  • 地産地消

    地産地消から見た塩分

    当時、農村では伝統的な米とみそ汁と漬物の食事パターンをしていたため、塩分の取り過ぎによる高血圧などの症状が多く見られた。戦後、日本人の死亡原因第1位の感染症(結核など)が克服され、当時の死亡原因第1位となった脳卒中を減らすためには、原因の1つとみられる高血圧の改善が必要となった。また、伝統食の欠点(塩分の取り過ぎの他、脂肪・カルシウム・タンパク質の不足など)を改善することも国民の健康増進のためには必要と考えられ、不足しがちな栄養素を含む農産物の計画的生産と自給拡大の事業が実施され、同時に生活改良普及員らによって周知事業も行われた。地産地消 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
81件中 81 - 81件表示

「地産地消」のニューストピックワード