1813件中 61 - 70件表示
  • 善光寺地震

    善光寺地震から見た地震地震

    善光寺地震(ぜんこうじじしん)とは、1847年5月8日(弘化4年3月24日)、信州(現長野県)の善光寺平(ぜんこうじだいら)を震源とし直下型で発震、付近に多大の損害をもたらした逆断層型の地震である。地震規模を示すマグニチュードは河角廣による推定でMK = 5として M = 7.4 (M = 4.85 + 0.5 MK)、文献によっては 7.3。善光寺地震 フレッシュアイペディアより)

  • 海溝

    海溝から見た地震地震

    海溝では、沈み込む海洋プレートとその上のプレートとの間の摩擦のため、スムーズにすべるのではなく間欠的に急激にずれることで沈み込みが進行する。この急激なずれが海溝型地震で、日本においては南海地震・東南海地震・東海地震などがこれにあたる。またそれ以外にも海洋プレート内部が割れたり、その上のプレートが海洋プレートに押されることで割れたりするため、海溝周辺は地震多発地帯である(詳細は断層を参照)。海溝 フレッシュアイペディアより)

  • 京都地震

    京都地震から見た地震地震

    京都地震(きょうとじしん)は、1830年8月19日(文政13年7月2日)に発生した地震。京都大地震とも文政京都地震とも呼ばれる直下型地震で、京都市街を中心に大きな被害を出した。京都地震 フレッシュアイペディアより)

  • 紀伊半島南東沖地震

    紀伊半島南東沖地震から見た地震地震

    紀伊半島南東沖地震(きいはんとうなんとうおきじしん)、または東海道沖地震(とうかいどうおきじしん)とは、2004年(平成16年)9月5日の19時7分と23時57分、9月7日8時29分(いずれもJST)に起きた地震である。いずれも、東南海地震の想定震源域の南側の海溝軸付近のフィリピン海プレート内で発生した逆断層型のプレート内地震と考えられている。気象庁の地震震源地域区分で「紀伊半島沖」と「東海道沖」をまたぐように起こったため、記録上は名前が区別されるが、とくに気象庁からの命名はされていない。紀伊半島南東沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 地盤沈下

    地盤沈下から見た地震地震

    断層活動である地震では地殻変動の結果として地表面に隆起や沈降の変異が現れる場合があり、また液状化現象による地盤沈下が生ずる場合もある。地盤沈下 フレッシュアイペディアより)

  • 減衰

    減衰から見た地震地震

    多くの場合、減衰は媒質中の伝播距離に対して指数関数的に起こる。分光化学においては、これはランベルト・ベールの法則として知られる。工学分野においては、通常減衰は単位長さあたりのデシベル(dB/cm, dB/km など)単位で測定され、媒質毎の減衰係数により記述される。地震時にも減衰は生じる。地震波は震源から伝播するにつれて地面による減衰を受け、徐々に小さくなる。減衰 フレッシュアイペディアより)

  • 八重山地震

    八重山地震から見た地震地震

    八重山地震(やえやまじしん)は、1771年4月24日(明和8年3月10日)午前8時頃に八重山列島近海を震源として発生した地震である。推定マグニチュード7.4-8.7。地震動による被害はなかった一方、この地震が引き起こした津波により先島諸島(特に八重山列島)が大きな被害を受けた。そのため、元号を取って明和の大津波ともよばれる。八重山地震 フレッシュアイペディアより)

  • 氷河湖決壊洪水

    氷河湖決壊洪水から見た地震地震

    氷河湖決壊洪水(ひょうがこけっかいこうずい、、GLOF)とは、氷河や端堆石(エンドモレーン)のダムに支えられた氷河湖が決壊することによって起こる洪水のこと。氷河底湖 の決壊による場合は特にヨークルフロイプ ( ) と呼ばれ、氷河の側面と山の間にできた氷河湖が決壊した場合は辺湖排水と呼ばれる。氷河湖決壊洪水は、侵食・水圧の上昇・岩石や重い雪の雪崩・地震・氷震(、凍土のひび割れによって起こる揺れのこと)・氷の下での火山活動などが原因で起こり、また氷河が大きく崩落して氷河湖の水を溢れさせた場合にも起こり得る。氷河湖決壊洪水 フレッシュアイペディアより)

  • 構造計算

    構造計算から見た地震地震

    構造計算(こうぞうけいさん、 あるいは )とは、建築構造物・土木構造物などが、固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風荷重・地震荷重などに対して、構造物がどのように変形し、構造物にどのような応力が発生するのかを計算することである。また、構造物がそのような変形や応力に耐えられるのかを判定することも含まれる。構造物の安全性や使用性を確認するのが目的である。最終的には、構造計算書として、A4の紙で100 - 5000枚程度にまとめられる。構造計算 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥取県西部地震

    鳥取県西部地震から見た地震地震

    鳥取県西部地震(とっとりけんせいぶじしん)は、2000年(平成12年)10月6日13時30分18秒(金曜日)に鳥取県の西部を震源として発生した地震である。地震の規模はマグニチュード7.3で、鳥取県西部で最大震度6強を観測した。地震空白域とされる地域で発生した。鳥取県西部地震 フレッシュアイペディアより)

1813件中 61 - 70件表示

「地震」のニューストピックワード