63件中 11 - 20件表示
  • 根本朋久

    根本朋久から見た坂口智隆坂口智隆

    初奪三振:2008年4月19日、対オリックス・バファローズ4回戦(東京ドーム)、5回裏に坂口智隆から空振り三振根本朋久 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・スケールズ

    ボビー・スケールズから見た坂口智隆坂口智隆

    同年5月18日、打撃不振に悩むチーム事情のテコ入れ、また不動のセンター坂口智隆の長期離脱により外野が手薄となったこともありオリックス・バファローズと入団合意に達し、20日に入団を発表した。背番号は4。日本ハム時代は内野として起用され、オリックスでも内野手登録ではあったが、実際は専ら外野手として起用された。5月25日の対広島戦で1番・レフトで初出場すると、以降は主に1番または3番で起用される。序盤は粘って四球で出塁する等の好成績を残していたが、徐々に調子を落としていった。最終的に成績は出塁率.373と高出塁率を誇り選球眼は健在であったが、6月26日の対ソフトバンク戦では1試合5三振を記録する等途中入団ながら103三振をマークし、得点圏打率は.232と好機での凡退が目立ち、打率.262、5本塁打23打点と物足りない成績に終わった。また、外野守備も打球判断の悪さ等の難もあり、9月26日の試合終了後に来季構想外となり、退団することが発表された。10月26日、自由契約公示された。ボビー・スケールズ フレッシュアイペディアより)

  • 超特大ゴーヤ

    超特大ゴーヤから見た坂口智隆坂口智隆

    2010年シーズンからはオリックス・バファローズにマスコットとして異例の移籍を果たす。理由は3月9日、スカイマークスタジアム(現:ほっともっとフィールド神戸)へ楽天の応援に出向いていたところ、なぜかそこで象に轢かれていたところをオリックスの坂口智隆・赤田将吾両選手に助け出され、恩返しとして勝手にオリックスに寝返った。ちなみに象に轢かれたが、それがきっかけで「象が好きになった」とゴーヤに100の質問で明かしている。超特大ゴーヤ フレッシュアイペディアより)

  • 羞恥心 (ユニット)

    羞恥心 (ユニット)から見た坂口智隆坂口智隆

    2008年にオリックス・バファローズ所属(当時)の大引啓次が自身を中心に坂口智隆・小瀬浩之とオリックス版「羞恥心(Bs羞恥心)」を結成。スポーツニュースの見出しに使われるなど、“当人たちだけの遊び”にとどまらない呼び名となった。羞恥心 (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • ハタケヤマ

    ハタケヤマから見た坂口智隆坂口智隆

    「ハタケヤマブランド」として初めてオーダーを出したプロ野球選手は、阪神の主力選手だった真弓明信。同球団では、金本知憲や下柳剛も現役時代に当社製のグラブを使っていた。現在では、相川亮二(読売ジャイアンツ)・坂口智隆(東京ヤクルトスワローズ)伊藤光(オリックス・バファローズ)・炭谷銀仁朗(埼玉西武ライオンズ)・今成亮太(阪神タイガース)とアドバイザリープロスタッフ契約を結んでいる。ハタケヤマ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオリックス・バファローズ

    2010年のオリックス・バファローズから見た坂口智隆坂口智隆

    ゴールデングラブ賞:坂口智隆(外野手、3年連続3度目)2010年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • ロムロ・サンチェス

    ロムロ・サンチェスから見た坂口智隆坂口智隆

    初奪三振:同上、8回表に坂口智隆からロムロ・サンチェス フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のオリックス・バファローズ

    2011年のオリックス・バファローズから見た坂口智隆坂口智隆

    最多安打:坂口智隆(175安打、初受賞)2011年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 倉義和

    倉義和から見た坂口智隆坂口智隆

    には、現役生活を続けながら、二軍バッテリーコーチを兼務。捕手としてはシーズン終盤まで一軍昇格の機会がなく、9月20日には、廣瀬純と共に現役引退を発表した。球団では、この発表を受けて、9月25日の本拠地シーズン最終戦(対東京ヤクルトスワローズ25回戦)を倉・廣瀬の引退試合として開催。この試合に黒田が先発で登板したことから、倉も「8番・捕手」としてスタメンに起用された。2人がバッテリーを組んだのは2007年9月27日の同カード以来だったが、黒田が1回表に先頭打者・坂口智隆へストレートの四球を出した時点で、倉は石原に交代。さらに、1回表2死1・3塁の時点から激しい雨に見舞われたため、試合自体も1時間20分の中断をはさんで降雨ノーゲームになった。倉自身は、ノーゲーム後に雨中のダイヤモンドを一周すると、頭から本塁へ滑り込むパフォーマンスを披露。翌9月26日付で出場選手登録を抹消されたため、10月1日にマツダスタジアムで催された上記カードの振替試合には出場できず、記録上はこの年に一軍公式戦へ出場しないまま現役を退いた。なお、倉は振替試合後の引退セレモニーに登場。「入団して19年、下手くそだった自分をここまで育てていただき、ありがとうございました。今年の(セントラル・リーグ)優勝は、最高に嬉しかったです。世界一のカープファンの皆さん、ありがとうございました!」との言葉を残した。倉義和 フレッシュアイペディアより)

  • 由田慎太郎

    由田慎太郎から見た坂口智隆坂口智隆

    坂口智隆、下山真二が台頭したことで出番が減少、わずか1安打を放つのみの結果となる。由田慎太郎 フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「坂口智隆」のニューストピックワード