1486件中 51 - 60件表示
  • 氷河湖決壊洪水

    氷河湖決壊洪水から見た地震地震

    氷河湖決壊洪水(ひょうがこけっかいこうずい、、GLOF)とは、氷河や終堆石(端部モレーン)のダムに支えられた氷河湖が決壊することによって起こる洪水のこと。氷河底湖 (subglacial lake) で起こった場合は特にヨークルフロイプ()と呼ばれ、氷河の側面と山の間にできた氷河湖が決壊した場合は辺湖排水と呼ばれる。氷河湖決壊洪水は、侵食・水圧の上昇・岩石や重い雪の雪崩・地震・氷震(cryoseism 凍土のひび割れによって起こる揺れのこと)・氷の下での火山活動などが原因で起こり、また氷河が大きく崩落して氷河湖の水を溢れさせた場合にも起こりうる。氷河湖決壊洪水 フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見た地震地震

    明治元年(1868年)の学校建築開始当時から木造建築の校舎(木造校舎)が大半を占め、煉瓦建築などがこれに次ぐ形で普及した。鉄筋コンクリート造の校舎は、1920年(大正9年)、神戸市の須佐小学校校舎として日本で始めて登場している。さらには、関東大震災や室戸台風、空襲などの被害が、火災や地震に強い鉄筋コンクリート製校舎への建て替えるを強く促す結果となった。東京市では関東大震災で117校が焼失し、それら全校の新校舎は鉄筋コンクリート造で建て直された。これは「初期モダニズムの(世界的にも)画期的動向」であった。画一的ではなく設計者の個性が出ていた。木造校舎も耐震化などの改良を続けつつ、1970年代まで新築され続けたが、その後は鉄筋コンクリート製校舎が大半を占める時代が到来した。しかし、鉄筋コンクリート製校舎の全盛時代にあって木造校舎の良さを再認識する運動も市民権を獲得しており、木造校舎がいくつか新築されてもいる。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 表面最大加速度

    表面最大加速度から見た地震地震

    表面最大加速度(ひょうめんさいだいかそくど、, PGAと略される。また 、DBEGMとも)とは、地震での地表での加速度の最大値の測定値であり、表面最大加速度 フレッシュアイペディアより)

  • 棚

    から見た地震地震

    「床脇棚」のような壁設置式棚の利点として、地震が起きた際、本棚のように人に向かって倒れたり、人めがけてぶつかって来るといった凶器とならない点があり、欠点としては、重量が大きいものは載せられないという点がある(棚下の空間を確保するその構造上、中腹部に脚立といった支えるものがない為)。 フレッシュアイペディアより)

  • 慶長伏見地震

    慶長伏見地震から見た地震地震

    慶長伏見地震(けいちょうふしみじしん)は、1596年9月5日(文禄5年閏7月13日)子の刻に現在の京都・伏見付近で発生した大地震である。慶長伏見大地震とも呼称される。京都では伏見城天守や東寺、天龍寺などが倒壊し、死者は1,000人を超える。慶長伏見地震 フレッシュアイペディアより)

  • 予報業務許可事業者

    予報業務許可事業者から見た地震地震

    予報業務許可事業者(よほうぎょうむきょかじぎょうしゃ)とは、気象庁長官の許可を受けて、気象、地震などの地象、津波、高潮、波浪又は洪水の予報の業務を行う事業者である(気象業務法第17条第1項)。日本で俗に民間気象会社と呼ばれているものの多くは、予報業務許可事業者である。予報業務許可事業者 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の気象・地象・天象

    2006年の気象・地象・天象から見た地震地震

    3月27日 - 午前11時50分、日向灘の深さ50kmを震源とするM5.5の地震。大分県佐伯市蒲江で、震度5弱を観測した。2006年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 上げ潮派

    上げ潮派から見た地震地震

    200兆円のうちの150兆円分は将来的な保険金支払いのために積み立てた財源であり、「これを兆円単位で取り崩すのは赤字国債の発行と同じ」と指摘されている。具体的には、国民年金(年金特別会計の国民年金勘定)や地震再保険(地震再保険特別会計)などが該当する。上げ潮派 フレッシュアイペディアより)

  • 戴峰

    戴峰から見た地震地震

    地震前兆異常の最新研究」2002年度日本危機管理学会(青山学院大学)戴峰 フレッシュアイペディアより)

  • 斉一説

    斉一説から見た地震地震

    ヨーロッパ(ドイツなど)ではこの説を「斉一説」と呼ぶのは好まれず、「現在主義(アクチュアリズム)」と呼ばれて普及した。「斉一」では過程の斉一性が強調されすぎるため、地震や噴火といったよく知られている突発的な事象さえ否定する意味合いがでてくるためである。火山噴火や地震で一挙に地質構造が変化することも重要だということは、1883年のクラカタウ火山大噴火や1906年のサンフランシスコ地震などで再認識されていった。斉一説 フレッシュアイペディアより)

1486件中 51 - 60件表示

「地震」のニューストピックワード