1486件中 21 - 30件表示
  • スマトラ島沖地震

    スマトラ島沖地震から見た地震地震

    スマトラ島沖地震(スマトラとうおきじしん)は、スマトラ島周辺で起こる大きな地震の名称。スマトラ沖地震、スマトラ地震とも通称される。複数の地震が発生しているため、本稿では、スマトラ島周辺で起こる地震の全体の概要を説明する。なお、単にスマトラ島沖地震という場合、通常は2004年に発生したマグニチュード9.1の地震を指す。スマトラ島沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年千島列島沖地震

    2006年千島列島沖地震から見た地震地震

    2006年千島列島沖地震(2006ねんちしまれっとうおきじしん)は、2006年11月15日午後8時14分頃に、千島列島中部付近で発生したモーメントマグニチュード(Mw)8.3(USGS、気象庁はM7.9)の地震2006年千島列島沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県東方沖地震

    千葉県東方沖地震から見た地震地震

    千葉県東方沖地震(ちばけんとうほうおきじしん)は、1987年12月17日午前11時8分17秒に千葉県房総半島、九十九里浜付近を震源として発生した地震である。千葉県東方沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 連動型地震

    連動型地震から見た地震地震

    連動型地震(れんどうがたじしん)とは、複数のプレート間地震(海溝型地震)、あるいは大陸プレート内地震(活断層型地震)が再来間隔より短い間隔で連動して発生することである。連動のタイプとしては、ほぼ同時に発生する場合や時間差で発生する場合がある。連動型地震 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火

    2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火から見た地震地震

    まず2009年の年末に地震活動が始まり、2010年3月20日までに徐々に強さが増加した。始まった小さな噴火の火山爆発指数(VEI)の値は1と評価された 。2010年のエイヤフィヤトラヨークトルの噴火 フレッシュアイペディアより)

  • 三陸沖地震 (2012年3月)

    三陸沖地震 (2012年3月)から見た地震地震

    三陸沖地震(さんりくおきじしん)は、2012年3月14日18時8分(JST)に三陸沖の北部(えりも岬南東沖)で発生した地震である。震源は三陸沖、震源の深さは64 km、マグニチュードは6.9。三陸沖地震 (2012年3月) フレッシュアイペディアより)

  • 十勝沖地震

    十勝沖地震から見た地震地震

    十勝沖地震(とかちおきじしん)は、北海道の十勝地方の沖合を震源として起こる地震十勝沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 東海・東南海・南海連動型地震

    東海・東南海・南海連動型地震から見た地震地震

    東海・東南海・南海連動型地震(とうかい・とうなんかい・なんかいれんどうがたじしん)は、東海地震、東南海地震、南海地震という3つの巨大地震のうち2つ以上の地震が同時発生した連動型巨大地震のこと。3連動地震、南海トラフ巨大地震ともいわれる。また、この地震により発生するとされる災害を「東日本大震災」に倣い「西日本大震災」と呼称する場合がある。本項では、単一の震源で同時刻に発生するものだけではなく、3つの地震が起こった時間が非常に近い(同日中 - 数年以内)場合についても記述する。また、南海地震の震源域の南隣にある日向灘地震など、上述の3連動型地震に限らず南海トラフにおける連動型地震全般についても取り上げる。東海・東南海・南海連動型地震 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県沖地震

    宮城県沖地震から見た地震地震

    宮城県沖地震(みやぎけんおきじしん)は、日本の宮城県東方沖を震源とする地震。特に日本海溝(海洋プレートと大陸プレートの境界部分)の大陸プレート側を震源として周期的に発生するマグニチュード(M)7.5前後の地震を指す。宮城県沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 三陸海岸

    三陸海岸から見た地震地震

    Aは、字面の通りに「三陸」を捉えた範囲であり、気象学や気候学の分野で「三陸沖」と言う場合に対応する三陸海岸である。Cは、北上山地東海岸にあたり、日本海溝沿いの地震による津波の直接波の被害地域である。Bは、Cの範囲に宮城県・牡鹿半島の仙台湾側を含めた範囲であり、海岸地形や人文地理学的な共通性を根拠にしている。一般的にはBの範囲が三陸海岸とみなされている。三陸海岸 フレッシュアイペディアより)

1486件中 21 - 30件表示

「地震」のニューストピックワード