1486件中 41 - 50件表示
  • ロックフィルダム

    ロックフィルダムから見た地震地震

    日本では戦後に入って本格的なダム建設が進められた。1947年(昭和22年)の石淵ダム(岩手県・胆沢川)の建設着手が日本におけるロックフィルダム建設の黎明であり、小渕ダム(岐阜県・久々利川)の完成で建設の歴史が始まった。だが当初は洪水処理・設計理論など技術的に安全性(特に地震)への懸念が払拭されていなかったこと、大量の岩石を採取・運搬するノウハウがなかったことなどからあまり高いダムは建設されていなかった。しかし、技術的な進歩やコンクリートダムの建設地点が減少したことなどから1970年代以降盛んに建設されるようになり、日本の全ダムで二番目に高い高瀬ダム(176.0 m 、高瀬川・長野県)のような大ダムが数多く建設された。ダム本体の体積においては、上位3ダム全てがロックフィルダムである。現在でも多くの地点で建設が進められている。ロックフィルダム フレッシュアイペディアより)

  • SBI少額短期保険

    SBI少額短期保険から見た地震地震

    1995年の阪神淡路大震災以降、日本列島は地震の活動期に入ったといわれており、「地震はいつどこで起こってもおかしくない」と政府の中央防災会議で決定されている。SBI少額短期保険 フレッシュアイペディアより)

  • 神沼克伊

    神沼克伊から見た地震地震

    地震、火山、ならびに極地研究の第一人者として活躍。神沼克伊 フレッシュアイペディアより)

  • 耐力壁

    耐力壁から見た地震地震

    耐力壁(たいりょくへき/たいりょくかべ)とは、建築物において、地震や風などの水平荷重(横からの力)に抵抗する能力をもつ壁のことを示す。そうではない壁(構造的に固定されていない壁)は非耐力壁と呼ぶ。また、木造建築物においては、耐力壁に似ているが、固定方法が不完全で抵抗力の低い壁(間仕切壁など)を準耐力壁と呼ぶ。耐力壁 フレッシュアイペディアより)

  • 木造軸組構法

    木造軸組構法から見た地震地震

    構造上、柱と梁に応力が集中するため、地震荷重や風荷重などの水平荷重(横からの力)に耐えられるように筋交いや構造用合板などを用いて一定量以上の耐力壁・耐力床を作ることが義務付けられている。木造軸組構法 フレッシュアイペディアより)

  • ユレダス

    ユレダスから見た地震地震

    ユレダス(UrEDAS)とは、国鉄鉄道技術研究所(後の財団法人鉄道総合技術研究所)が開発した地震警報システムである。名称は、早期地震検知警報システム(地震動早期検知警報システム、Urgent Earthquake Detection and Alarm System)の頭文字をとったもの。地震の際に即座に警報を発して被害を最小限に抑えるための安全管理システムである。運用対象には東海道新幹線を初めとする日本の新幹線があった。ユレダス フレッシュアイペディアより)

  • 慶長豊後地震

    慶長豊後地震から見た地震地震

    慶長豊後地震(けいちょうぶんごじしん)は、1596年9月4日(文禄5年閏7月12日)に豊後国(現在の大分県)で発生した地震である。死者800余人。島の実在自体が未確認であるが、別府湾にあった瓜生島(沖ノ浜)と久光島の2島が沈んだと伝えられる。慶長豊後地震 フレッシュアイペディアより)

  • 超電導リニア

    超電導リニアから見た地震地震

    宮崎の実験線では当初、軌道底面に浮上コイルが設置(対向反発浮上方式)されていた。1991年(平成3年)6月から、宮崎実験線では側壁浮上方式の実験が開始され、山梨の実験線でもこれが採用されている。側壁浮上方式とは、文字通り浮上コイルを側壁に配置するものである。浮上コイルの巻き方は上下方向で8の字になるように巻かれている。この場合、高速に進入してくる磁界に対して、浮上コイル下側からは反発力、浮上コイル上側からは吸引力が発生し、車両が浮上する。浮上力はコイル中心から通過する磁界中心のずれに比例して発生し、コイル内の電流も同じである。低速域で浮上すると浮上コイルに生じる電流が大きく磁気抗力が大きくなるため、低速域では車輪で車体を支持し浮上コイルの中心を車載超電導磁石が通るようにして磁気抗力を回避し、磁気抗力が十分に小さくなる速度に達してから車輪を上げ(=車体は僅かに沈み込む)浮上走行に移行する。このことで、コイル内の電流を小さくすることができ、車両に対する磁気抗力を小さくしている。さらに軌道底面からの浮上量は側壁浮上コイル設置位置で自由に決定できる利点もある。山梨実験線の仕様では約100 mmの浮上が得られる位置に浮上コイルが設置されている。もともと、日本国有鉄道(国鉄)でリニアモーターカーの開発を指揮していた京谷好泰が、地震の多い日本でも安定して走行できるようにするためには、思い切った浮上高を実現する必要があると考えて目標を10 cm浮上にしたものである。コイルの設置位置で任意に浮上高を決められる側壁浮上方式では浮上高にはあまり大きな意味がなく、たとえガイドウェイに底面がなかったとしても浮上走行できるが、加速して浮上走行に移るまでは車輪で底面に支えられて走るので底面を必要としている。側壁浮上方式にしたことによって車上に供給される電力が不足する事態になった。以前の軌道の底面に浮上コイルがある場合は車上の二次コイルによって車上で必要な充分な誘導電流を取り出す誘導集電の使用が可能だったが、効率の優れた側壁浮上方式に変えたことによって誘導集電による集電が困難になった。その為、不足する電力を補う為にガスタービン発電機を搭載している。現在、誘導集電により電力を得る技術が確立されたところであり、営業線においてはこの技術が採用されるものと考えられる。超電導リニア フレッシュアイペディアより)

  • 陸羽地震

    陸羽地震から見た地震地震

    陸羽地震(りくうじしん)は、1896年(明治29年)8月31日午後5時06分27秒に、秋田県と岩手県の県境にある真昼山地の直下(北緯39.5度、東経140.7度)で発生した逆断層型の内陸直下型地震(大陸プレート内地震)である。陸羽地震 フレッシュアイペディアより)

  • 防災訓練

    防災訓練から見た地震地震

    古くは、バケツリレーなどの集団行動的なものが多かったが、現代では消火器の取り扱い、土嚢の作製、迅速な避難など、火災消火を主としたものから地震や水害への対処など広範囲に渡って訓練を行う様になった。古い防災訓練は江戸の町火消に見られる様に梯子を使ったものなどがあり、正月の出初式等に受け継がれている。防災訓練 フレッシュアイペディアより)

1486件中 41 - 50件表示

「地震」のニューストピックワード