63件中 31 - 40件表示
  • 大村直之

    大村直之から見た坂口智隆坂口智隆

    は開幕戦のスターティングメンバーこそ外れたが、4月・5月と3割を大幅に上回る打率を残す程の好調で、対照的に不振だった坂口智隆に代わって1番打者を務めた。しかし、6月以降は月間打率が軒並み2割半ばまで調子を落とし、復調した坂口に1番打者を明け渡す。自身は3番や5番・6番など様々な打順起用が目立った。最終的には119試合に出場して2年ぶりに規定打席に到達し、リーグ12位の打率.291を記録した。守備では開幕当初は主に右翼手での出場だったが、5月中旬からは左翼手に専属して出場していた。規定打席に達し、打率.291という成績だったが、契約更改では5000万円減の7000万でサインし、チームに日本人の1億円プレーヤーがいなくなった。大村直之 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部真宏

    阿部真宏から見た坂口智隆坂口智隆

    は後藤と大引の故障により7月29日に1軍昇格。当初は主に二塁手として、後藤の復帰後は主に三塁手としての出場が多かった。打撃面では小技の上手さなどを買われて主に坂口智隆と1、2番を組んでいたが徐々に打率が下がり、シーズン終盤には下位打線を打つことが多くなった。前年より少ない46試合の出場だったが打席数は前年を上回り、打撃成績も向上した。阿部真宏 フレッシュアイペディアより)

  • 福山市民球場

    福山市民球場から見た坂口智隆坂口智隆

    2010年(平成22年)6月7日に開催されたセ・パ交流戦・広島対オリックス・バファローズ4回戦の6回表、オリックスは一死一塁から坂口智隆の二塁内野安打を皮切りに、再び坂口が左前安打を放つまで10者連続安打を記録するなど一挙8点を挙げた。同日、この直前には千葉ロッテマリーンズも10者連続安打を記録しており、両チームが揃って1イニング最多連続打席安打のプロ野球記録を更新した。試合は乱打戦の末に21-10でオリックスが勝利したが、両チームの総得点31、総安打43はいずれもセ・パ交流戦最多記録となった。2018年現在、この試合が当球場で行われた最後の公式戦となっている。両チームは交流戦初年度の2005年にもスカイマークスタジアムで14-16(この時は広島が勝利)という大乱戦を演じている。福山市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 清水誉

    清水誉から見た坂口智隆坂口智隆

    三木市立平田小学校2年時に少年野球チームの「くるみビックス」で野球を始め、強肩を買われて捕手を務める。三木市立三木中学校では4番・捕手として東播大会3位となった。高校は野球強豪校へ進学することも考えたが、両親の説得により公立進学校の小野高校に入学。高校では1年夏から正捕手となり、3年夏の兵庫大会では坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に敗れたもののベスト8入りした。高校通算27本塁打。清水誉 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・スウィーニー

    ブライアン・スウィーニーから見た坂口智隆坂口智隆

    初奪三振:同上、1回裏に坂口智隆から空振り三振ブライアン・スウィーニー フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た坂口智隆坂口智隆

    東京ヤクルトスワローズの坂口智隆が史上283人目の通算1000本安打を達成。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤秀司

    加藤秀司から見た坂口智隆坂口智隆

    から途中までKBS京都テレビ野球解説者。2003年は阪急の後継球団であるオリックス・ブルーウェーブの春季キャンプ臨時打撃コーチを務め、シーズン途中から同球団二軍のサーパス神戸監督へ就任(古巣復帰は1982年以来21年ぶり)し、まで務め、坂口智隆や嶋村一輝ら若手を指導した。加藤秀司 フレッシュアイペディアより)

  • 野川拓斗

    野川拓斗から見た坂口智隆坂口智隆

    初奪三振:同上、8回裏に坂口智隆から空振り三振野川拓斗 フレッシュアイペディアより)

  • アーロム・バルディリス

    アーロム・バルディリスから見た坂口智隆坂口智隆

    シーズン当初はグレッグ・ラロッカの守備固めでの出場が多かった。だが、5月5日の対福岡ソフトバンクホークス戦では、代走での途中出場ながら延長戦で2安打を放つと、そこから15試合連続安打を記録。5月8日・9日の対千葉ロッテマリーンズ戦では2試合連続本塁打を放ち、9日の試合では4安打3打点の活躍で、移籍後初のお立ち台に上がった。以後、故障を押しながらの強行出場で打撃の調子が落ち気味だったラロッカに代わり、スタメンで出場するようになった。5月22日の対阪神戦では鶴直人から決勝本塁打を放ち、古巣を見返す働きを見せた。連続試合安打がストップした5月29日の対東京ヤクルトスワローズ戦で、スイングした際に左中指伸筋腱を脱臼したが、6月10日の対読売ジャイアンツ戦で復帰すると、8回裏に決勝打を放ち、チームの交流戦優勝を引き寄せる勝利となった。以後も、勝負強い打撃と軽快な守備で三塁手のレギュラーとして活躍した。打順はもっぱら6・7番を担ったが、坂口智隆が二軍降格した際は1番として3試合、福岡ドームでの対ソフトバンク戦では、相手の先発が和田毅など左投手の時は2番として4試合出場した。結局、規定打席にはわずか12打席及ばなかったものの、118試合に出場して打率.301・14本塁打・50打点の好成績を収め、守備面でも100試合以上守備に就いた三塁手の中では最少の7失策と安定した守備を披露した。アーロム・バルディリス フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た坂口智隆坂口智隆

    開幕直後は不振だったが5月から徐々に復調。7月5日の対北海道日本ハムファイターズ戦で稲葉篤紀の打球を好捕した際に右肩を地面に強打し、右肩鎖関節脱臼と診断され戦線離脱し、8月10日の対ロッテ戦で復帰。復帰後は故障前以上に打ち、9月には5番に座る機会も増え月間21打点を記録した。同年は初めて規定打席に到達し、115試合に出場して14本塁打、57打点を記録し、前年まで苦手としていたサウスポーに対して打率.303を記録するなど打率、本塁打、打点はチームの日本人選手中最高の成績を収めた。また、リーグ4位の二塁打と盗塁(坂口智隆と同数)はチームトップの記録だった。同年オフ、5月にコリンズ監督が辞任して空き番号となっていた背番号1を再び着用する事を発表。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

63件中 31 - 40件表示

「坂口智隆」のニューストピックワード