1486件中 91 - 100件表示
  • 震度

    震度から見た地震地震

    地震学において、地震の揺れの程度を示す指標。震度階級。震度 フレッシュアイペディアより)

  • マグニチュード

    マグニチュードから見た地震地震

    地震のマグニチュード()は、地震が発するエネルギーの大きさを表した指標値である。揺れの大きさを表す震度とは異なる。日本の地震学者・和達清夫の最大震度と震央までの距離を書き込んだ地図に着想を得て、アメリカの地震学者チャールズ・リヒターが考案した。リヒターの名からリヒター・スケール(Richter scale)ともいい、英語圏ではこの名称が一般的である。マグニチュードは地震のエネルギーと対数関係にあり、マグニチュードが2増えるとエネルギーは1000倍になる。マグニチュード フレッシュアイペディアより)

  • 2003年

    2003年から見た地震地震

    7月26日 - 「宮城県北部地震」宮城県北部で震度6クラスの地震が3回発生、負傷者700人以上、およそ5000戸の住宅が被害。2003年 フレッシュアイペディアより)

  • 地震酔い

    地震酔いから見た地震地震

    地震酔い(じしんよい)は、地震でもないのに揺れているような感覚に陥る、乗り物酔いに類似する症状である。ただし、医学的に定義されたものではない。地震酔い フレッシュアイペディアより)

  • スマトラ島沖地震 (2004年)

    スマトラ島沖地震 (2004年)から見た地震地震

    2004年スマトラ島沖地震(スマトラとうおきじしん)は、2004年12月26日、インドネシア西部時間07時58分53秒(UTC00時58分)にインドネシア西部、スマトラ島北西沖のインド洋で発生したマグニチュード9.1の地震である。単に「スマトラ島沖地震」といった場合、この地震を指すことが多い。スマトラ島沖地震 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見たプレート間地震地震

    これに対して、相模トラフから前述よりさらに北側をも含めた関東地方南部のいずれかの地域を震源域として、ひとまわり規模が小さいマグニチュード7級の地震が数十年間隔で何度も発生している。1855年11月11日(安政2年10月2日)の安政江戸地震(M6.9)、1894年(明治27年)6月20日の明治東京地震(M7.0)などが発生していて、これらを総称して南関東直下地震と呼ぶ。地震のタイプとしては内陸地殻内地震(直下型地震)に限らず、プレート間地震(海溝型地震)、スラブ内地震も想定される(詳細は後述)。なお、明治東京地震の震源は相模トラフより北側の東京湾北部となっており、安政江戸地震の震源も断定はされていないが同様の地域と考えられている。また、震源が海底ではないため、緊急地震速報がS波の到達まで間に合わない可能性があると予想されている。南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見た内陸地殻内地震地震

    これに対して、相模トラフから前述よりさらに北側をも含めた関東地方南部のいずれかの地域を震源域として、ひとまわり規模が小さいマグニチュード7級の地震が数十年間隔で何度も発生している。1855年11月11日(安政2年10月2日)の安政江戸地震(M6.9)、1894年(明治27年)6月20日の明治東京地震(M7.0)などが発生していて、これらを総称して南関東直下地震と呼ぶ。地震のタイプとしては内陸地殻内地震(直下型地震)に限らず、プレート間地震(海溝型地震)、スラブ内地震も想定される(詳細は後述)。なお、明治東京地震の震源は相模トラフより北側の東京湾北部となっており、安政江戸地震の震源も断定はされていないが同様の地域と考えられている。また、震源が海底ではないため、緊急地震速報がS波の到達まで間に合わない可能性があると予想されている。南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 1700年代

    1700年代から見た地震地震

    米国北西部のカスケード沈み込み帯にて大規模な地震発生1700年代 フレッシュアイペディアより)

  • 波

    から見た地震地震

    波は、起きる原因によって分類することも可能である。風によって起きる波を波浪と呼ぶ。船舶などが航行することによって後方につくる波は引き波と呼ばれ、そうして波をつくりだすことは「造波(ぞうは)」という。地震によって起きる波は津波と呼ばれる(この津波という日本語は世界に広がり英語などでも tsunami と呼ばれている)。このように波ができる原因はいくつもあるが、最も一般的な原因は風である。 フレッシュアイペディアより)

  • プレートテクトニクス

    プレートテクトニクスから見た地震地震

    プレートは、その下にあるアセノスフェアの動きに乗って、おのおの固有な運動を行っている。アセノスフェアを含むマントルは、定常的に対流しており、一定の場所で上昇・移動・沈降している。プレートは、その動きに乗って移動しているが、プレート境界部では、造山運動、火山、断層、地震等の種々の地殻変動が発生している。プレートテクトニクスは、これらの現象に明確な説明を与えた。プレートテクトニクス フレッシュアイペディアより)

1486件中 91 - 100件表示