41件中 11 - 20件表示
  • 山本徹矢

    山本徹矢から見た坂口智隆坂口智隆

    2007年秋に右ひじを痛めボールも満足に投げられず、一時は野球をやめることも考えた。しかし高校の先輩、オリックスの坂口智隆の活躍に刺激を受け闘志を取り戻し、2008年の東兵庫大会で復活を果たした。そのため、プロで対戦したい打者に坂口を挙げている。山本徹矢 フレッシュアイペディアより)

  • 清水誉

    清水誉から見た坂口智隆坂口智隆

    兵庫県三木市出身。三木市立平田小学校2年時に少年野球チームの「くるみビックス」で野球を始め、強肩を買われて捕手を務める。三木市立三木中学校では4番・捕手として東播大会3位となった。高校は野球強豪校へ進学することも考えたが、両親の説得により公立進学校の小野高校に入学。高校では1年夏から正捕手となり、3年夏の兵庫大会では坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に敗れたもののベスト8入りした。高校通算27本塁打。清水誉 フレッシュアイペディアより)

  • 濱中治

    濱中治から見た坂口智隆坂口智隆

    移籍初年度のは、6番・右翼手として開幕戦にスタメン出場。4月1日の対西武戦では西口文也から逆転決勝1号満塁本塁打、4月30日の対楽天戦では9回裏に青山浩二から代打同点3号2ラン、5月6日の対ロッテ戦では成瀬善久から逆転決勝4号2ランと、開幕直後はチャンスで好打をたびたび放った。しかし、打率は伸び悩み、大石大二郎に監督が代わると、スタメンから外れるケースも多くなった。7月中旬に一旦2軍降格、8月初旬に1軍に復帰した。復帰直後はまずまずの打撃を見せたものの、坂口智隆・下山真二の活躍やルーキー・小瀬浩之の台頭もあり、出場機会をあまり得られなかった。最終的には85試合に出場して打率.253、9本塁打の成績に終わった。前年ほどの不振ではないにしろ、カムバック賞を獲得した平野とは対照的に、期待された成績を残したとは言い難かった。濱中治 フレッシュアイペディアより)

  • 7月7日

    7月7日から見た坂口智隆坂口智隆

    1984年 - 坂口智隆、プロ野球選手7月7日 フレッシュアイペディアより)

  • 由田慎太郎

    由田慎太郎から見た坂口智隆坂口智隆

    坂口智隆、下山真二が台頭したことで出番が減少、わずか1安打を放つのみの結果となる。由田慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 迎祐一郎

    迎祐一郎から見た坂口智隆坂口智隆

    、2番左翼手でプロ8年目にして初の開幕スタメンの座をつかんだ。主に左投手先発時のスタメン起用が多かったが、またしても打率1割台にとどまり、二軍でも打率.217、出塁率.281と不調に終わった。同年は迎よりも若い坂口智隆がレギュラーに定着し、新人の小瀬浩之の台頭もあって、打者としてのタイプは違うものの同じ外野手として一気に苦しい立場となった。迎祐一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一徳

    山本一徳から見た坂口智隆坂口智隆

    初登板:2007年3月27日、対オリックス・バファローズ1回戦(京セラドーム大阪)、7回裏に2番手として救援登板・完了、2回無失点、打者:坂口智隆山本一徳 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た坂口智隆坂口智隆

    市立尼崎高校進学後は2年冬に甲子園未出場ながら高校全日本台湾遠征メンバーに選出され、MVPを受賞。3年夏の兵庫大会では準々決勝でグエン・トラン・フォク・アンを擁する東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷智久

    大谷智久から見た坂口智隆坂口智隆

    報徳学園高校に進学後は2年春からエースとなり、尾崎匡哉らと共に3年時にはセンバツに出場して西村健太朗・白濱裕太らを擁する広陵高校、須永英輝を擁する浦和学院高校、谷哲也を擁する鳴門工業高校などを破り優勝。自身は初戦から決勝戦までの6日間で5試合を全て完投した。夏は兵庫大会決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校を破り、夏の甲子園に春夏連続となる出場を果たすも1回戦で浦和学院高校に敗れた。大谷智久 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・スケールズ

    ボビー・スケールズから見た坂口智隆坂口智隆

    同年5月18日、打撃不振に悩むチーム事情のテコ入れ、また不動のセンター坂口智隆の長期離脱により外野が手薄となったこともありオリックス・バファローズと入団合意に達し、20日に入団を発表した。背番号は4。日本ハム時代は内野として起用され、オリックスでも内野手登録ではあったが、実際は専ら外野手として起用された。5月25日の対広島戦で1番・レフトで初出場すると、以降は主に1番または3番で起用される。序盤は粘って四球で出塁する等の好成績を残していたが、徐々に調子を落としていった。最終的に成績は出塁率.373と高出塁率を誇り選球眼は健在であったが、6月26日の対ソフトバンク戦では1試合5三振を記録する等途中入団ながら103三振をマークし、得点圏打率は.232と好機での凡退が目立ち、打率.262、5本塁打23打点と物足りない成績に終わった。また、外野守備も打球判断の悪さ等の難もあり、9月26日の試合終了後に来季構想外となり、退団することが発表された。10月26日、自由契約公示された。ボビー・スケールズ フレッシュアイペディアより)

41件中 11 - 20件表示

「坂口智隆」のニューストピックワード